top of page

2020/7/29 Realize the Lord Delights in You!

Updated: Jul 30, 2020

Ron Sawka Ministries

July 29, 2020; Av 8, 5780

www.rwsministries.com


“If the Lord delights in us, then He will bring us into this land and give it to us, ‘a land which flows with milk and honey’” (Num. 14:8).


The steps of a good man are ordered by the Lord, and He delights in his way” (Ps. 37:23).


Please Note:


  • MPP Summer Break (August 3–21)—Please pray for the prophetic team members of MPP. They are such a key for us. Please ask the Lord to refresh them during this needed summer break, August 3–21. MPP will then resume on Monday, August 24.

  • Yarn Alive—No summer break for the Yarn Alive women. They are so happy to be meeting with each other again. Please pray for protection.


Realize the Lord Delights in You!


We are in this amazing time period where the Lord is speeding up processes for all His people. He wants us to more fully enter our destiny and callings because the time of harvest is at hand. This year more than ever, we have to pay attention to firstfruits and the blessings and focuses of each particular Hebrew month. This month of Av includes points about watching and being concerned. It was on Av 8–9 that the children of Israel heard the ten spies’ negative reports and decided it was impossible to enter the Promised Land. Ever since then, Av 9 has served as a reminder to God’s people to be very watchful.


The reason that first generation failed was mostly due to wrong mindsets. I think there are two wrong mindsets to deal with. The first one is that most of us already know about: Don’t underestimate ourselves/Realize God is leading—He will make it happen. The ten spies were all competent, qualified leaders. But somehow they fell under the power of the spirits of the land. They saw the fortresses as impenetrable, and the enemy as big as giants and themselves as small as grasshoppers (Num. 13:31–33). Their fear affected the Israelites, and all except Joshua and Caleb decided to run back to Egypt. We, too, can fall under the power of spirits in our nations and start seeing the problems as bigger than God and get discouraged.


Most of us know the solution—they should have reminded themselves of God’s goodness—reminded themselves of all the miracles He had already done. They should have made a choice of faith, like Caleb, who said, “Let us go up at once and take possession, for we are well able to overcome it” (13:30, emphasis added). I like that phrase “at once.” Don’t start thinking you will deal with problems in the far-off future. Make an immediate decision to not disbelieve. As soon as you do, faith will spring up.


The Main Issue—Realize the Lord Delights in Us. Joshua told the people, “If the Lord delights in us, then He will bring us into this land and give it to us” (Num. 14:8, emphasis added). I think this encapsulates the main reason why that whole generation failed. They didn’t know God delighted in them—that He loved them. I would further say that if you or I also fail, this will probably be the root of the reason why. Most of us have the correct theological understanding that God loves us. But do we know that He delights in us? This is key.


This morning I was praying in tongues and it suddenly dawned on me that I am far more comfortable serving God and doing things for Him than I am with asking Him to do things for me. In fact, much of my praying is either for other people or for the Holy Spirit to help me as I minister. (And yes, He does lead and anoint, and I am amazed at how much He does.)


But that’s not the same as asking Him to do things personally for me. It’s not that I don’t want Him to do things for me; it’s more that I don’t realize He delights in me and would love to shower good things upon me. So I tend not to ask. And James says, “You do not have because you do not ask” (4:2).


I think I’m like a lot of people in this. There is something in the foundation of our lives or in our DNA that doesn’t want us to experience this. However, we must. We have to come to the place where we know the Lord delights in us. It’s from this revelation that true faith springs up and true love flows. David knew it. Daniel knew it. Peter and Paul knew it. In this present generation, you and I must also know it.


I thank God that most of us are committed to Him and are diligent in serving Him. Yes, it is very pleasing to the Lord. But we have to let Him keep breaking up whatever wrong foundations or mindsets are keeping us from knowing He delights in us.


Thank you, Lord, that you delight in us. This is amazing and beyond our understanding. As we look to you and celebrate you, we know that you will keep working in us to bring us to experience your delight in us.


Thanks so much for praying!


Ron and Teddy


ロン・サーカ・ミニストリーズ

2020年7月29日 

聖書暦5780年アヴの月8日

www.rwsministries.com



「もし、私たちが主の御心にかなえば、私たちをあの地に導き入れ、それを私たちに下さるだろう。あの地には、乳と蜜とが流れている。」(民数記14章8節)


「人の歩みは主によって確かにされる。主はその人の道を喜ばれる。」(詩編37編23節)


下記の件ご注意ください:


1)MPP夏季休暇(8月3~21日)MPPの預言チームのためにお祈りください。私たちの働きでは重要なチームです。チームが夏季休暇の間にリフレッシュできることをお祈りください。MPPは8月24日(月曜日)に再開します。


2)ヤーン・アライブ:ヤーン・アライブは夏季休暇はありません。活動の再開が出来てとても喜んでいます。守られるようにお祈りください。



主があなたを喜ばれることに気づいてください!


主はこの季節、人々のための様々な過程を加速しています。収穫の時期が近いので、主は私たちが自分の召し、使命に完全に歩むことを望んでいます。今年は特にそうです。私たちは初穂と毎月のへブル暦の祝福に注意を払うべきです。アヴの月は気を配って見張るというポイントがあります。アブの月8~9日目の頃に、イスラエルの民は約束の地を偵察した10人から悪い報告を受けました。約束の地を征服するのは無理という報告です。その時から、アブの月9日目は気を配って見張る大切さを思い起こす時期となりました。


出エジプトした最初の世代が約束の地に入り込むことが出来なかった理由は、ほとんどが間違った考え方にあります。2つの間違った考え方を処理する必要があります。一つ目の間違った考え方は、皆様も良く知っているものと思います。自分自身を過小評価をすることです。そういうことはしないでください。神が導き、解決してくれることに気づいてください。悪い報告した10人は能力があるリーダーでした。しかし、彼らはその地が解き放つ霊の力の影響を受けました。彼らは要塞を攻め上ることが出来ないと判断し、敵が”背の高い者たち”で自分自身は”イナゴのように見えた”と言いました(民数記13章:31~33節)。彼らの恐れはイスラエルの民に影響を与えました。そしてカレブとヨシュア以外のすべてのイスラエルの民は、エジプトに戻りたいと言いました。私たち自身も自国の霊の力に影響され、神より問題が大きいと思い込んで失望する時があります。


私たちのほとんどは解決策を知っていると思います。神の良さ、今まで見てきた奇跡を思い起こすことです。カレブと同じく、信仰の決断をすべきでした。「私たちはぜひとも、上って行って、そこを占領しよう。必ずそれができるから。(民数記13章30節)」私は「ぜひとも(英訳では”直ちに”というフレーズが使われいます)」というフレーズが大好きです。自分人身の問題を、遠い将来で対処すると思わないでください。不信仰を取り除くという決断を”直ちに”してください。そうすれば、信仰が湧きあがります。


一番の課題:主があなたを喜ばれることを知ること。ヨシュアは民に言いました。「もし、私たちが主の御心にかなえば、私たちをあの地に導き入れ、それを私たちに下さるだろう。あの地には、乳と蜜とが流れている。(民数記14章8節)」この箇所では第一世代が失敗した理由を要約していると思います。彼らは主が自分自身を喜んでいる(愛している)ことを知らなかったのです。さらに私たちも失敗する時、上記と同じ理由かと思います。私たちは神学的に神に愛されていることを知っています。しかし、神があなた自身を喜んでいることは知っていますか?それが重要です。


今朝、異言で祈っていた時に気が付きました。神に要求し、動いてもらうよりは、自分自身が仕え、神のために働く方が簡単に出来ると思いました。実際、私の祈りのほとんどは他人のため、又は、私が人々に対し、しっかりと仕えるように聖霊の力を求める祈りです。(そして、もちろん、主は私を導き、油注ぎます。神がしてくれることには驚いています。)


しかし、それは個人的に働いてもらうこととは異なります。神に働いてもらいたくないというわけではありませんが、主は私を喜び、私のために愛と良さを表したいということに気づいていないだけです。だから私は要求はしません。ヤコブも下記のように言いました。「あなたがたのものにならないのは、あなたがたが願わないからです。(ヤコブ書4章2節)」


私は一般的な人と同じだと思います。私たちの人生の基礎、またはDNAの中に、その体験に抵抗するものがあると思います。しかし、私たちはそれを体験すべきです。”主が私を喜ぶ”と確信できる場所にたどり着く必要があります。その啓示から真実の信仰が湧きあがり、愛が流れます。ダビデ、ダニエル、ペテロ、パウロはそれを知っていました。今の世代として、私たちも知るべきです。


私たちのほとんどは神に献身的であり、喜んで仕えることを感謝しています。もちろん、神はそれを喜んでいます。しかし、私たちは、”主は私を喜ぶ”という真理に抵抗する悪い土台と考え方を打ち壊せるよう、神に働いてもらう必要があります。


祈り「主よ。私を喜んでいることを感謝します。これは素晴らしく、人知を超えています。あなたを求め、祝うときに、私を”主は私を喜ぶ”ということを体験できるように導いていることを信じます。」


お祈りを感謝します。


ロン&テディー・サーカ


榮撒卡使徒事工週報

2020年7月29日; 5780年埃波月8日

www.rwsministries.com


「耶和華若喜悅我們,就必將我們領進那地,把地賜給我們;那地原是流奶與蜜之地。」(民14:8)