2020/11/18 Step Two: Be Sure to Sing to the Lord Daily

Updated: 4 days ago

Ron Sawka Ministries

November 18, 2020; Kislev 02, 5781

www.rwsministries.com


“For Yah, the Lord, is my strength and song; He also has become my salvation. … Sing to the Lord, for He has done excellent things” (Isa. 12:2, 5, NKJV).


“Believe in the Lord your God, and you shall be established; believe His prophets, and you shall prosper” (2 Chron. 20:20, NKJV).


Agenda for the Next Two Months: Believe His Prophets and You Shall Prosper!

Step Two: Be Sure to Sing to the Lord Daily


Last week I wrote on how important it is to believe the prophecies God has given to us. Especially when we have sought the Lord and He answers us via prophetic word, we must choose to believe and stand on that word, even if it seems impossible or the opposite is happening. Often, we will be assailed with doubts. We will be tempted to wonder if the prophet was reliable or if the prophecy was because of our human desire and not from the Lord.


King Jehoshaphat could have easily “wilted” and looked for ways to escape believing entirely—but he didn’t. He boldly said, “Hey, everyone. It’s not enough to just keep believing God in a general way. We have to believe the prophecy that said we would win. If we do, then we will win with great success” (my paraphrase of 2 Chronicles 20:20 above).


Ever since I shared this, the Holy Spirit has been drawing my attention to singing and that I need to deliberately sing to Him. Notice Isaiah 12:2, which states, “For Yah, the Lord, is my strength and song; He also has become my salvation.” This means that when I sing, the Lord endues me with strength and carries out the benefits of salvation (including life, healing, and deliverance). And in Isaiah 12:5, “Sing to the Lord, for He has done excellent things,” not only means, “Let’s sing because He has already done excellent things,” but we could also say the more we sing the more we will see excellent things begin to happen around us.


Singing to the Lord is an incredible strategy. This is what Jehoshaphat and the people did. They had the prophecy that said they had to go face the enemy but that God would be the one who would fight for them. So they put the singers/praisers out front and they sang, “Praise the Lord, for His mercy endures forever” (2 Chron. 20:21). While they were singing, God set ambushes. That formidable—seemingly unstoppable—alliance of three nations completely destroyed each other—the enemy annihilated themselves (2 Chron. 20:22–24).


I know these next two months are critical to us in many ways and that singing is a key strategy. Not only are we to keep believing what the prophets have spoken, but we also need to sing daily to the Lord. I am choosing to do this and ask you to consider doing the same. Sing to the Lord. Sing by yourself, or better yet with your family. But try to sing daily.


Two results? First, we will see a fulfilling of what God spoke to us through the prophecy and a breaking of any enemy alliance against us. Second, notice that Jehoshaphat said, “Believe His prophets and you will prosper” (2 Chron. 20:20, emphasis added). Not only was there complete victory, but it also took them three days to gather in the spoils of war (20:25). I mention that because I feel I am supposed to say prophetically to all of you, “Yes, make it a point to sing to the Lord and watch the unexpected financial increase that will come.”


(I was led to speak about all of this in our Friday, November 13th “Apostolic for Russia” broadcast.)

Be blessed! Thanks so much for praying!


Ron and Teddy


New Financial Giving Info!


From November, Catch the Fire (CTF) has begun handling US contributions and offerings to our ministry. Checks should be written to CTF World, but clearly designated “For Ron Sawka Ministries.” They should be mailed to:


CTF World USA, 2304 Page Rd, Durham, NC 27703


Advance by Keeping Your Alignment


Kislev: The Ninth Month of Hebrew Year 5781 (Nov. 17–Dec. 15, 2020)


God wants us to keep growing and moving ahead. In order to do so, we have to continue to maintain the truths and alignments He has given us. We have to fight against the tendency to begin to downplay something once the freshness has worn off. The truths the Lord emphasized for us the past months are just as true today as they were then.


A full description of the blessings of the month of Kislev may be found here.



ロン・サーカ・ミニストリーズ

2020年11月18日 

聖書暦5781年キスレブの月02日

www.rwsministries.com



「・・・ヤハ、主は、私の力、私のほめ歌。私のために救いとなられた。・・・主をほめ歌え。主はすばらしいことをされた。これを、全世界に知らせよ。」(イザヤ書12章2節、5節)


「あなたがたの神、主を信じなさい。そうすればあなたがたは堅く立つことができる。主の預言者を信じなさい。そうすればあなたがたは成功するでしょう。」(第2歴代誌20章20節)口語訳


次の2ヶ月のポイント

主の預言者を信じなさい。そうすればあなたがたは成功する(豊かになる)!


第二ステップ


先週、主が与えた預言を信じる大切さについて書きました。特に、私たちが主を求め、預言の言葉によって神が応答した場合、不可能と感じていても私たちは信仰に堅く立つことを選ぶ必要があります。多くの場合、私たちは疑いの霊に襲われます。そして、預言者の信頼性や与えられた預言が本当に神の御心か疑います。


ヨシャパテ王は信仰を持つことから簡単に逃げることが出来ました。しかし、彼は逃げることはしませんでした。彼は大胆にユダの民に言いました。”一般的に神を信じるだけではなく、私たちが勝利(成功)するという預言を信じる必要があります。そうすれば、私たちは大きな勝利を得ます。”(第2歴代誌20章20節を分かりやすいように言い換えました。)


これをシェアをした時から聖霊は私に賛美をする(歌うこと)について示しています。特に、意図的に賛美をすることについてです。下記の御言葉を見てください。「・・・ヤハ、主は、私の力、私のほめ歌。私のために救いとなられた。(イザヤ書12章2節)」私が賛美する時、主は私に力を与え、救いの特権(いのち、癒し、解放、その他)を成し遂げます。「主をほめ歌え。主はすばらしいことをされた。(イザヤ書12章5節)」これは主が過去に素晴らしいことをされたから歌うだけではなく、私たちが歌えば歌うほど、私たちの周りに素晴らしいことが起こり始めるのです。


主に歌うことはすばらしい戦略です。これはヨシャパテ王とユダの民が実践した戦略です。敵と立ち向かうという預言が与えられましたが、主が神の民の代わりに戦いました。だからこそ、ヨシャパテは前線に賛美する者、歌を歌う者を置き、”主に感謝せよ。その恵みはとこしえまで。(第2歴代誌20章20節)。”と歌いました。彼らが歌っている間に、神は敵に対し待ち伏せを仕掛けました。ひどく恐ろしかった3国の連合は、お互いに力を出して滅ぼし合いました。敵はお互いを攻撃し、完全に滅びました。(第2歴代誌20章22~24節)。


次の2ヶ月は私たちにとって大事な時になると思います。また、歌うことがカギとなる戦略になります。ただ、預言者の預言を信じるだけではなく、日々、主に歌う必要があります。私は歌う予定ですので、皆さんも同じく歌うように勧めます。主に向かって歌ってください。一人や家族で歌ってください。大事なことは、毎日歌ってください。


2つの結果 - 私たちは神が私たちに約束した預言の達成と、攻めてくる敵の連合が破壊されることを見ます。それだけではなく、ヨシャパテ王が「主の預言者を信じなさい。そうすればあなたがたは成功するでしょう。(第2歴代誌20章20節)」で言ったように、完全な勝利(成功)だけではなく、戦利品(貴重品、宝石、その他)を集めるために3日も掛かりました(25節を確認)。私たちはみなさんに下記を預言的に宣言したいです。”意図的に主に歌ったら、経済的な増加を期待してください。”


追伸:今週のロシアのオンライン放送で上記の内容を話すように導かれました。この放送はここで確認できます。(英語、ロシア語)



祝福がありますように!お祈りを感謝します。


ロン&テディー・サーカ



配列を正しくして前進する


キスレブ – 聖書暦5781年第9の月(11月17日~12月15日)


神は私たちに成長することと前進することを望んでいます。そうするために、神が与えた真理と配列を正しくする必要があります。新しく与えられたものが新鮮さが無くなった時に、それを軽く見る傾向に対して戦う必要があります。神が過去に強調してくださったことは、変わることなく真理です。


キスレブの月の祝福はこちらで確認することができます。



榮撒卡使徒事工週報

2020年11月18日,5781年基斯流月2日

www.rwsministries.com


「因為主耶和華是我的力量,是我的詩歌,祂也成了我的拯救。……你們要向耶和華唱歌,因祂所行的甚是美好。」(賽12:2,5)


「信耶和華你們的神,就必立穩;信祂的先知,就必亨通。」(代下20:20)


在接下來兩個月的日程

——信祂的先知,就必亨通!

第二步:務必每天向神歌唱


上週我寫到關於相信神賜給我們的預言的重要性。尤其是當我們為一些事尋求神,而祂透過先知性話語回答我們時,我們必須選擇去相信並且立定在這些話語上,即使它看上去不可思議,或是似乎與正在發生的情形相反。時常,我們會遭遇來自懷疑的攻擊,我們會受試探去想:這個先知可不可靠?這個預言會不會是來自我們人的慾望,而不是從神來的?


在約沙法王的處境下,他很可能也會放棄全然信靠,轉去尋找其他的方式——但他沒有。他大膽宣告,“嘿,大家聽好了。像以前那樣「常規地」信神是不夠的,我們必須相信從神來的預言,就是我們能贏!我們若信這預言,就必定大獲全勝!”(我對代下20:20的詮釋)


自從我開始分享這個信息,聖靈一直在引導我注意歌唱,並且我需要特意向神歌唱。注意賽12:2提到,“因為主耶和華是我的力量,是我的詩歌,祂也成了我的拯救。” 這意味著,當我歌唱,主就加添力量給我,將救恩的好處施行出來(包括生命、醫治、釋放等)。賽12:5還提到,“你們要向耶和華唱歌,因祂所行的甚是美好。” 這不僅代表,“我們要歌唱,因為祂已經做了美好的事”,而且也可以說,我們越多歌唱,就越會看到美好的事更多地在我們周圍發生。


向神歌唱是一個奇妙的策略。這正是約沙法王和百姓所做的,他們已經領受了預言,知道自己必須去迎敵,但是神才是擊打敵人的那一位。所以,他們使歌唱頌讚的人走在軍隊前面,歌唱:“當稱謝耶和華,因祂的慈愛永遠長存!”(代下20:21)當他們正歌唱,耶和華就派伏兵出擊。那令人膽寒的、看上去勢不可擋的三國聯軍開始自相殘殺,把彼此滅盡——敵人毀滅了自己。(代下20:22-24)


我知道接下來的兩個月對我們很關鍵,從很多方面都是如此,而歌唱是一個關鍵的應對策略。我們不僅要持續相信先知曾對我們說的預言,而且需要每天向神歌唱。我打算這樣做,也邀請大家一起。來向神歌唱吧,自己一人也可,與家人一起則更好,但是要嘗試每天歌唱。


可能產生的兩個結果?首先,我們將看見神透過預言告訴我們的事得以成就,抵擋我們的仇敵聯盟被瓦解。第二,注意約沙法王曾說的,“信祂的先知,就必亨通。”(代下20:20)他們不僅大獲全勝,而且收取戰利品就用了三天(代下20:25)。我這樣說,是因為我有感動要釋放這一先知性的信息:“是的,定意向神歌唱,期待看到意外的財務祝福吧!”


(我在11月13日週五的“俄羅斯使徒性聚會”直播中受感動分享了以上信息。)


神祝福您!謝謝您的代禱!

Ron and Teddy榮撒卡和泰迪撒卡


奉獻資訊


請注意,自11月起,點火事工(Catch the Fire/CTF)將在美國幫助處理對我們的財務奉獻,支票接收人為CTF World,但請明確註名是給「Ron Sawka Ministries」(榮撒卡使徒事工)。郵寄地址:

CTF World USA, 2304 Page Rd, Durham, NC 27703.


保持對齊而前進

基斯流月:猶太曆5781年第9個月(2020年11月17日–12月15日)


神要我們保持成長和前進。為了達到這個目標,我們必須持守神所賜的真理和對齊。我們必須對抗自身在新鮮感褪去之後輕描淡寫的傾向。過去幾個月裡神所強調的真理,過去、今時都是一樣真實。


基斯流月完整祝福請見:https://www.rwsministries.com/post/blessings-for-the-hebrew-month-of-kislev




115 views