2020/12/16 Declaring and Reaffirming Your Godly Identity and Destiny

Updated: Dec 21, 2020

Ron Sawka Ministries

December 16, 2020; Tevet 1, 5781

www.rwsministries.com


Declaring and Reaffirming Your Godly Identity and Destiny


The feast of Hannukah (Dec. 10–18) is mentioned once in the Bible and is called the Feast of Dedication. John 10:22 states, “Now it was the Feast of Dedication in Jerusalem and it was winter.” The more I studied this, the more I came to see the Lord wants us to use this time to reexamine our calling and destiny and rededicate our lives to Him.


After the Israelites rose up and drove out the Syrian-Greek oppressors in the second century BC, they cleansed and rededicated the temple. Leading up to this, the pagan king Antiochus IV had violently persecuted the Jews, desecrated the temple, and had tried to eradicate their faith. By rededicating the temple, they gave a resounding “no” to the attempts to replace their godly identity with a Greek worldview that didn’t acknowledge God. The act of rededicating the temple was a declaration that they were the Lord’s people and their identity was in Him.


As mentioned, John 10:22 is the only biblical passage that refers to Hanukkah. Immediately following, Jesus clearly declares His purpose and mission and reaffirms His identity. In John 10 the Jewish leaders demanded of Jesus, “If You are the Christ, tell us plainly” (24). Jesus knew they had no intention of believing Him, but He still powerfully stated the following things:


First, “The works that I do in My Father’s name bear witness of me” (25). Second, “I give [my sheep] eternal life, and … neither shall anyone snatch them out of My hand” (28). Third, “I and my Father are one” (30).


That is so powerful. In the face of strong opposition, He declared His identity (i.e., one with the Father) and His calling—to do works in His Father’s name, and to give eternal life to those who believe Him.


As I read this passage and studied the history of Hanukkah, I felt the Lord speaking a “now word” to all of us. Whether it is Hanukkah or Christmas, this should be a time of reaffirming and declaring the following things:


Our identity. “We belong to You, Lord. You have chosen us as Your special people.”

Our purpose. “We carry Your glory. Wherever we go, we choose to speak words that bring grace, and do everything as unto You.”

Dedication. “We dedicate ourselves, our families, our homes, our businesses, our cities, and our nations to You.”


Be sure to verbally speak these things out. Something powerful is released in us, as well as on our behalf, whenever we declare God’s truths.


Be blessed! Thanks so much for praying!


Ron and Teddy


One Month to Go: Believe His Prophets and You Shall Prosper! Perhaps the biggest issue is calling and destiny. The confusion and turmoil we are seeing in the nations has to do with Satan trying to get us—both personally and nationally—out of the destiny God has for us. We must keep our eyes on the Lord and the “now word” (often prophetic) that He has spoken, and He will bring us through. Again, remember 2 Chronicles 20:20, which states, “Believe in the Lord your God, and you shall be established; believe His prophets, and you shall prosper.”


Please Become an Apostolic Fund Supporter—During December, we ask people to consider becoming Apostolic Fund Supporters by committing to support us for the equivalent of US $1,200 for the upcoming year. I feel the Lord spoke to me to expect many more Apostolic Fund Supporters than ever before. Please us the form below to sign up:


Yes, I Commit to Being an Apostolic Fund Supporter for 2021


Name:

Number of pledges:

Family members you want prayer for:

Nation:

Email:

Also please be sure to attach a recent photo of you and your family (if applicable).


Please send us this information with the subject line “2021 Apostolic Fund Supporter.”


MPP: Gaining Access into Secular Japan—We want increasing numbers of non-churched nonbelievers to begin watching/listening to receive God’s hope and help and come to know Him. Please pray specifically for non-Christian viewers to increase. You can view the short video explaining MPP and share it with others on social media.


Time to Mature: Put On the Crown and Rule with Him

Tevet: The Tenth Month of Hebrew Year 5781 (Dec. 16, 2020–Jan 13, 2021)


The word “church” comes from ekklesia, a secular term fully understood in Jesus’s day. We are God’s ruling body in our cities and the marketplace (e.g., business, government, education). God wants us to mature quickly and rule with Him. Growth does not always have to be a long, slow process. We can leap ahead!


A full description of the blessings of the month of Tevet may be found here.



ロン・サーカ・ミニストリーズ

2020年12月16日 

聖書暦5781年テベットの月1日

www.rwsministries.com


神からの使命とアイデンティティを再確認し、宣言する


ハヌカー(12月10~18日)は”宮きよめの祭り”として一度だけ聖書に記されています。「そのころ、エルサレムで、宮きよめの祭りがあった。」(ヨハネ10章22節)。この箇所を勉強すればするほど、この時期を神から与えれた召しと使命を見直し、神への献身を新たにする時期にしてほしいと神は願っていると思います。


紀元前2世紀、イスラエルの民がシリアとギリシャの迫害者を追い払った後、彼らは神殿をきよめ、神に新たに捧げました。アンティオコス4世はイスラエルをひどく迫害し、神殿を汚し、イスラエルの民の神への信仰を消し去ろうとしました。神殿を新たに捧げることによって、神から与えられた召しと価値観は、ギリシャ文化と世の中の考えと入れ替えることは出来ないと宣言しました。イスラエルの民が神の民であり、主にアイデンティティを持つという宣言でした。


興味深いことに、聖書で唯一ハヌカーについて記載されている箇所にイエスは自身の目的と使命を宣言し、自身のアイデンティティを改めていたようでした。ヨハネの10章で、人々はしつこくイエスに”もしあなたがキリストなら、はっきりとそう言ってください。”(ヨハネ10章24節)と尋ねていました。彼らは聞く耳が無いとイエスは悟っていたので、彼らに力強く言いました。①「わたしが父の御名によって行うわざが、わたしについて証言しています。」(25節)、②「わたしは彼らに永遠のいのちを与えます。彼らは決して滅びることがなく、また、だれもわたしの手から彼らを奪い去るようなことはありません。」(28節)、③「わたしと父とは一つです。」(30節)。


これはとても力強いです。反抗するものに対し、イエスは自身のアイデンティティ(わたしと父とは一つです)と召しを宣言しました。それは、①父の御名によってわざを行うことと、②信じる者に永遠の命を与えることです。


この箇所を読んでハヌカーの歴史を勉強すると、主が私たちに”今”必要な言葉を語られたんだと思います。ハヌカーであっても、クリスマスであっても、今の時期は下記を”再確認”と”宣言”をする必要があると感じました。


①私たちのアイデンティティ:主よ、私たちはあなたのものです。あなたは私たちをあなたの特別な民として選びました。


②私たちの目的:私たちはあなたの栄光を運びます。私たちがどこに行っても、恵みを与える言葉を語り、全てのことを主のために行います。


③私たちは、自分自身、家族、家庭、職場、市町村、国をあなたに捧げます。


最後に、このことを言葉で宣言することを忘れないで下さい。私たちが神の真理を宣言するとき、力強いものが私たちの内に解き放たれます。



祝福がありますように!お祈りを感謝します。


ロン&テディー・サーカ


残り一か月:主の預言者を信じなさい。そうすればあなたがたは成功する(豊かになる)!

一番重要なものは、召しと使命かもしれません。現在、国々で現れている全ての混乱や騒動は、サタンが私たちを(個人として、国として)神の召しから離れさせようとしているからです。私たちは主と神から与えられた新しい言葉(大抵は預言)に目を向け続け、神が導いてくださると信じる必要があります。「あなたがたの神、主を信じなさい。そうすればあなたがたは堅く立つことができる。主の預言者を信じなさい。そうすればあなたがたは成功するでしょう。」(第2歴代誌20章20節)口語訳


使徒的ファンドサポーター/ファイヤースターターになることを検討してください。


この時期は使徒的ファンドサポーターになることを勧める時期です。使徒的ファンドサポーター/ファイヤースターターは、年間一口10万円の約束献金をしていただくサポーターのことです。主は更に多くの使徒的ファンドサポーター/ファイヤースターターを与えると言われたと思います。使徒的ファンドサポーター/ファイヤースターターに申し込まれる方は、下記の内容を送信してください。


2021使徒的ファンド/ファイヤースターター約束献金


氏名:


口数:


祈りが必要な家族:


国籍:


メール:


個人と家族の写真も添付してください。


「2021年度使徒的ファンドサポーター/ファイヤースターター」の件名で上記の情報を送信願います。


MPP:日本の未信者にリーチする。


私たちは更に多くの未信者がMPPを視聴し、主から助けと希望を受け取って、主と出会ってほしいです。具体的に未信者の視聴者が増えることをお祈りください。こちらのMPP案内動画を確認し、SNS上でシェアしてください。


成熟をするとき:冠を受け、神と共に治める。

テベット: 聖書暦5681年へブルの月第10の月 (2020年12月16日~2021年1月13日)


教会という言葉はギリシャ語の”エクレシア”という単語が由来です。イエスの時代では良く使われていた単語です。私たちに近所、市町村、国々を治める神の組織です。神は私たちに成熟し、共に治めたいと願っています。成長は遅くてゆっくりな過程ではなくていいのです。私たちは前に躍進することができます。


テベットの月の祝福はこちらで確認することができます。


榮撒卡使徒事工週報

20201216日,5781年提別月1

www.rwsministries.com


宣告並重申你的屬神身份和命定


光明節(12月10-18日)在聖經中被提到過一次,稱為「修殿節」。約10:22提到,「在耶路撒冷有修殿節,是冬天的時候。」我越深入研究,越認識到神希望我們利用這段時間來重新檢視我們的呼召和命定,並且再次將生命獻給祂。


主前2世紀,在以色列人起義趕出敘利亞塞琉古王朝壓迫者之後,他們潔淨了聖殿,並將之重新獻給神。在此之前,外邦國王安條克四世已經殘酷迫害猶太人、污穢了聖殿,還試圖消滅他們的信仰。藉著重獻聖殿,以色列人向著那些試圖用不認識神的希臘式世界觀來取代他們屬神身份的嘗試,發出了振聾發聵的抗拒之聲。重獻聖殿的行動是一種宣告,表明他們是神的百姓,他們的身份在祂裡面。


如前所述,約10:22是聖經裡唯一一次提到光明節。緊隨其後,耶穌清楚地宣告了祂的目的和使命,並且重申了祂的身份。約10:24記載,猶太領袖們要求耶穌,「你若是基督,就明明地告訴我們。」耶穌知道他們不信,但是祂仍然發出如下有力的宣告:


首先,「我奉我父之名所行的事可以為我作見證。」(約10:25);其次,「我又賜給他們(我的羊)永生,他們永不滅亡,誰也不能從我手裡把他們奪去。」;第三,「我與父原為一。」


何等有能力!在嚴峻的敵對勢力面前,主宣告祂的身份(與父原為一)和祂的呼召——奉父之名行事,賜永生給信祂之人。


當我讀這一段經文並且研究光明節的歷史後,我感覺神對我們每個人發出“針對現在”的話語。無論在光明節還是聖誕節,都應當重申和宣告以下信息:


1.我們的身份:“主,我們屬於祢,祢已揀選我們成為祢特別的百姓。”

2.我們的目標:“我們帶著祢的榮耀,無論去哪裡,我們都選擇說恩言,做任何事都如同為祢而做。”

3.奉獻:“我們將我們自己、我們的家庭、我們的居所、我們的事業、我們的城市、我們的國家,都獻給祢。”


一定要親口宣告以上的話。無論何時,只要我們宣告神的真理,就有非凡的能力從我們裡面、為我們的緣故釋放出來。