2020/10/28 Fasting and New Anointing

Ron Sawka Ministries

Oct. 28, 2020; Cheshvan 10, 5781

www.rwsministries.com


“And do not be drunk with wine, in which is dissipation; but be filled with the Spirit, speaking to one another in psalms and hymns and spiritual songs, singing and making melody in your heart to the Lord” (Eph. 5:18–19).


“Nor do they put new wine into old wineskins, or else the wineskins break, the wine is spilled, and the wineskins are ruined. But they put new wine into new wineskins, and both are preserved” (Matt. 9:17).


Fasting and New Anointing


Last week I began to write about how the Lord wants us to receive new anointing this month. This doesn’t mean we are to be once more “baptized in the Holy Spirit,” because just like water baptism it’s a one-time affair. However we must be sure to always “be filled with the Spirit” (Eph. 5:18). The Lord wants us to be filled so that the Holy Spirit can always be flowing out of us—so that “out of [our hearts] will flow rivers of living water” (John 7:38).


Fasting Results in New Wineskins


One way to receive new anointing is by fasting. When asked why His disciples didn’t fast, Jesus explained that right then He was with them and filling them (note the connection with filling and with fasting)—but that the time would come when He, the bridegroom, would be taken away and then they too would fast. He went on to explain that new wine cannot be poured into old wineskins “or else the wineskins break, the wine is spilled, and the wineskins are ruined. But they put new wine into new wineskins, and both are preserved” (Matt. 9:17). So, how does one make themselves into a new wineskin? One way is through fasting.


When we fast, we humble ourselves. We deny ourselves for Jesus’s sake. We put things into proper order. He is the Lord and we serve Him. Fasting ensures this. We put Him ahead of the demands of our body and soul. Our spiritual senses are sharpened. We don’t know all of the workings of this mystery, but clearly fasting works to help us become a new wineskin that can receive the new wine—the new anointing the Lord wants to pour into us.


Fasting Secures Our Way Forward


When I was led to share about fasting, I was reminded of our earliest days as missionaries when we were still preparing to come to Japan. The way wasn’t going to be easy. We were newly baptized in the Holy Spirit, and the evangelical mission that we had planned on coming with had closed its doors to people like us. But the Lord kept pressing us to continue the plan to go Japan as missionaries.


In March, 1975, I accompanied an older retired missionary to Japan on an exploratory trip. The Lord led me to contacts who would sign necessary documents. So, we planned to come—Teddy and I and Mike, our year-old son. There was so much to prepare. But then the Lord clearly led me to fast. I knew very little about fasting, but knew I had to obey.


I hoped the fast would only be for twenty-four hours, but the next morning the Lord made it clear that I needed to continue. My flesh surely didn’t like it, but I obeyed and continued. I think I fasted for four full days. That was in May, and then we moved to Japan at the end of August.


What Were the Results of That Fasting?


We didn’t see it right at the time, but just a few months later we were able to move to Japan as missionaries. Note the following things:


  1. Financial support was actually raised pretty easily. During those first four years, the dollar fell significantly against the yen. However, financial support just seemed to increase. We definitely had no lack.

  2. Testing was easy. Every new missionary runs into testing at the beginning, as did we. Looking back, I can see we had no real problems in handling the various issues that arose.

  3. Fruitful ministry. Even while we were in language study, the Lord opened up doors of ministry. Whether it was to Christians or non-Christians, God brought people to us and they were touched for Him.

  4. Favor. We have thoroughly enjoyed our life in this nation. Japan has the reputation of being a difficult mission field, and many do not last long. But we’ve loved our time here. I know this is because of the favor of the Lord on us. Hallelujah!


You May Not See the Results of Your Fast for a Few Months


It’s instructive to note the example of Nehemiah. He knew God wanted him to rebuild the walls of Jerusalem. He fasted, and this occurred during the ninth Hebrew month, Kislev (roughly late-November to late-December) (Neh. 1:1–4). Afterward, he went about his normal job. But, roughly four months later (Neh. 2:1), the miraculous happened! First, he got permission and authority from the king to go rebuild the walls. Second, he was given the financial resources he needed. Third, he was able to overcome all obstacles. Fourth, his work was successful. And fifth, he had great favor.


So know there will be concrete results, but probably not right away.


Even Though Something May Clearly Be the Will of the Lord, We May Still Need to Fast!


Finally, compare Nehemiah to the first group who returned to rebuild the temple (see Ezra 1–4). It was clearly God’s will, but the enemy was still able to thwart them for seventeen years. Nehemiah had a similar assignment (to rebuild the walls), and the enemy also tried to thwart him but could not. Sometimes fasting is the only way to clear the opposition and secure the way for what God wants us to do.


Be blessed! Thanks so much for praying!


Ron and Teddy


Yarn Alive Report

Coping well!


There may be a virus going around, but Yarn Alive (YA) continues to do well. A few items of note are as follows:


  1. Donations of yarn and knitting materials continue to pour in. No kidding! The warehouse is full of donated boxes of yarn.

  2. Mini-bazaars help provide finances. Normally bazaars/craft fairs are held twice a year. Items the women have knitted for YA are sold. This brings in money and raises awareness of YA around town, and even in other cities. Obviously, they haven’t been able to do that this year. However, they hold mini-bazaars. The women sell things to each other or buy things for others. The money is reduced, but enough still seems to be coming in.

  3. Thank you for praying for YA, and please continue to do so. The Lord is the one who has built YA. He is the one who is causing it to grow and flourish.



ロン・サーカ・ミニストリーズ

2020年10月28日 

聖書暦5781年ヘシュバンの月10日

www.rwsministries.com



「また、酒に酔ってはいけません。そこには放蕩があるからです。御霊に満たされなさい。詩と賛美と霊の歌をもって、互いに語り、主に向かって、心から歌い、また賛美しなさい。」(エペソ人への手紙5章18~19節)


「また、人は新しいぶどう酒を古い皮袋に入れるようなことはしません。ぶどう酒が流れ出てしまい、皮袋もだめになってしまいます。新しいぶどう酒を新しい皮袋に入れれば、両方とも保ちます。」(マタイの福音書9章17節)


断食と新しい油注ぎ


先週、主は私たちに新しい油注ぎを受けてほしいことを書きました。これはもう一度”聖霊のバプテスマ”を受ける必要があるということではありません。水のバプテスマと同じく、聖霊のバプテスマは一度だけで大丈夫です。しかし、私たちは常に”御霊に満たされる”(エペソ人への手紙5章18~19節)必要があります。聖霊が私たちの内から流れ出るように主は私たちに常に満たされることを望んでいます。「その人の心の奥底から、生ける水の川が流れ出るようになる。」(ヨハネの福音書7章38節)


断食をすることによって新しい革袋ができる


新しい油注ぎを受ける方法の一つとして断食があります。弟子たちはなぜ断食しないかを聞かれたとき、イエスは共にいるから満たしていると説明しました。(”満たす”と”断食”の関連に気を留めてください。「しかし、やがてその時が来て、花婿が取り去られたら、その日には彼らは断食します。」(ルカの福音書5章35節)。)そこからイエスは新しいブドウ酒は新しい革袋には入れることは出来ないと説明しました。「・・・ぶどう酒が流れ出てしまい、皮袋もだめになってしまいます。新しいぶどう酒を新しい皮袋に入れれば、両方とも保ちます。」(マタイの福音書9章17節)どうやって新しい革袋になれるでしょうか?断食をすることによってです。


断食をすることによって謙遜になります。イエスの為に自分自身を否定します。人生のことを正しい順序に並べ替えます。神が主であり、私たちは彼に仕えます。断食をすることによってそれが確実となります。肉と魂の要求の前に主を置くことになります。私たちの霊的な感覚が鋭くなります。私たちはこの奥ぎの仕組みは分かりませんが、しかし、断食をすることによって私たちは新しい革袋となり、新しいブドウ酒(新しい油注ぎ)を主から受けることが出来ます。


断食をすることによって前の道が保証されます。


断食について語るように導かれたときに、日本に宣教師として来る前の準備期間について思い出しました。道は簡単ではありませんでした。その当時は、聖霊のバプテスマを受けたばっかりの時でした。私たちを遣わすはずの伝道団体は私たちのような人たちに扉を閉じました。しかし、主は私たちに宣教師として日本に行くように押し続けました。


1975年3月、私は一度日本に宣教師として遣わされ退職した宣教師と日本に行きました。その時、主は必要な書類をサインしてくれる人に導きました。それにより、私、テディーとマイク(当時1歳)で日本に行くことを計画しました。準備することがたくさんありました。そこで、主は私に断食をするように導きました。当時は断食についてあまり知識はありませんでしたが、従う必要があると感じました。


断食は24時間で済むと思っていましたが、次の朝、主は続けて断食をすることを語りました。私の肉は喜んでいませんでしたが、私は従って断食を続けました。その時は4日間断食しました。それは5月のことです。4ヶ月後、8月に日本に行くことが出来ました。



断食する結果は何でしょうか?その時は結果を見ることは出来ませんでしたが、4ヶ月後、日本に宣教師として行くことが出来ました。


1)経済的なサポートを簡単に集めることが出来ました。更に、最初の4年間、かなりの円高でしたが、経済的なサポートは増加しました。私たちは不足することはありませんでした。


2)試練が簡単だった:多くの新しい宣教師は最初に試練に立ち向かうことがあります。私たちもそうでした。しかし、今振り返ると、様々な状況に対し私たちは簡単に試練を乗り越えることが出来ました。


3)実を結ぶミニストリー:私たちが日本語学校に通っているときにも、主はミニストリーをするために扉を開きました。クリスチャンでも、クリスチャンでなくても、主は私たちに人を引きつけ、結果的に彼らは主に触れました。


4)好意:私たちは日本での生活が徹底的に充実しています。日本は宣教師には難しい国として見られ、宣教生活は長く続きません。ここでの生活をすべてエンジョイしています。これは主の好意が私たちにあるからです。ハレルヤ。


断食の結果を見るまでは数か月かかるかも知れません。


ネヘミヤを例として挙げたいです。彼は神がエルサレムの城壁を立て直してほしいことを知っていました。ネヘミヤはレブル暦9か月目のキスレブ(11月末~12月末)に断食をしました(ネヘミヤ記1章1~4節)。断食した後、彼はいつも通り仕事をしました。しかし、約4ヶ月後(ネヘミヤ記2章1節)、奇跡が起こりました。①王に壁を立て直すための許可を得ました。②必要な経済と資源が与えられました。③全ての障害物を乗り越える事が出来ました。④彼の働きは成功しました。⑤彼に好意がありました。断食の結果はすぐに出ないこともあります。でも確実な結果は必ず現れます。


神の御心であっても、時には断食をする必要があります。


最後に、ネヘミヤと最初にエルサレムの城壁を立て直すために遣わされた人たちを比べてみてください。(エズラ記1~4章)。城壁を立て直すことは神の御心でしたが、それでも17年間彼らは敵に妨げられました。ネヘミヤも同じ目的(城壁を立て直す)を持っていました。敵は彼を妨げようとしたが、妨げることはできませんでした。時には、断食が障害物を無くし、神が与えた道に導くことがあります。


祝福がありますように!お祈りを感謝します。


ロン&テディー・サーカ




ヤーン・アライブ レポート

上手く対応中!!


この状況の中でも、ヤーン・アライブは今活動をしています。


1)続けて毛糸の寄付があり、倉庫は寄付された毛糸でいっぱいです。


2)ヤーン・アライブはバザーに参加することによって収入を得ています。普段、バザーとクラフトフェアは一年に2回行われます。そこでは、参加者が作った編み物が売られます。バザーでは収入を得ることが出来ますし、ヤーン・アライブのことを伝える機会となっています。しかし、コロナウィルスの影響で今年はバザーに参加することが出来ていません。しかし、ヤーン・アライブは小さなバザーを開催しています。参加者はお互いが作った編み物を売ったり、買ったりしています。小さなバザーをすることによって必要な経済が与えられています。


3)お祈りを感謝します。引き続きお祈りください。主がヤーン・アライブを設立しました。主がヤーン・アライブに成長と繁栄を与えています。



榮撒卡使徒事工週報

2020年10月28日; 5781年瑪西班月10日

www.rwsministries.com


「不要醉酒,酒能使人放蕩;乃要被聖靈充滿。當用詩章、頌詞、靈歌、彼此對說,口唱心和地讚美主。」(弗5:18-19)


「也沒有人把新酒裝在舊皮袋裏;若是這樣,皮袋就裂開,酒漏出來,連皮袋也壞了。惟獨把新酒裝在新皮袋裏,兩樣就都保全了。」


禁食和新恩膏


上週我寫道主渴望我們在這個月領受新的恩膏,這並不是指我們要再次「受聖靈的浸」,因為它就像洗禮一樣,是一生一次的事,但是我們必須確實不斷「被聖靈充滿」(弗5:18)。主要我們被聖靈充滿,以致聖靈可以不斷從我們流出,使我們心中流出活水的江河來(約7:18)。


禁食帶來新皮袋


領受新恩膏的方法之一是禁食。當耶穌被問到為什麼他的門徒不禁食時,耶穌解釋說因為那時他與門徒同在並且充滿他們(注意禁食和充滿之間的關聯) ——但是時候要到,新郎要被帶走,門徒就要禁食了。耶穌繼續解釋說,不能把新酒倒在舊皮袋裡,不然「皮袋就裂開,酒漏出來,連皮袋也壞了。惟獨把新酒裝在新皮袋裏,兩樣就都保全了。」(太9:17)。所以如何使自己成為新皮袋?其中的一個方法是透過禁食。


當我們禁食時,我們謙卑自己,為了耶穌的緣故捨己,我們就把事情放在對的次序,就是祂是主,我們服事祂。禁食確保了這一點,我們把祂放在我們身體和魂的需要之上,我們的靈的感官就會變得敏銳。我們並不知道這個奧秘的所有運作方式,但顯然的,禁食幫助我們成為可以承接新酒的新皮袋,就是承接主想要澆灌在我們身上的新恩膏。


禁食確保我們前進的道路


當主感動我分享禁食,讓我想起我們早年準備來日本做宣教士的時候。當時事情進展得並不順利,我們剛剛被聖靈充滿,然而我們原本計畫同工的宣教機構向像我們這樣的人關門,但是主仍然催促我們繼續進行到日本當宣教士的計畫。


在1975年三月,我陪同一位年長的退休宣教士到日本探勘,主帶領我接觸到簽署必需文件的人,所以我和泰迪,以及一歲的兒子麥克計劃要來日本,但是有太多的準備工作。那時主很清楚的帶領我要禁食,雖然我對禁食不甚了解,但是我知道必須順服去做。


我希望只要禁食24小時,但是隔天早上主清楚的告訴我需要繼續禁食,我的身體當然不喜歡,但是我選擇順服和繼續。我禁食了整整四天,那時是五月,然後我們八月底搬到了日本。


禁食帶來什麼結果


當時我們沒有馬上看到禁食的結果,但是幾個月後,我們得以用宣教士的身分移居日本。請看看以下幾點:

  1. 財物的供應。在最初的四年中,美元兌換日圓的匯率大跌,因此財物的支助增加了,我們沒有任何缺乏。

  2. 通過考驗。每一個新的宣教士都會在開始的時候經歷考驗,我們也一樣。現在回顧過去,在處理各樣的問題上,我們沒有遇到真正的難題。

  3. 服事有果效。即使我們還在學習語言的時候,主就打開了服事的門,不論是基督徒還是非信徒,神把他們帶到我們身邊,他們都被主觸摸。

  4. 恩寵。我們很喜歡在日本的生活,日本是以困難的宣教禾場聞名,很多人都待不久,但是我們卻很喜歡在這裡度過的時光,我知道這是因為主的恩寵在我們身上,哈利路亞!


你可能幾個月內看不到禁食的果效


尼希米的例子很有啟發性,他知道神要他重建耶路撒冷的城牆,他就禁食。這發生在猶太曆第九個月基斯流月(大約是十一月下旬到十二月下旬)(尼1:1-4),之後,他繼續他的正常工作,但是大約四個月後(尼2:1)神蹟發生了!首先,他從王得到允許和授權去重建城牆;其次,他得到所需的財源;第三,他能夠克服所有的障礙;第四,他的工作非常成功;第五,他得到極大的恩寵。


所以我們知道禁食會有具體的結果,但可能不會馬上得到。


即使某些事情顯然是主的旨意,我們仍可能需要禁食!


最後,拿尼希米與第一批返回重建聖殿的人比較(拉1-4章),顯然那是神的旨意,但是仇敵仍然能夠攔阻他們十七年。尼希米有類似的任務(重建城牆),但敵人想要攔阻他卻無法成功。有時候禁食是清除反對勢力和確保神給我們的工作的唯一方法。


神祝福您!謝謝您的代禱!


Ron and Teddy榮撒卡和泰迪撒卡


編織求生事工報告

進展順利!


病毒可能在到處傳播,但是編織求生事工仍然順利,請看看以下的事:

1.捐贈的毛線和編織材料不斷湧入,倉庫裡面裝滿了一箱箱捐贈的毛線。


2.迷你市集幫助提供資金。通常她們每年會舉辦兩次市集/手工藝品展覽,出售婦女們編織的物品,這會帶來一些收入,也提高鎮裡和其他城市對編織求生的認識。顯然,她們今年不能舉辦,但是她們辦了迷你的市集,婦女們互相買東西,也買來送給朋友。財務是減少了,但似乎還夠用。


3.謝謝大家為編織求生事工代禱,是主開創了編織求生,也是祂使它成長茁壯。




38 views