Blessings for the Hebrew Month of Av

Av—The Fifth Month of the Hebrew Year 5780 July 22–August 20, 2020


More Than Just Shining—It’s Time to Roar!


1. It’s the month of the constellation of the lion, and therefore also the month the lion roars. The Lord, the Lion of Judah, is roaring for us (Joel 3:16) [1]. We must also “roar” in faith. Our roaring/praise becomes a covering of the Lord, and God begins to unlock things for us. Let this be a month of joyful, powerful praise. When He roars, it’s because He wants His voice to be heard. Things will shake. He will be our stronghold. I suggest you do the prophetic act of “roaring” (quietly is okay, of course) over your family, home, and business.


2. The month of the constellation of the lion. Psalm 19:1 states, “The heavens declare the glory of God.” Also, the divine will of the Father is being executed. He begins to execute and carry out things based on what we have responded and committed to.


3. The month of Simeon, which means “to hear; to be concerned.” We want to be concerned that we are able to continue moving ahead. Simeon messed up, just like Reuben (the previous month) who was unstable. He was called an “instrument of cruelty” (Gen. 49:5). Also, there seemed to be instability, perhaps from his mother, Leah, who felt that bearing him would earn her husband’s love (see Gen. 29:31–33) [2]. We are grafted into the great inheritance God has for us. However, when there is instability in our bloodline (as was the case with Simeon—and as is the case with most of us), we need to develop spiritual discipline, as demons will try to convince you to align and agree with them. They understand how to use our iniquitous patterns to pull us backwards. God wants us to walk with Him and the angelic army. The devil tries to make us go at it alone, which greatly reduces our effectiveness. When we agree with Satan’s iniquitous plan, it gets rooted in us. Pray, “Lord, I am not unstable; neither will I mess up like Simeon—who chose revenge/unforgiveness, as well as going at it alone. I ask for spiritual discipline to not agree with demons about myself. Rather, I choose to believe You, Lord, and what You say about me. I want Your patterns to be rooted in me. This month in particular, weed out the tendency to ‘do it by myself’ instead of walking with You and the people You’ve provided.”


4. The month that you decide on what you have heard. You need to make a decision. “Will I just hear what God has told me, or will I actually do it?” Be sure to meditate on what God is telling you so that it is integrated in you (1 Tim. 4:14) [3].


5. Av is called the “low-point month.” Historically, bad things have happened to Israel on the 9th of Av. A few examples follow. First, Av 8 (July 29) is when the ten spies gave a negative report, and Av 9 is when the people cried out and decided not to enter the Promised Land. Second, the first temple was destroyed by the Babylonians on Av 9 in 423 B.C. Third, the Romans destroyed the second temple on Av 9 in 69 A.D. Fourth, the Jews were ordered out of England on this date in 1290. Fifth, the Jews were expelled from Spain in 1492 on this same day. Sixth, even the Holocaust is connected in that the stage and conditions for WW2 were set in motion by WW1, which started when Germany declared war on Russia in 1914 on the 9th of Av.

The point isn’t to be fearful about this date (because Paul told us not to regard one day above another [Col. 2:16]) [4], but that we should take it as a reminder to be on guard as watchmen on the wall (Isa. 62:6) [5] Peter told us, “Be sober, be vigilant; because your adversary the devil walks about like a roaring lion, seeking whom he may devour” (1 Pet. 5:8).


6. Av is also known as the “high-point month” because of Av 15 (August 5), which is the day when the last Israelite of the old generation died in the wilderness. Thus, Israel was once again poised to enter the Promised Land. We need to make the right shifts (keep your heart and mind focused on the Lord and His promises); you will move into what God has for you. Say, “Yes, Lord, circumstances are all set for me to enter the next stage of what You have for me.”


7. The month of the Hebrew letter tet [ט], which resembles a womb. Certain good things will be birthed. Tet has a numerical value of nine and represents goodness.


8. The month where God destroys so that He can reconstruct. Ask the Lord to destroy the old foundations and structures that are hindering you and the moves of God from advancing.


9. The month where the earth begins to contract. Watch for earthquakes. The secret of the pregnancy begins to move into the earth realm. When you hear of earthquakes, know that God is getting ready to birth something.


10. The month that means “there is an iniquity.” However, we do not need to not let it continue. You change for the better, or you will gradually get worse. Pray, “Lord, show me my iniquities so that they can be uprooted.” Declare, “Lord, I am changing for the better. Thank you that by the Holy Spirit I can change.”


11. The month where the kingdom advances through partnership. Be very aware of your partnerships. Watch them. This is more than just connections. Be supportive of the partnerships God has given you.


12. The month of predestined connections. This means that God has connections preordained for you that will manifest and will really help you to move ahead. As we align ourselves with those whom God brings, then we will also be in alignment with the angels, and our way will be easier.


13. The month of the left kidney. Develop a new level of discernment, or you will unwittingly oppose God’s counsel and advice. Note Psalm 32. He takes hold of the reins (of our kidneys). There should be no resisting to the leading of the Holy Spirit. Again, I recommend meditating on what God has spoken or shown. As we do so, we will see an increase of His wisdom in us, as well as an increase in discernment.


(This material comes from my 2006 notes taken from a series of lectures [on CD] given by Chuck Pierce [Glory of Zion]. I highly recommend his website for more materials and more in-depth explanations. —Ron Sawka)


--

References

[1] “The Lord roars from Zion” (Joel 3:16).


[2] “When the Lord saw that Leah was unloved, he enabled her to become pregnant while Rachel remained childless. So Leah became pregnant and gave birth to a son. She named him Reuben, for she said, ‘The Lord has looked with pity on my oppressed condition. Surely my husband will love me now.’ She became pregnant again and had another son. She said, ‘Because the Lord heard that I was unloved, he gave me this one too.’ So she named him Simeon” (Gen. 29:31–33).


[3] “Do not neglect the gift that is in you, which was given to you by prophecy with the laying on of the hands of the eldership” (1 Tim. 4:14).


[4] “Therefore do not let anyone judge you with respect to food or drink, or in the matter of a feast, new moon, or Sabbath days” (Col. 2:16).


[5] “I post watchmen on your walls, O Jerusalem; they should keep praying all day and all night. You who pray to the Lord, don’t be silent!” (Isa. 62:6).



ヘブルの月の祝福:聖書暦5780年アヴの月

アヴの月:2020年7月22日~8月20日


輝くだけではなく、吠える時だ!


1) 今月は獅子座の月です。獅子の吠える月です。ユダの獅子が私たちのために吠え声を上げておられます。 (ヨエル3:16) 私たちは信仰を持って「吠え」なければなりません。私たちの吠え声/賛美が主の覆いとなります。そして、神が私たちのために物事の鍵を開いてくださいます。この月を喜びと力に満ちた賛美の月としましょう。主が吠えておられるのは、声を聞かせたいからです。物事が揺り動かされます。主が私たちの砦です。ぜひ預言的な行動として家族や家庭、ビジネスに関して”吠える”こと(静かに行っても良いでしょう)をしましょう。


2) 獅子座の月。詩篇19:1には、天が神の栄光を語り告げると記されています。また、父なる神の御心が執行されます。私たちがどのように応答したかということに従って、神が物事を執行し、成し遂げ始めます。


3) シメオンの月。シメオンとは、「聞く、気遣う」という意味があります。自分が前進し続けることができるかどうかということに注意しましょう。シメオンは、不安定であったルベン(先月)のように、失敗してしまいました。彼は「暴虐の道具」と呼ばれました。(創世記49:5) シメオン自身にも、不安定さがありました。それは、シメオンを産むことによって、夫の愛を得ることができるかもしれないと願った母親のレアから受け継いだものかもしれません。 (創世記29:31–33参照)  私たちは、神が備えてくださっておられるすばらしい相続物に接ぎ合わされています。しかし、血統中に不安定さがある(シメオンのように―そして私たちのほとんどがそうですが)なら、霊的に自分を鍛えなければなりません。悪霊が、自分たちに同意させようとするからです。彼らは、私たちの咎のパターンを使って、私たちを後退させる方法を知っています。神は、私たちが主と共に、また、御使いたちの軍勢と共に歩むことを願っておられます。悪魔は、私たちが自分だけで、思いのままに歩むよう仕向けようとします。それによって、私たちの効率を大きく引き下げることができるからです。咎を利用する悪魔のパターンに同意してしまうなら、それが私たちの内側に根を張ってしまいます。次のように祈りましょう。「主よ、私は不安定な者ではありません。シメオンのように失敗したりはしません。(シメオンは復讐と赦さないことを選びました。そして、自分の思いに勝手に従って行動しました)悪霊たちと同意しないように、私を霊的に鍛えてください。むしろ、私はあなたと、あなたが私について語っておられることを選び取り、信じます。そして、あなたのパターンが私の内に根ざすことを求めます。今月、特に、あなたやあなたが備えてくださった人々と共に歩むよりも、『自分で勝手に行動してしまう』傾向を引き抜いてください。」


4) 耳にしたことに基づいて決断を下す月。決断を下さなければなりません。「神が語られたことを聞くだけの者で終わるのでしょうか?行う者であることができるでしょうか?」神が語っておられることを思い巡らし、それが、自分の内に浸透していくようにしましょう。(Iテモテ4:14)


5) アヴは”低いポイント”の月と呼ばれます。歴史的に見て、アブの月第9日には、イスラエルにとって良くない事が何度か起こっています。例えば次のような事柄です:①アヴ第8日には10人の斥候が否定的な報告をしました。アヴ第9日にイスラエルの民は嘆いて約束の地に入らないと決意しました。②紀元前423年に第一神殿がバビロンによって破壊されました。③第二神殿が紀元後69年にローマ帝国によって破壊されました。④1290年のこの日にユダヤ人がイギリスから追放されました。⑤1492年にはこの同じアヴ第9日にユダヤ人がスペインから追放されました。⑥ホロコーストも関連しています。第二次世界大戦につながる段階や状況が第一次世界大戦によって始動しました。その始まりは、1914年のアヴ第9日にドイツがロシアに宣戦布告したことにありました。


ポイントは、この日を恐れることではなく(パウロはある日を他の日よりも優れていると考えるべきではないと言っています)この日を覚えて城壁の上の見張り人であるべきだということです。(イザヤ62:6)ペテロは「身を慎み、目を覚ましていなさい。あなたがたの敵である悪魔が、ほえたける獅子のように、食い尽くすべきものを捜し求めながら、歩き回っています。」と言っています。(Iペテロ5:8)


6) アヴはアヴ第15日のゆえに”高いポイント”の月でもあります。この日にイスラエルの民の先の世代の最後の者たちが荒野で死にました。このことで、イスラエルは再び約束の地に入る者とされました。私たちは、正しいシフトをしなければなりません。(あなたの心と思いを主と主の約束にフォーカスさせてください。)神が用意したことのうちへ移行して行きます。 こう言いましょう。「主よ、その通りです。あなたが私のために用意してくださっている次の段階に入るための状況が整っています。」


7) ヘブル文字「テット (ט)」の月。この文字は、子宮のような形をしています。いくつかの良い物事が生み出されます。また、「テット」は数字の「9」を表しますが、それは、「良さ」を表すものです。


8) 再建のために、神が何かを壊す月。あなた自身や神の動きの前進を妨げている古い土台や構造を取り除いてくださるよう主に求めましょう。


9) 地が収縮し始める月。地震に注意を払いましょう。妊娠の奥義が地上にもたらされ始める月。地震について聞く時、神が何かを生み出そうとしておられるのだということを理解しましょう。


10) 「咎がある」ことを意味する月。しかし、それを持ち続ける必要はありません。 あなたは、良い方向に変えられるか、さもなければ、次第にバラバラに崩壊してしまうでしょう。次のように祈りましょう。「主よ、私の咎を示してください。引き抜くことができるようにです。」また、次のように宣言しましょう。「主よ、私は良い方向に変えられています。聖霊によって、私が変えられることを感謝します。」


11) パートナーシップによって、御国が前進する月。あなたに与えられているパートナーシップについて理解しましょう。注意深く見守りましょう。 それは、単なるつながり以上のものです。神が与えてくださったパートナーシップに気づき、それをサポートしましょう。


12) 神によってあらかじめ定められたつながりの月。つまり、神は、あらかじめ、私たちのためにつながりを備えてくださっておられます。それらのつながりがあらわされ、あなたの前進を助けます。神がもたらしてくださる人々とつなぎあわされる時、御使いたちともつなぎ合わされ、より歩みやすくなります。


13) 左の腎臓の月。新しいレベルの識別力を身につけましょう。そうでなければ、神からの忠告やアドバイスに、無意識に反対してしまうかもしれません。詩篇32篇を心に留めてください。主は支配しておられます。(私たちの腎臓をも)聖霊の導きに抗うことがないようにしましょう。主が語られたこと、示されたことを思い巡らしましょう。その時に、神の知恵が増し加えられ、見分ける力が更に鋭くなります。



これは、2006年のチャック・ピアス師(グローリー・オブ・ザイオン)による一連の講義からまとめたものです。更に深い説明に興味のある方は、グローリー・オブ・ザイオンのサイトをご覧ください。―ロナルド・サーカ


猶太曆埃波月的祝福

埃波月:猶太曆5780年第五個月

2020年7月22日-8月20日


不只要發光,現在是吼叫的時候!


1. 這是獅子星群的月份,因此也是獅吼的月份。猶大的獅子為我們吼叫(約珥書3:16),我

們也必須在信心裡“吼叫”。我們的吼叫/讚美成為從主來的遮蓋,祂要為我們開啟一些東

西。讓這個月成為喜樂、充滿大能讚美的月份。當祂吼叫的時候,是因為祂要祂的聲音被

聽到,事情就會被震動,祂將成為我們的堅固台。我建議你對你的家人、你的家、職場等

等做「吼叫」的先知性動作(當然小聲的吼叫也沒問題的)。


2. 獅子星群的月份。詩篇19:2說:「諸天述說神的榮耀」,同樣的,父神屬天的旨意將要

展現,祂開始執行並展開祂的計劃是基於我們對事情的回應與委身。


3. 西緬的月份:意思是“傾聽和留意”。我們必須要留意,使我們可以繼續前進。西緬失敗

了,他像流便一樣不穩定(上個月),他被稱為“殘忍的器具”(創49:5)。他的不穩定可能來自

他的母親利亞,因為利亞覺得生了這個兒子就可以贏得丈夫的愛(創29:31-33)。我們被接

上進入神厚賜的產業中,但是如果血脈裡有不穩定的因素(像西緬一樣,我們多數都有) ,

我們就必須發展屬靈的紀律,因為魔鬼會試圖說服我們與牠們一起同流合污,牠們知道如

何使用我們的罪性拖垮我們。神要我們與祂和天使的軍隊同行,但撒旦企圖使我們單打獨

鬥,來大大降低我們的果效。如果我們同意撒旦的惡計,它就會深植在我們裡面。禱告

:「主啊,我既非不穩定,也不會失敗如西緬,他選擇了報復/不饒恕和單打獨鬥。我祈

求屬靈的紀律,不同意魔鬼對我的成見,我選擇相信祢以及祢對我的定義,我要祢的樣式

深植我心,特別在這個月,我祈求祢拔除我生命中所有“單靠自己”的傾向,而是要與祢和

祢所連結的百姓同行。


4. 這個月是根據你聽到的話語作決定的月份。你需要做決定:「神告訴我的話語,我只是

聽聽,或是確實去做?」要確實默想神給你的話語,使其深植你心(提前4:14)。


5. 埃波月被稱為“低點的月份”。歷史上,以色列很多不好的事情都發生在埃波月9日。例

如:(1)埃波月八日(7月29日),十個探子帶回負面的報告,埃波月九日百姓就哭喊並決定

放棄進入應許之地;(2)第一聖殿在主前423年埃波月9日被毀於巴比倫人;(3)第二聖殿於

主後69年埃波月9日毀於羅馬人;(4)西元1290年這一天,猶太人被勒令從英格蘭驅逐出境

;(5)西元1492 年同一天猶太人從西班牙被驅逐;(6)甚至大屠殺也與那階段的歷史背景有

關,因為第二次世界大戰其實是由第一次世界大戰埋下的伏筆,而一戰起初德國於1914年

向俄羅斯宣戰的日子正是埃波月9日。

這個重點不是要我們害怕這個日子(因為保羅告訴我們說不要在日期的問題上讓人論斷我

們—西2:16),但是我們應該要警醒,像守望者在城牆上守衛(賽62:6)。彼得也告訴我們


:「務要謹守,警醒。因為你們的仇敵魔鬼,如同吼叫的獅子,遍地遊行,尋找可吞喫的

人。」(彼前5:8)。


6. 埃波月也被稱為“高點的月份”,因為在埃波月15日(8月5日),曠野中上一代最後的以色

列人死去,因此以色列人可以再一次蓄勢待發進入應許之地。我們需要做出正確的轉變(

讓你的心思意念都專注在主和祂的應許上),你將會進入神給你的命定。要說:「是的,

主,所有的環境都為我準備好,要進入祢為我預備的下一個階段。」


7. 希伯來字母TET (ט)的月份。這個字形狀像子宮,一些好的事情將會誕生。Tet這個字母

是9的數字,意指良善。


8. 神拆毀為要重建的月份。求主拆毀那些阻礙你,和攔阻神的作為前進的舊根基和架構。


9. 這是地開始陣痛的月份。要注意地震,孕育的奧秘開始進入大地領域,當你看到地震,

就知道神要開始準備生出東西。


10. 這個月意指“有罪惡的存在”,但是我們不需要讓它繼續下去。你要變得更好,以致不

會漸漸變壞。禱告:「主啊,求你顯明我一切的罪惡,使它們被連根拔除。」,並宣告

:「主啊!我正在蛻變得更好,謝謝祢,靠著聖靈我可以改變。」


11. 神的國度透過夥伴合作的關係向前推進的月份。要非常清楚你連結的夥伴,要關注他

們;不只是連結,要和神給你的夥伴彼此扶持。


12. 預定連結的月份。意指上帝已經為你預定了一些連結,這些連結將會彰顯並幫助你前

進。當我們連結於神安排的人,我們也將會與天使連結,我們的道路會容易的多。


13. 左腎的月份。要發展新層次的辨別力,不然你會無意間抵擋了神的引領和忠告。注意

詩篇32篇,祂統管萬有﹙我們的腎臟﹚,不應該有任何抗拒聖靈引導的事。我再次建議要

默想神已給我們的話語和啟示,當我們如此行,我們會發現神的智慧和分辨力在我們裡面

與日俱增。


(本文主要內容來自於[Glory of Zion]的洽克皮爾斯2006一系列的教導) [CD] ,我極力推薦

你們去這個網站擷取更多的資訊以及更詳細的說明—Ron Sawka榮撒卡使徒)


75 views