2020/7/15 Resurrection Seeds Sown When We Plead with God

Updated: Jul 21

Ron Sawka Ministries

July 15, 2020; Tammuz 23, 5780

www.rwsministries.com


“Then Isaac trembled exceedingly, and said, ‘Who? Where is the one who hunted game and brought it to me? I ate all of it before you came, and I have blessed him—and indeed he shall be blessed’”(Gen. 27:33).


“Now Isaac pleaded with the Lord for his wife, because she was barren; and the Lord granted his plea, and Rebekah his wife conceived” (Gen. 25:21).


In this update:

  1. Resurrection Seeds Sown When We Plead with God

  2. Yarn Alive—No Summer Vacation!

  3. GYM—Get Rid of Self-Sabotaging Issues

Resurrection Seeds Sown When We Plead with God


I have come to see that sometimes God will require us to plead with Him. This releases a prophetic promise and resurrection anointing that goes far beyond just that what we are praying for. This prophetic promise/resurrection anointing ensures the power of death and destruction are broken and that God’s purposes come to pass.


I was led to see this in a very unusual way as I was preaching this past Sunday.


We started with praying in tongues, and the Holy Spirit immediately led me to the scripture where the people trembled when they saw/heard the fire of God on mount Sinai (Exod. 19:16). Then the Lord reminded me of how Isaac trembled when he realized how close he had come to completely missing God’s plan through his intention of giving the blessing to Esau and not Jacob (Gen. 27:33).


We know Jacob pretended to be Esau and got the blessing by deceit (I feel it was unnecessary and that somehow God would still have overruled). But while giving the blessing, Isaac could feel the strong anointing and power of God. It was God’s confirmation that Isaac had blessed the correct son. It was only later when Esau arrived that Isaac knew he had blessed Jacob. He probably knew that it should have been Jacob all along. Thus, he trembled and shuddered because he avoided what could have been a disastrous outcome.


For some reason, Isaac forgot—or tried to ignore—the promise God gave him and Rebekah before the twins were born, a promise that “the older (Esau) shall serve the younger (Jacob)” (Gen. 25:23). It was against protocol—the oldest should receive the blessing. Perhaps Isaac willfully ignored that. But God overruled. The correct son, Jacob, got the blessing, and thus God’s covenant plan that began with Abraham could go on. Otherwise it would have been halted.


Pleading with God—I was then led to read the following: “Now Isaac pleaded with the Lord for his wife because she was barren; and the Lord granted his plea” (Gen. 25:23, NKJV, emphases added).


To plead with God is a seldom-used, but very powerful thing. It comes when we are in a desperate or impossible situation. I think the Lord sometimes sets things up this way so we have no choice but to plead with Him. When we do, He does more than just answer the need. It seems as if He also implants a resurrection seed or anointing into the situation to ensure some much greater fulfillment—to ensure it comes to pass, even after a long time. God heard Isaac’s plea and not only granted children, but also put a prophetic promise or seed of resurrection into that fulfillment. Later, even though Isaac himself forgot, and was nearly the instrument of sabotaging God’s plan, that anointing or prophetic promise stopped the enemy’s plan and God’s purposes prevailed.


The Lord then reminded me of the ruler of the synagogue who pleaded with Jesus to come heal his daughter. We read, “He pleaded earnestly with him, ‘My little daughter is dying’” (Mark 5:23, NIV, emphasis added). The man returned home with Jesus only to find his daughter had already died. Jesus told him to be of good cheer and then resurrected the girl. Here again, we can see that the father was forced to plead. It released a prophetic promise/resurrection anointing. Little did he know that his daughter would come back to life.


As I was teaching this, I was reminded of something I had been forced to plead with God for. The answer came soon afterward. But just this past Sunday, my eyes were opened to a much, much greater seed that God had planted at that time, more than forty years ago. It simply is amazing.


The Lord is breaking all kinds of barrenness now. Many, many of you have obeyed the Lord by praying in tongues for thirty minutes daily for three weeks. Yes, barrenness is being broken, but it is also going far beyond what we expected or thought. Some of you will experience something like what Isaac did. A plan or promise from long ago that was forgotten is now being revived. Sons or daughters that were called of God many years prior but who then wandered away are now being “resurrected.” The prophetic seed placed in them will now grow and bring forth miraculous life.


Yarn Alive—No Summer Vacation!


Thank you for praying for and supporting Yarn Alive, which is pretty much back in full swing. Because Yarn Alive activities were suspended for nearly four months, the women don’t want to take time off during the summer. August usually is an “off” month. But not this year! They don’t want any more time off.


If you are interested in helping financially, please contact yarnalive@gmail.com or visit http://yarnalive.com/donation.


GYM—Get Rid of Self-Sabotaging Issues


This is the third week now that I am posting about GYM. Not just coincidentally, the present Hebrew month, Tammuz, is about shining brighter and brighter. We are not to be like Reuben, who had such incredible potential. Jacob described him as “the beginning of my power, with excellence and dignity.” But he did not live up to it because he was “unstable as water” (Gen. 49:3–4). He meant well, but sabotaged himself and didn’t deal with his issues.


Too bad Reuben didn’t have something like GYM to help him deal with those self-sabotaging issues. The next month, Av (which begins on July 22), is about “being concerned about our lives.” The month is linked with Simeon, who also messed up his life. Again, I urge you to sign up for this course. (It’s held in English and Japanese.)


GYM is a forty-week course that Mike and Rachel designed and run. The Lord has used it to establish proper foundations in many believers’ lives. The course runs from September 17, 2020 through July 15, 2021. For more information, please visit https://www.catchthefireasia.com/gym.


Thanks so much for praying!


Ron and Teddy


ロン・サーカ・ミニストリーズ

2020年6月17日 

聖書暦5780年タンムズの月23日

www.rwsministries.com


「イサクは激しく身震いして言った。「では、いったい、あれはだれだったのか。獲物をしとめて、私のところに持って来たのは、おまえが来る前に、私はみな食べて、彼を祝福してしまった。それゆえ、彼は祝福されよう。」」(創世記27章33節)


「イサクは自分の妻のために主に祈願した。彼女が不妊の女であったからである。主は彼の祈りに答えられた。それで彼の妻リベカはみごもった。」(創世記25章21節)



今回のメールアップデートでは、

1)神に祈願するときに復活の種が植えられる

2)ヤーン・アライブ:今年は夏休みはありません!

3)GYM:自己破壊的な問題を取り除く





神に祈願するときに復活の種が植えられる


時々、神は私たちに祈願をすることを求めます。祈願をすることによって私たちが祈った以上の預言的な約束又は復活の油注ぎが解き放たれたます。与えられた預言的な約束・復活の油注ぎは死と破壊の力を打ち壊し、神の目的が果たされることを保証します。


今週の日曜日にメッセージをしていた時に、私は不思議な方法で導かれました。私たちが異言で祈っていた時に、主は私を出エジプト記19章16節に導きました「三日目の朝になると、山の上に雷といなずまと密雲があり、角笛の音が非常に高く鳴り響いたので、宿営の中の民はみな震え上がった。」。神は私にイサクも同じく創世記27章33節で「イサクは激しく身震いして言った。・・・」と書いてあると思い出させました。これは神の計画に反して、ヤコブではなくエサウを祝福しようとしていた時です。


この箇所では、ヤコブはエサウのふりをして祝福を奪ったところです。(ヤコブは余計なことをしました。神はヤコブの策略とは関係なく祝福していたと思います。)イサクはヤコブを祝福していたときに、強い油注ぎと神の力を感じました。これはイサクが正しい息子を祝福したことを示す神のしるしです。エサウが現れ、初めてイサクはヤコブを祝福したと分かりました。初めからずっとヤコブを祝福すべきと分かっていたかもしれません。だからこそ身震いをし、最悪な事態を避けたと分かったのだ思います。


何らかの理由で、イサクは双子のエサウとヤコブが生まれたときの神の約束を忘れていました。「兄(エサウ)が弟(ヤコブ)に仕える。(創世記25章23節)」それはその当時の常識とは外れていました。年上が祝福されることが常識でした。ひょっとしたら、イサクは神の約束を意図的に無視していたかもしれません。しかし、神の計画によって覆されました。正しい息子ヤコブが祝福され、アブラハムから始まった神の契約の計画が継続しました。そうでなければ、中断されていたでしょう。


神に祈願する:私は創世記25章21節を読むように示されました。「イサクは自分の妻のために主に祈願した。彼女が不妊の女であったからである。主は彼の祈りに答えられた。それで彼の妻リベカはみごもった。」


「神に祈願する」ということはあまり聞きません。しかし、とても力強いことです。それは私たちが絶望的、不可能な時に行うことです。時には祈願しざるをえない状況を神が設定します。その時は、神は必要以上に祈りに答えます。その状況に対し復活の種や油注ぎを与え、更なる満足感を与えているようです。神は、イサクに子供を与える祈願に答えただけではなく、預言的な約束と復活の種を与えました。イサクが神の約束を忘れ、その計画を妨害しようとしてても、油注ぎと預言的な約束は敵の策略を破壊し、神の計画が成就されました。


イエスに娘を癒すよう一生懸命願った会堂管理者のことを思い出しました。「いっしょうけんめい願ってこう言った。「私の小さい娘が死にかけています。」(マルコ5章23節)」イエスと共に家に戻ると、既に娘が無くなっていました。イエスは会堂管理者に喜びなさい、娘は蘇ったと伝えました。ここで再び会堂管理者はイエスに一生懸命願いました。ここで預言的な約束、復活の油注ぎが解き放たれました。ここで娘が復活するとは思わなかったでしょう。


メッセージをしているときに、私も神に対し祈願していたことを思い出しました。答えはすぐに与えられました。しかし、去った日曜日に神がその当時(40年前)どれほど素晴らしい種を植えたかを気づかされました。とても素晴らしいです。


主は今、様々な不妊の霊を打ち壊しています。多くは、主に従い3週間毎日30分異言で祈りました。確かに、不妊の霊は打ち壊されましたが、私たちが想像した以上のものです。ある人はイサクが体験したことと同じようなことを体験します。長年忘れていた約束が蘇ります。ずっと昔、神に呼ばれていた息子と娘たちが迷子になっていたけれど、今”復活”します。植えられた預言的な種は成長し、実り、奇跡的な人生を生み出すでしょう。


ヤーン・アライブ:今年は夏休みがありません!


ヤーン・アライブのために祈っていただきありがとうございます。今はフルで活動をしています。自粛のため、4ヶ月間もヤーン・アライブの活動が休止していたので、参加者たちは夏の間は休みたくないと言っています。8月は普段休みですが、今年は活動を続けます!


引き続きヤーン・アライブを経済的に支援をしたい方は、yarnalive@gmail.comにメールまたはwww.yarnalive.com/donationにアクセスしてください。

GYM:自己破壊的な問題を取り除く


GYMについて書くのは3週目です。偶然ではないと思いますが、今月はべブル暦ではタンムズであり、更に輝く月です。ルベンは多くの可能性を持ってました。ヤコブはルベンのことを「わが力、わが力の初めの実。すぐれた威厳とすぐれた力のある者。」と例えたが、しかし、期待に答えることなく「水のように奔放な」となりました(創世記49章3~4節)。悪気はなかったのですが、彼は自己破壊的な問題を取り除かなかったです。


ルベンには自己破壊的な問題を取り除くのを手伝うGYMのようなコースが無かったことは残念です。翌月のアブの月です。(7月22日から)アブの月は”人生を気にする”月です。人生がめちゃくちゃだったシメオンに繋がっている月です。また言いますが、出来る限りこのコースに参加してください。(英語と日本語で受講出来ます。)


GYMはマイクとレイチェルがリードする40週間のコースです。主はこのコースを通して人々に正しい土台を据えてきました。期間は2020年9月17日~2021年7月15日です。詳細は下記のウェブサイトでご確認ください。


英語:catchthefireasia.com/gym.

日本語:ctfjapan.com/gym


お祈りを感謝します。


ロン&テディー・サーカ




榮撒卡事工週報

2020年7月15日; 5780年搭模斯月23日

www.rwsministries.com


「以撒就大大地戰兢說:“你未來之先,是誰得了野味拿來給我呢?我已經吃了,為他祝福,他將來也必蒙福。”」(創27:33)


「以撒因他妻子不生育,就為她祈求耶和華。耶和華應允他的祈求,他的妻子利百加就懷了孕。」(創25:21)


本週週報概覽:

1.當我們懇求神時,復活的種子就已撒下

2.編織求生事工——今年沒有暑假!

3.GYM—解決導致自我阻礙的問題


當我們懇求神時,復活的種子就撒下了


我已經發現,有時候神會要求我們向祂懇求。這會釋放出先知性的應許和復活的恩膏,遠超過我們所禱告的事項本身。這個先知性的應許或復活的恩膏可以確保打破死亡和毀滅的權勢,使神的應許得以成就。這是我在上週日的教導中,神以一種不同尋常的方式帶領我看見的。


我們從方言禱告開始,隨後聖靈立刻帶領我去讀出埃及記19:16,眾百姓親眼看見/聽見神在火中降臨在西奈山而發顫。神隨即提醒我,當以撒發現他原本想為以掃而不是雅各祝福的計劃差點錯過神的旨意時,他大大戰兢。(創27:33)


我們知道雅各假扮成以掃騙取祝福的經過(我覺得沒有欺騙的必要,神總有辦法翻轉局面),但是當以掃宣告祝福時,他可以感受到神強烈的膏抹和能力,這是從神來的印證,代表雅各祝福的對象是合神心意的那個兒子。後來,以掃趕到,以撒才知道他所祝福的是雅各。大概他方才意識到,其實一直以來雅各才是應該得祝福的那一位,萬幸沒有釀成災難性的後果,以撒因此戰兢發抖。


因為某些原因,以撒忘記——或試圖忽視神賜給他和利百加的應許,即在雙胞胎出生前神應許他們,“將來大的(以掃)要服事小的(雅各)”(創25:23)。這有反常理,通常長子才是領受這份祝福的,或許以撒因此有意忽略了早前的應許。但神將它翻轉過來。那個對的兒子——雅各得到了這份祝福,因此神自亞伯拉罕開始的盟約計劃得以延續。否則,計劃就會停止。


向神懇求——神帶領我去讀這句經文:「以撒因他妻子不生育,就為她祈求耶和華。耶和華應允他的祈求,他的妻子利百加就懷了孕。」(創25:21)向神懇求的情形雖不多見,往往發生在我們處於孤注一擲或不可能的境地時,但它非常有能力。我想,有時候神刻意這樣安排,使我們別無選擇,只能懇求祂。當我們這樣做,祂所應允的往往超過我們的所求。


神似乎在這種環境中植入了復活的種子或恩膏,來確保成就更大的結果——就算過了許久,應許終要成立。神聽見以撒的祈求,不僅賜下了孩子,而且將先知性的應許或復活的種子放入其中。後來,雖然以撒自己忘記了,甚至差點成了蓄意破壞神旨意的工具,但那份恩膏或先知性的應許仍能阻止仇敵的計謀,使神的旨意得勝。


隨後,主讓我想起管會堂的睚魯祈求耶穌醫治他的女兒。經上記著,「(睚魯)再三地求他說:“我的小女兒快要死了。”」(可5:23)當他和耶穌一起回到家中,卻發現女兒已經死了。耶穌告訴他:「不要怕、只要信」,然後使他的女兒活了過來。再一次,我們看到女兒的父親被迫發出懇求。這釋放出了先知性的應許或是復活的恩膏。他無論如何都想不到女兒能從死裡復活。


當我教導這一點時,我想起一些神迫使我為之懇求的事。神的應允很快就來到了。但就在上週日,我的屬靈眼睛被打開,看到了當時神已種下的更偉大的種子,已經過去四十多年了。簡直太不可思議了。現在,神正在破除一切形式的不生養和貧瘠。許許多多的人都遵守了神的帶領,連續三週每天方言禱告30分鐘。


所以是的,貧瘠和不生養正在被破除,但事情的結果遠超過我們的期待或想法。你們當中有些人將會有和以撒相似的經歷。許久以前、已被遺忘的計劃或應許此刻正在被恢復。那些多年前曾被神呼召,後來遠離的兒女們,此刻也被“復活”。先知性的種子在他們裡面,現在將要生長,帶出充滿神蹟的生命。


編織求生事工——今年沒有暑假!


謝謝大家為編織求生禱告並給予支持,目前事工基本恢復了日常運作。因為編織求生的相關活動已經擱置了接近四個月,姐妹們並不想在暑假期間暫停。八月通常是“停工休息”的月份,但今年有所不同。她們不想再停工了。如果你有感動在財務上幫助我們,請聯絡以下地址:yarnalive@gmail.com 或 http://yarnalive.com/donation。


GYM——解決導致自我阻礙的問題


我連續第三週發佈與GYM(屬靈健身房)有關的信息,這不是巧合。當前我們所在的希伯來月份,搭模斯月,是關於發光並且越照越明。我們不要像流便一樣,他原本有非常大的潛力。雅各形容他是“力量強壯的時候生的,本當大有尊榮、權力超眾”,但是他沒有活出命定,因為他“滾沸如水(像水一樣不穩定)”(創49:3-4)。他原本前途光明,卻未能處理自己的問題而自毀前程。


可惜流便沒有機會接觸到GYM這樣的課程,來幫助他處理那些導致自我阻礙的問題。下個月——埃波月(7月22日開始)是關於“關注自我的生命”,這個月與西緬有關,他的生活也是一團糟。再一次,我邀請你註冊報名參加這個課程(英日雙語)。GYM是麥克和瑞秋創立並且運營的一套為期40週的課程,主透過這套課程幫助許多信徒建立了良好的生命根基。新一期課程將於2020年9月17日開課,直到2021年7月15日。更多資訊詳見https://www.catchthefireasia.com/gym。


謝謝大家的代禱!


Ron and Teddy Sawka榮撒卡和泰迪撒卡