2020/7/8 GYM—Foundations for Sustained Fruitfulness

Updated: Jul 13, 2020

Ron Sawka Ministries

July 8, 2020; Tamuz 16, 5780

www.rwsministries.com


“I will liken him to a wise man who built his house on the rock: and the rain descended, the floods came, and the winds blew and beat on that house; and it did not fall, for it was founded on the rock” (Matt. 7:24–25, NKJV).


“Thus says the Lord, ‘I have healed this water; from it there shall be no more death or barrenness’” (2 Kings 2:21).


In this update:

  1. GYM—Foundations for Sustained Fruitfulness

  2. Now That the Barrenness Has Been Broken…

  3. Yarn Alive

  4. ILSOM—Online Participation Now Available


GYM—Foundations for Sustained Fruitfulness


I want us to continue to look at and pray for GYM, the forty-week “foundations” course that Mike and Rachel lead. Please consider signing up (multiple languages are available) at https://www.catchthefireasia.com/gym. The course runs from September 17, 2020 through July 15, 2021.


You all know that my assignment from the Lord is teaching on the apostolic and prophetic and helping people enter these callings and anointings. I love doing that and know it has been vital for changing and helping many.


As important as that is, the key to sustained success and the ability to flourish is having proper foundations—basic things like knowing the goodness of God, how to honor others, and how to maintain healthy relationships. It’s like what Jesus said about making sure our lives are built on the rock and not on the sand (see Matt. 7:24–27).


Last week I was on a Zoom call with John and Carol Arnott and some other Catch the Fire leaders. They emphasized the same thing. No matter how powerfully a person may be touched by the Holy Spirit—no matter what incredible revelation or Holy Spirit fire they may experience, sooner or later, they will have to deal with basic issues in the foundations of their lives. Sadly, many have not done so and thus did not fulfill the great potential God had planned for them.


GYM is a course designed to make sure we have the right foundations in our lives.


Now That the Barrenness Has Been Broken…


You will remember that the Lord had spoken to us about breaking barrenness. He then gave the strategy of praying in tongues for thirty minutes a day for three weeks. Those three weeks ended on July 5. In both online services this past Sunday, we prayed over and declared barrenness broken in various areas (e.g., financial, relational, and physical). I think the questions now are: “What should our stance be from now on? How should we act? How should we think while we wait for the promise to manifest?” Here are some Biblical examples showing the behaviors of those who experienced barrenness being broken:


1. Peace, Confidence, and Joy—Hannah had grieved and cried out to the Lord. But when Eli said, “Go in peace and the God of Israel grant your petition,” she stopped living in sorrow and lived in peace and confidence (1 Sam. 1:17–18). A year later Samuel was born. Many of you have long cried out—and even wept—before the Lord. You did what God asked by praying in tongues for thirty minutes daily for three weeks. Now is the time to walk in peace and confidence, trusting the Lord to grant your petition.


2. Better to Be Struck Speechless than to Vocalize Negativity—Zacharias just couldn’t believe the message from the angel that Elizabeth’s barrenness would be broken (Luke 1:5–25). If God had to strike him unable to speak on the chance that his unintended negative speech could cancel the promise of broken barrenness (and the birth of John the Baptist, who was key to God’s plan), then surely we also need to be very careful. It’s understandable that we might have feelings of unbelief or fear that barrenness wasn’t actually broken after all. Just be sure to not vocalize them. It’s better to choose to be silent. After all, God may need that answer more than you do. Let’s not speak negatively and do anything to hinder it.


3. Speak Positively—In their twenty-fourth year of waiting, God told Abram and Sarai that in one-year’s time they would have a son. They were then told to change their names. Immediately Abram began calling himself Abraham,“father of many nations,” and Sarai became Sarah, “mother/princess of nations” (see Gen. 17). They did this in spite of twenty-four years of barrenness. Each time they spoke each other’s name, they were proclaiming nations would be birthed from them.


God didn’t ask us to change our names, but He did ask us to pray in tongues for thirty minutes a day for three weeks. We obeyed. Now we leave the rest to Him. In the meantime, we speak out. We choose not to remain silent, but to say, “Thank you, Lord. I am trusting you. I obeyed you. I leave all the rest to you.” The more our heart hears our mouth speaking the goodness of God, the more faith will arise.


4. Don’t Try to Figure Out the “How.” It’s God’s Covenant; He Will Do It—Elisha did a prophetic act when he was asked to heal the waters of Jericho (see 2 Kings 2:19–22). He did more than just prophesy, “Thus says the Lord, ‘I have healed this water; from it there shall be no more death or barrenness’” (2:21). He also performed the prophetic act of throwing salt from a new bowl into the water. Salt represents God’s covenant with us. God is the one who chose us. He is the one who said He will take care of us. He is the one who promised He will do whatever miracle is necessary to make us fruitful. Elisha threw salt and trusted our covenant-keeping God.


How about us? We obeyed the Lord. We prayed and declared barrenness broken. We did prophesy. But our prophetic act was praying in tongues for three weeks. There is nothing more for us to do. Just rest in the Lord. He will do the miracle; He will bring forth life. It’s His covenant!


Yarn Alive


Yarn Alive activities are altered, but they have resumed. Please keep praying for this amazing ministry that has such favor in this city.


If you are interested in helping financially, please contact yarnalive@gmail.com or visit http://yarnalive.com/donation.


(ILSOM) Catch the Fire Training Program—Online Participation Also Available


  • We also decided to make this training program available live online. Registration is still required, and registration fees will apply.

  • Sept. 19–22, Sano, Japan, Catch the Fire ILSOM online registration is now open, and early registration is more cost effective: https://www.ctfjapan.com/events.


Thanks so much for praying!


Ron and Teddy



ロン・サーカ・ミニストリーズ ウィークリーアップデート

2020年7月8日 聖書暦5780年 タンムズの月16日

www.rwsministries.com



「だから、わたしのこれらのことばを聞いてそれを行う者はみな、岩の上に自分の家を建てた賢い人に比べることができます。」(マタイの福音書7章24節)



「主はこう仰せられる。『わたしはこの水をいやした。ここからは、もう、死も流産も起こらない。』」(第二列王記2章21節)


今回のメールアップデートでは、

1)GYM: 実り豊かさを保つ土台

2)主の言葉は不妊の霊を打ち壊す

3)ヤーン・アライブが稼働再開:7月1日

4)ILSOM:オンライン申し込みと参加



GYM:実り豊かさを保つ土台



マイクとレイチェルが導く40週間の土台を据えるコースについて、引き続き注目し、祈りたいです。また、申し込むことを検討してください。(日本語又は英語で受講することが出来ます) https://www.catchthefireasia.com/gym. 期間は2020年9月17日から2021年7月15日までです。


主から私に与えられた召しは使徒的・預言的な働きについてトレーニングを行い、人々にその召しと油そそぎに導くのを手伝うことです。私はこの働きが好きで、多くの人を助け、変わることに導いてたと思います。


この働きは重要ですが、成功と実り豊かさを保つためには下記の基本的な土台を整える必要があります。(神の良さを知ること、お互いに尊敬をすること、豊かな関係を持つこと、など)結局のところ、イエスが言ったように私たちは「砂の上ではなく、岩の上に(マタイ7章24~27節)」人生の土台を立てる必要があります。


先週、ジョンとキャロル・アーノットを含むCatch The Fireのリーダーとウェブ会議をしました。その会議で彼らは同じことを強調していました。どれほど強く聖霊に触れられても、どれほど素晴らしい啓示と聖霊の炎を受け取っても、いずれは人生の基本的な土台の問題を対処する必要があるでしょう。悲しいことに、多くの人は対処していないので、神が与えた素晴らしい計画とポテンシャルを完全に実現できてません。


私たちの人生に正しい土台を据えるためにGYMがあります。




不妊の霊が打ち壊されたので、次は・・・?


神は私たちに不妊の霊を打ち壊すために語りました。3週間毎日30分祈るよう戦略を与えました。7月5日で3週間が経ちました。日曜日のオンライン礼拝では様々な領域(経済、人間関係、実際の不妊など)で不妊の霊が打ち壊されるよう宣言し、祈りました。次の質問は”これからどうすればいいのか?どう振舞うべきか?約束が現れるまでどう考えるべきか?”などがあります。下記は不妊の霊が打ち壊された時の聖書的な例えです。


1)平安、自信、喜び:ハンナは心を痛め、主を求めました。しかし、「エリは答えて言った。「安心して行きなさい。イスラエルの神が、あなたの願ったその願いをかなえてくださるように。」(第一サムエル記1章17~18節)」と言ったときに、彼女は泣くのを止め、平安と自信を持って前進しました。一年後、サムエルが生まれました。中には長く主の前で泣き求めた人もいます。あなたは3週間毎日30分祈ることで主に従いました。これから平安と自信を持って前進し、主があなたの願いを叶えることを期待してください。


2)消極的なことを言うより、口が利けなくなった方がいい:ザカリヤは妻エリサベツの不妊が治るという御使いからのメッセージを信じることが出来なかったのです。(ルカの福音書1章5~25節)エリサベツの不妊が癒される約束が成就するために(神の計画のカギとなったバプテスマのヨハネを生むために)、神はザカリヤの口を閉じ、消極的なことを言えないようにしました。私たちの同じように気を付ける必要があります。不信仰になったり、不妊の霊が打ち壊されていないという恐れがあることは無理のないことです。ただそれを言葉にしないでください。ザカリヤと同じように口が利けなくなった方がましです。神はあなたの約束が成就されることを必要としています。ですから、神の計画を止める消極的なことを言うことをやめましょう。


3)肯定的に話しましょう:神がアブラハムとサラに1年以内に子供が生まれると話したとき、彼らはすでに24年間子供が与えられるのを待っていました。最初は名前を変えるように指示されました。アブラムはアブラハム(国々の父親)と名前を変え、サライはサラ(国々の母)と名前を変えました(創世記17章)。24年間不妊の状況が続いたにも関わらず、彼らは名前を変えました。彼らは名前を呼び合う度にお互いから国々が生まれることを宣言していました。


神は私たちに名前を変えるように指示しませんでしたが、3週間毎日30分異言で祈るよう導きました。私たちは従いました。これからの事は全て主に委ねます。成就するまでは宣言し続けてください。口を閉じることなく、「主よ、感謝します。私はあなたを信頼します。あんたに従います。すべてをあなたに委ねます。」と宣言してください。私たちの言葉で神の良さを宣言すると、私たちの心が反応し、信仰が立ち上がります。


4)神の方法を解読しようとしないでください。これは神の契約です。神が必ず応えます:エリシャはエリコの水を癒したとき、預言的な働きをしました。(第二列王記2章19~22節)彼は下記の預言と同時に「主はこう仰せられる。『わたしはこの水をいやした。ここからは、もう、死も流産も起こらない。』(第二列王記2章21節)」新しい皿に盛った塩を水に投げ入れる預言的な働きをしました。塩は神と私たちの契約の象徴です。神が私たちを選びました。彼が私たちの面倒を見ると言いました。私たちを実り豊かな者となるため必要な奇跡を行うと約束しました。エリシャは塩を投げ、契約を守る神を信頼しました。


私たちはどうでしょうか?私たちは主に従います。不妊の霊が打ち壊されるために祈り、宣言しました。預言もしました。私たちの預言的な働きは3週間異言で祈ることでした。私たちはやるべきことをしました。後は主の内に休むだけです。主が奇跡を行い、命を与えます。それが彼の契約です!


ヤーン・アライブ


活動の仕方は変わりましたが、無事活動を再開することが出来ました。引き続きこの素晴らしいミニストリーに好意があるようにお祈りをお願いします。


引き続きヤーン・アライブを経済的に支援をしたい方は、yarnalive@gmail.comにメールまたはwww.yarnalive.com/donationにアクセスしてください。



ILSOM Catch The Fireのトレーニング・スクール:オンライン参加が可能になりましたので、ご登録ください。


ILSOMをオンラインで参加できるようにしました。オンラインでの登録が必要になります。

日程:9月19〜22日

下記のウェブサイトでオンライン参加の登録ができます。登録が早ければ早いほどお得です!


https://www.ctfjapan.com/events-1/ilsom-online-irusomu-onrain


お祈りを感謝します。


ロン&テディー・サーカ


榮撒卡使徒事工週報

2020年7月8日; 5780年搭模斯月16日

www.rwsministries.com