2020/11/11 Agenda for the Next Two Months - Believe His Prophets and You Shall Prosper!

Ron Sawka Ministries

November 11, 2020; Cheshvan 24, 5781

www.rwsministries.com


“Believe and trust in the Lord your God and you will be established (secure). Believe and trust in His prophets and succeed” (2 Chron. 20:20, AMP).


“Trust in the Lord your God and you will be safe! Trust in the message of his prophets and you will win” (2 Chron. 20:20, NET).


“Believe in the Lord your God, and you shall be established; believe His prophets, and you shall prosper” (2 Chron. 20:20, NKJV).


Agenda for the Next Two Months

Believe His Prophets and You Shall Prosper!


The timing of the Lord is always so amazing. I believe the above scripture, 2 Chronicles 20:20, is especially important for us in these next two months. It speaks of how vital it is to believe God’s prophets and the prophecies He speaks through them. It can mean the difference between victory and defeat.


This verse has a two-fold message. First, of course, is to believe in/trust in the Lord. This is what establishes us. Without faith in God, we have nothing. We all know this. It’s the second part though that is especially key for right now: we have to believe the specific promises the Lord gives us. Often these come through prophetic words and we must believe and obey them. In some ways this is very difficult. How can we believe something spoken through a human vessel? Is it reliable? The answer is yes.


When we take the time to seek the Lord and call on Him for help, and then when He responds by speaking through a proven prophet and prophecy, we must believe it. We must stand without wavering. There have been several times over the past thirty-or-so years I have had to do this, and each time there has come incredible success. Without the prophecy, the victory would never have happened! God would still be with me. But we could have never attained what we did if we hadn’t deliberately chosen to stand in faith about what the prophet said.


Another hindrance for some is that the prophecy spoken may seem impossible or completely implausible for fulfillment. Some prophecies sound quite plausible and reasonable, but others don’t. No matter how we look at them, we have to admit that without divine intervention, they will never come to pass. But this is what God delights in. He wants us to trust in Him alone, not in human endeavor. That way the glory goes only to Him. So remember, the more impossible it may seem, the more important it is to believe!


Most of us know the context of the above scripture. A huge enemy alliance had arisen to attack Jehoshaphat and the nation of Judah. There was no way they could withstand the overwhelming enemy numbers. The king gathered the people to fast and pray; people assembled from all over, and Jehoshaphat led in prayer.


He reminded the Lord of His promise: “If disaster comes upon us … we will stand … and in Your presence … cry out to You in our affliction, and You will hear and save” (2 Chron. 20:9). The king went on to say, “We have no power against this great multitude that is coming against us; nor do we know what to do, but our eyes are upon You” (12).


Shortly after this, a prophet spoke. He said, “Do not be afraid nor dismayed … for the battle is not yours but God’s” (15). He then told them clearly to: 1) go down against them; 2) position themselves; 3) stand still and see the salvation of the Lord (15–17).


The king and all the people were so thankful to hear this. They bowed and worshiped. Then they rose up and praised the Lord “with voices loud and high” (19). There was great rejoicing.


The critical time was the next morning. There was no feeling of excitement—just the cold fact of facing an insurmountable enemy. This is when Jehoshaphat demonstrated proper faith and leadership and uttered those words: “Trust in the message of his prophets and you will win” (20).


He and the people obeyed and went to meet the enemy as instructed. And to further demonstrate their faith that God would fight for them, they put the singers and praisers out front. They gave themselves no opportunity for unbelief by having soldiers ready “just in case.” Instead they deliberately kept the warriors at the rear.


We know the rest of the story. As they drew near the enemy with singing and praising, extolling God saying, “Praise the Lord, for His mercy endures forever” (21), He sent ambushes. He struck the enemy. It was an overwhelming victory. The gathering of spoils was so much that it took three days to collect it all.


Let me say again—this is a key word for us, the people of God, especially for the next two months. Keep believing what God has spoken through His prophets. Let’s keep on keeping our eyes on the Lord and His promises. He wants us to succeed and prosper. I believe great, great victory is coming.


Be blessed! Thanks so much for praying!


Ron and Teddy


New Financial Giving Info!


Please note that from November, Catch the Fire (CTF) has begun handling US contributions and offerings to our ministry. Checks should be written to CTF World, but clearly designated “For Ron Sawka Ministries.” They should be mailed to:


CTF World USA, 2304 Page Rd, Durham, NC 27703


Advance by Keeping Your Alignment

Kislev: The Ninth Month of Hebrew Year 5781 (Nov. 17–Dec. 15, 2020)


God wants us to keep growing and to keep moving ahead. In order to do so, we have to continue to maintain the truths and alignments He has given us. We have to fight against the tendency to begin to downplay something once the freshness has worn off. The truths the Lord emphasized for us the past months are just as true today as they were then.


A full description of the blessings of the month of Kislev may be found here.



ロン・サーカ・ミニストリーズ

2020年11月11日 

聖書暦5781年ヘシュバンの月24日

www.rwsministries.com


「私の言うことを聞きなさい。あなたがたの神、主を信じ、忠誠を示しなさい。その預言者を信じ、勝利を得なさい。」(第2歴代誌20章20節)新改訳


「あなたがたの神、主を信じなさい。そうすればあなたがたは堅く立つことができる。主の預言者を信じなさい。そうすればあなたがたは成功するでしょう」(第2歴代誌20章20節)口語訳


「あなたたちの神、主に信頼せよ。そうすればあなたたちは確かに生かされる。またその預言者に信頼せよ。そうすれば勝利を得ることができる。」(第2歴代誌20章20節)新共同訳


次の2ヶ月のポイント

主の預言者を信じなさい。そうすればあなたがたは成功する(豊かになる)!


主のタイミングはいつも素晴らしいです。上記に記載した御言葉は、次の2ヶ月でとても重要になると思います。今朝、良く知られている箇所でもある第2歴代誌20章20節に導かれました。そこには神を信頼する(信じる)ことと、主が用いる預言者とその預言を信じる大切さについて書かれています。それは勝利と敗北を左右する要素になる場合があります。


この箇所は二つの意味があります。当然ですが、一つ目は主を信頼することです。主を信じることによって私たちは堅く立つことができます。主への信仰なしでは私たちは何もありません。これは皆さんもご存じかと思います。この箇所の二つ目の意味が今回の鍵となるポイントです。


二つ目の意味は、主が与える具体的な約束を信じる重要性です。多くの場合、約束は預言の言葉によって与えられ、私たちはその言葉に従う必要があります。ある意味では、これはとても難しいことです。私たちはどうやって人を通して与えられた預言の言葉を信じることができるでしょうか?その言葉を信頼してもいいのでしょうか?もちろん、その預言の言葉を信頼しても大丈夫です。


私たちが主の助けを求め、主の預言者を通して言葉が与えられた場合、私たちはその預言を信じるべきです。ぶれずに堅く立つべきです。私も30年間何度もこれを実践していますが、毎回神から驚く成功が与えられています。預言無しでは、勝利も無かったでしょう!もちろん、神は共にいたでしょう。しかし、私が意図的に主の預言者の言葉を信じ、信仰で歩まなければ成功を手に入れることはできなかったでしょう。


預言された言葉が成就されることが不可能と思うことも一つの妨げです。幾つかの預言はとても達成できそうな内容ですが、中には不可能と思うものもあります。どこの視点から見てていても、神の力無しではその預言は成就することはありません。しかし、これこそ神が喜ぶことです。神は人の力ではなく、神の力に信頼してほしいのです。そうすれば、栄光はすべて神のものになります。覚えておいてください。その預言が不可能と感じれば感じるほど、更に深い信仰で信じることが大事です!


多く人は、上記に記載した御言葉の背景を知っていると思います。大きな敵の同盟がヨシャパテとユダの王国に攻撃を仕掛けました。ヨシャパテとユダの王国は大きい敵の軍勢の攻撃に対し、勝つ方法はありませんでした。その時、ヨシャパテは人々を集め、祈りと断食を主に捧げました。人々は国中から集まり、ヨシャパテは人々を祈りに導きました。


ヨシャパテは人々に主の約束を思い出させました。『もし、剣、さばき、病疫、ききんなどのわざわいが私たちに襲うようなことがあれば、私たちはこの宮の前、すなわち、あなたの御前に立って―あなたの御名はこの宮にあるからです―私たちの苦難の中から、あなたに呼ばわります。そのときには、あなたは聞いてお救いくださいます。』(第2歴代誌20章9節)。「私たちに立ち向かって来たこのおびただしい大軍に当たる力は、私たちにはありません。私たちとしては、どうすればよいかわかりません。ただ、あなたに私たちの目を注ぐのみです。(第2歴代誌20章12節)」


ヨシャパテがその言葉を宣言した後、預言者が立ち上がり言いました。「あなたがたはこのおびただしい大軍のゆえに恐れてはならない。気落ちしてはならない。この戦いはあなたがたの戦いではなく、神の戦いであるから。(第2歴代誌20章15節)」そこで預言者ははっきりと言いました。①「あす、彼らのところに攻め下れ。」、②「彼らに会う。」、③「しっかり立って動かずにいよ。あなたがたとともにいる主の救いを見よ。」(第2歴代誌20章20節)。


ヨシャパテと人々は喜んでその言葉を受け入れました。「そこで彼らは地にひれ伏して主を礼拝し、大声を張り上げてイスラエルの神、主を賛美した。(第2歴代誌20章19節)」人々は大いに喜びました。


次の日の朝が肝心なときでした。ワクワク感が無くなり、克服できない敵と対抗しなければならない事実が残りました。ここでヨシャパテはリーダーとして正しい信仰を表し、言いました。「・・・その預言者を信じ、勝利を得なさい。(第2歴代誌20章20節)」


彼らはその言葉に従い、敵に立ち向かいました。更に神への信仰を表すために、前線に賛美する者、歌を歌う者を置きました。”念のために”戦士を置いたりするなど、不信仰を表すことをしなかったのです。彼らは意図的に戦士を後ろの方に置きました。


それからのストーリーはご存じだと思います。彼らは歌と賛美で敵に立ち向かい、「主に感謝せよ。その恵みはとこしえまで。(第2歴代誌20章21節)」と宣言し、神の良さを表しました。神は待ち伏せを仕掛け、敵を打ちました。それは驚くべき勝利となりました。あまりに多くの戦利品があったので、集めるのに3日も掛かりました。


もう一度言わせてください。これは次の2ヶ月の間で鍵となるポイントです。主が預言者を通して語った預言を信じなさい。神と神の約束に目を向け、見続けましょう。主は私たちに成功と豊かになることとを望んでいます。大きな勝利が近いと信じます。


祝福がありますように!お祈りを感謝します。


ロン&テディー・サーカ



配列を正しくして前進する

キスレブ – 聖書暦5781年第9の月(11月17日~12月15日)


神は私たちに成長することと前進することを望んでいます。そうするために、神が与えた真理と配列を正しくする必要があります。新しく与えられたものが新鮮さが無くなった時にそれを軽く見る傾向に対し、戦う必要があります。神が過去に強調してくださったことは、変わることなく真理です。


キスレブの月の祝福はこちらで確認することができます。



98 views