top of page

Iyar: Blessings for the Hebrew Month

Updated: Apr 12, 2021

Blessings for the Hebrew Month of Iyar


Iyar—The Second Month of the Hebrew Year 5781 April 13–May 11, 2021; Counting the Omer (Days 16–44)


A Time of Words: Understanding the Importance of What We Say


1. The Issachar month. See 1 Chronicles 12:32, which states, “The sons of Issachar who had understanding of the times, to know what Israel ought to do.” Compare this with Ephesians 5:15–17 which enjoins us to understand our times. This enables us to keep moving ahead, instead of just passing time. Redeeming the time actually means that lost opportunities and chances begin to get restored. It also means that the fulfillment of God’s plans and promises begin to come quicker. In a sense, our future starts coming toward us instead of being “far off.” God wants us to see each day, week, and month as a fresh cycle of new things He wants to bring into our lives and bless us with. Two important things to consider are as follows:

  • Be sure to be thankful. Being thankful and speaking it out allows the Lord to propel us ahead.

  • Look ahead to Pentecost and the power, provision, and revelation the Lord wants to give us. Paul looked forward to Pentecost (Acts 20:16). So can we. One way to do this is by “counting the omer,” or making note each of the forty-nine days from Passover to Pentecost/Shavuot (May 17–18). The omer count started Sunday, March 28 (Nissan 15) and continues to Sunday, May 16 (Sivan 5).

2. The month of radiance, where light increases (it’s spring and the days are getting longer). Just as natural light increases, see that God wants to give you more revelation about yourself and your circumstances. Whenever you feel darkness trying to overtake you, say “no” to it. Instead, declare an increase in revelation. Isaiah 60:1 says the glory of the Lord will radiate off of us. Look at yourself as being radiant with the glory of God this month. Don’t be surprised if someone comments that you are “shining.”


3. The month linked with natural healing. We should expect that God will heal some through natural means. Exodus 15:26 states, “I am God, your healer [Jehovah Rapha].”


4. A month where you will see your snares. One of the main snares is murmuring and complaining. God gave the promise of healing just after they murmured. The connection is clear. Murmuring and complaining open one up to physical and spiritual sickness. Especially now God is calling all of us to correctly regard our words. Consider the following:

  • Remember our words have powerful impact for good or for evil. “A good man out of the good treasure of his heart brings forth good things, and an evil man out of the evil treasure brings forth evil things. But I say to you that for every idle word men may speak, they will give account of it in the day of judgment” (Matt. 12:35–36).

  • “Do all things without complaining and disputing” (Phil. 2:14).

  • “Let your speech always be with grace, seasoned with salt” (Col. 4:6).

  • Above all, be thankful. It releases the power of God to work in that situation.

5. The month of the Hebrew letter “vav[ו]. This is a month that links the Month of Redemption and the Month of Giving. (If you move correctly during this month, the rest of the year connects properly.) Your prosperity is linked with this month. Definitely ask the Lord for what gift you should bring him. Remember, each of the three feasts is a time of special giving. We read, “Three times a year all your males shall appear before the Lord your God in the place which He chooses: at the Feast of Unleavened Bread, at the Feast of Weeks, and at the Feast of Tabernacles; and they shall not appear before the Lord empty-handed” (Deut. 16:16).


6. The month of the constellation of Taurus, the bull. Look and observe introspectively to find a place of improvement so that strength manifests. Don’t get discouraged and stop when you discover weaknesses. Remember the Lord has made you strong like the bull/ox and you can keep moving ahead. The gospel of Mark is symbolized by the ox, and it emphasizes Jesus as servant. One of the easiest ways to keep moving ahead is by continuing to serve.


7. A month to deal with your soul (mind, will, and emotions). Make sure these three things—mind, will, and emotions—are aligned with God. One way of keeping them aligned is through our speech. Be careful to use words that release grace (Eph. 4:29).


8. A month to understand secrets (Issachar). Thank God that He will show you keys of healing, keys of advancement, and keys to handle complicated situations. Also remember that “the secret of the Lord is with those who fear Him (or He confides in those who fear Him)” (Ps. 25:14).


9. The month of thought. God permeates the mind (the thinking process of the heart). If our emotions are wrong, we will not be able to think clearly. God will send healing as we choose not to murmur and complain. We will find Him putting His thoughts into our minds.


10. A month of spiritual advice. We need to be prophetic during this time. If we don’t exercise our gifts, somebody else will. Prophesy regularly this month.


11. The month of the right kidney and conscience (will and thought). Kidneys are linked with emotions, thought processes, and adrenaline processing. Fear affects the kidneys. God starts dealing with our consciences. The conscience is a window between spirit and soul. A clean conscience helps us with revelation. “I thank God, whom I serve with a pure conscience, as my forefathers did, as without ceasing I remember you in my prayers night and day” (2 Tim. 1:3). A clean conscience helps us with revelation. We are cleansed by the blood of Jesus. “How much more shall the blood of Christ, who through the eternal Spirit offered Himself without spot to God, cleanse your conscience from dead works to serve the living God?” (Heb. 9:14). Let’s let this month be a time of much healing of kidney problems.


(Note: The source material comes from my 2006 notes taken from a series of lectures [on CD] given by Chuck Pierce [Glory of Zion]. I highly recommend his website for more materials and more in-depth explanations. –Ron Sawka)


--


イヤルの月:ヘブル年5781年 第2月

2021年4月13日〜5月11日 (オメル16〜44日)

言葉の時:私たちが話す言葉の重要性を知る


1) イッサカルの月です。I歴代誌12:32を見ましょう。「イッサカル族から、時を悟り、イスラエルが何をなすべきかを知っている彼らのかしら二百人。彼らの同胞は皆、彼らの命令に従った。」エペソ5:15-17と比較してみてください。ここで、時について理解するように命じれらています。それによって、私たちはただ時間を過ごしていくだけではなく、前進し続けることができるようになります。「機会を十分に生かして用いなさい」は、過去に失った機会やチャンスが取り戻されるということです。また、神の計画と約束の成就がより早く来るようになるということも意味します。ある意味、”遠くにあった”私たちの将来が私たちの方へ近づいてくる感じです。神は、私たちが一日一日を、また週、月を神が祝福したいと願っておられる新しいサイクルとして見るようになって欲しいのです。下記の二つの大事なことを考慮すべきです。

・感謝することを忘れないでください。感謝し、それを宣言することによって、主は私たちを前に押し出します。

・ペンテコステと主が私たちに与えようとしている力、備え、啓示を思いめぐらして下さい。パウロはペンテコステを思いめぐらしました(使徒の働き20章16節)。私たちも同じように出来ます。一つの方法としては”オメルの日数を数えたり”、または 過越しからペンテコステ(5月17~18日)までの49日間を意識することです。オメルを数えることは3月28日(ニサン15日)から開始し、5月16日(シヴァン5日)まで続きます。


2)輝きの月です。光が増し加わる時です。(春には日が長くなります)自然界の光が増すのと同時に、神はあなたが自分とその状況についてさらに啓示を得るようにと願っておられます。暗闇があなたを覆おうするとき、今月あなたは暗闇に対し、”no”と言います。啓示が増加することを宣言しましょう。イザヤ60:1は、主の栄光が私たちから光り輝くと言っています。今月、神の栄光で輝いている者として自分を見るようにしましょう。誰かからあなたが「輝いている」と言われても驚かないでください。


3)自然な癒しと関連する月です。神が何かを自然に癒してくださることを期待しましょう。「私は主、あなたをいやす者である。(エホバラファ)」出エジプト15:26



4)あなたの罠を見る月です。一番の罠はつぶやきや文句です。この約束は、民がつぶやいた時に語られたことに注目してください。このことが関連していることは明らかです。つぶやきと文句は肉体的霊的病気に対する扉を開いてしまいます。主は私たちの言葉を直すよう示しています。下記を考慮してください。

・私たちの言葉は良いものと悪いものを影響する力があります。「良い人は、良い倉から良い物を取り出し、悪い人は、悪い倉から悪い物を取り出すものです。わたしはあなたがたに、こう言いましょう。人はその口にするあらゆるむだなことばについて、さばきの日には言い開きをしなければなりません。(マタイ12章35~36節)」

・「すべてのことを、つぶやかず、疑わずに行いなさい。(ピリピ2章14節)」

・「あなたがたのことばが、いつも親切で、塩味のきいたものであるようにしなさい。そうすれば、ひとりひとりに対する答え方がわかります。(コロサイ4章6節)」

・何よりも、感謝しなさい。感謝することによって、神の力を解き放ちます。



5)ヘブル文字の”vav” [ו]の月です。今月は、贖いの月と捧げ物の月をリンクする月です。(今月中に正しく行動するなら、今年の残りの時間も正しくコネクトしていきます。)あなたの繁栄も今月に関連しています。はっきりと、主に何を捧げてほしいか尋ねてください。忘れないでください、3つの祭りは特別に捧げる時です。聖書にはこう書かれています。「あなたのうちの男子はみな、年に三度、種を入れないパンの祭り、七週の祭り、仮庵の祭りのときに、あなたの神、主の選ぶ場所で、御前に出なければならない。主の前には、何も持たずに出てはならない。(申命記16章16節)」



6)牡牛座、雄牛の月です。(これは、確かに星座の一つです。しかし、忘れてはならないのは、オカルトの霊は、本物を真似たり偽造したりすることしかできないということです。「天は神の栄光を語り告げ…」詩篇19:1)内側を吟味して、どこか改善できる所はないか見つけ、強さが表れるようにしましょう。そして、動き続けましょう。雄牛のようにです。主に依り頼んで前進し続けましょう。マルコの福音書は雄牛に象徴しており、しもべとしてのイエスを強調しています。ですから、仕えることで動き続けましょう。

7)魂を取り扱う月です。(思い、意志、感情)この三つが神と同意しているようにしましょう。否定的な感情が残らないようにしましょう。同意するための1つの方法は、言葉を使うことです。恵みを解き放つ言葉を語れるように注意しましょう。(エペソ4:29)

8)奥義を理解する月です。(イッサカル)今年、どのように新しいことをしていくか神があなたに見せてくださることを感謝しましょう。また、「主はご自身を恐れる者と親しくされ、ご自身の契約を彼らにお知らせになる。」(詩篇25:14)ことを覚えてください。

9)思考の月です。神は思いに浸透してくださいます。私たちの感情が正しくないと、はっきりと考えることができなくなります。私たちがつぶやかないことを選ぶとき、神は癒しを与えてくださいます。神がご自身の考えを私たちの思いに入れてくださいます。

10)霊的アドバイスの月です。この時期、私たちは預言的であることが必要です。賜物を用いないなら、他の人がそうします。今月、定期的に預言しましょう。

11)右の腎臓と良心の月です。(意志と思考)腎臓は、感情や思考プロセス、アドレナリンの分泌と繋がっています。恐れは腎臓に影響します。神は、私たちの良心を取り扱い始めてくださいます。清い良心は私たちが啓示を受け取り理解しやすくします。イエスの血潮は私たちのうちに流れ、私たちのDNAにまで清めをもたらします。今月、腎臓に関する癒しを多く見ていきますように。


--


猶太曆以珥月的祝福


以珥月---猶太曆5781年第二個月 4月13日-5月11日,數算俄梅珥(16-44天)


話語的月份:了解我們的話語的重要性