2021/3/31 Passover—A Whole Week of Celebration

Ron Sawka Ministries

March 31, 2021; Nissan 18, 5781

www.rwsministries.com


“These are the Lord’s appointed times, holy assemblies, which you must proclaim at their appointed time. … Then on the fifteenth day of the same month will be the Feast of Unleavened Bread to the Lord; seven days you must eat unleavened bread” (Lev 23:4, 6, NET, emphases added).


“I am the living bread which came down from heaven. If anyone eat of this bread, he will live forever” (John 6:51, NKJV).


A Fire Spreading Throughout the Nations

(Receiving the Fire Online Conference Report Continued)


I am sorry there hasn’t been time to give a full report of this online conference. I can say that the number of viewers was huge—far beyond anything we’ve had before. It was translated live into Chinese, Japanese, Korean, Russian, Singhalese, and Tamil. One of the prophets said it this way, “I saw the event as a match striking a flame on dry kindling that will burst into a raging fire that will spread throughout the nations.” I truly believe that is why the Lord asked us to do that conference, and that the fire is spreading.


I am thankful for the testimonies. Some have written in that they were physically healed when the fire was imparted and released. Others told us they could feel the fire of God beginning to burn in them. Thank you, Lord.


You can watch the conference on my Facebook page here.


Passover—A Whole Week of Celebration


It struck me the other day just how wise the Lord is. He called for a whole week of celebration after Passover. Passover itself is a very solemn affair. Every year they were reminded of slaying the lamb, painting its blood on the doorposts, judgment passing over them, and being set free from slavery and bondage.


But the day after Passover started a weeklong celebration, the Feast of Unleavened Bread. They were to have no leaven in their homes for one week. Leaven in the Bible often symbolizes sin, pride, and self-effort (as opposed to trusting in the Lord). Just as they had to get rid of all leaven, we understand that we should ask the Holy Spirit to point out and help us remove any “leaven” in our lives.


We must not, however, forget the positive side to all of this. We have to remember it was a feast—a joyful celebration. And because it is God’s “appointed time,” we are to expect special times of refreshing and blessing because of His presence with us.


Let’ s also think about “eating,” because of course a feast involves food. The spiritual food the Lord has for us is Jesus Himself, who is the bread of life. He said, “I am the living bread which came down from heaven. If anyone eat of this bread, he will live forever” (John 6:51). And Paul said, “Therefore let us keep the feast … with the unleavened bread of sincerity and truth (1 Cor. 5:8).


This means that whenever I meditate on and thank the Lord for what He has done for me, I am actually partaking of Him—the unleavened bread that He is for me. As I thank and praise Him, I can expect that He is working His sincerity and truth into me. It’s one thing to be sure to get rid of wrong things in our lives. But it’s quite another to fill yourself with Jesus, the bread of life (John 6:48–51).


How do we partake of this bread of life? By believing and thanking Jesus for what He has done for us. Particularly at this time we should thank Him for and meditate on what He provided and does provide at Passover. Here is a partial list of Passover blessings to meditate on:


1. Salvation—Because of the blood of the lamb, death and judgement “passed over.” We are saved by the blood of Jesus. Judgment and death pass over us.


2. Deliverance and healing—The Israelites were delivered from slavery. We are to know we have been—and can be—set free from all bondages.


3. Victory over Satan—The power of Pharaoh was broken. Likewise, Satan’s power over us has been broken.


4. Triumph—He brought them out with a high hand (Num. 33:3). Be sure to walk in an attitude of joy and triumph.


5. God’s presence—God Himself led them as a pillar of cloud/fire. Know that His presence is with us.


6. Riches—They plundered the Egyptians of gold and silver (Exod. 12:35). Be sure to ask for and expect increase.


7. Quick results—They had to leave hastily—that same night. We honor the Lord by being ready for miracles now.


Thanks for praying. Be blessed.


Ron and Teddy


Hearing the Voice of God—Online Prophetic Training


As part of our efforts to operate as an online apostolic center, we are offering this course from April. Details regarding this six-part seminar on how to hear and release the voice of God are here.


Judah Goes First—Let This Be a Month of Extra Praise

Nissan: The first month of the Hebrew Year, March 14–April 12


When God decided to set Israel free from Egypt, He told them to start numbering their months (Exod. 12:2), which helps us understand why the Lord wants us to pay attention to each month. He wants us to experience more deliverance, become increasingly free, and grow in Him. Nissan is also connected with the tribe of Judah, which means “praise.” Let this be a month of extra praise as we follow the Lord into all He has for us. (Blessings for the month of Nissan may be found here.)


Online Apostolic Center


Below is a list and times (Japan Standard Time) of public meetings you can connect with via Ron’s public Facebook page.


  • Sunday, April 4, 11:15, “Resurrection: The Power of Jesus That Breaks Curses and Death,” Covenant Victory Ministries Facebook page, English/Japanese

  • Sunday, April 4, 8:30–9:30 p.m. English/Chinese

  • Every Tues., 8:30–10 p.m., Apostolic Center Training (English/Chinese) Registration required.

  • Every Friday 7:00–8:00 p.m. English/Russian

  • Mon.–Fri., 6:00–6:45 a.m., Morning Prophetic Prayer (English/Japanese)


No MPP on the following days:

  • April 1–2 (Thurs.–Fri.), scheduled monthly break


Those who have special needs for ministry can contact us at: info@rwsministries.com or info@mppjapan.com.


You can join the live broadcast via Facebook (Ron’s public page), or can access the other channels to view the recording at your convenience:


MPP Japanese Facebook

MPP YouTube


Giving to Ron Sawka Ministries


1. Thank you so much for your giving, which plays such a vital role in helping us to do what the Lord has assigned to us. No matter what amount the Lord puts on your heart, we are so very, very thankful.


2. You may also feel led to become an Apostolic Fund Supporter (AFS) by pledging to give $1,200 (US) or its equivalent for the year.


Yes, I Commit to Being an Apostolic Fund Supporter for 2021


Name:

Number of pledges:

Family members you want prayer for:

Nation:

Email:

Also please be sure to attach a recent photo of you and your family (if applicable).


Please send us this information with the subject line “2021 Apostolic Fund Supporter.”


Bank Info and Online Giving (From Any Nation)


You can give online by credit card or debit card at https://give.mogiv.com/app/giving/rwsministries.


In addition to online/credit card giving which can be used from any nation, you may give via the following:


Japan

Japan Apostolic Fund Supporters should give directly to CTF Japan.


Direct Bank Transfers from Overseas

Account name/number: Ronald W. Sawka 93642377

Bank name: SMBC Trust Bank

Address: Nishi Shimbashi Square 1-3-1 Nishi Shimbashi, Minato Ku, Tokyo Japan 105-0003

SWIFT code: SMTC JPJT

Intermediate bank name and SWIFT code: Sumitomo Mitsubishi Bank Corp. SMBC JPJT


USA

CTF World USA, 2304 Page Rd, Durham, NC 27703. Please make out the check to CTF World. Be sure to clearly designate “For Ron Sawka Ministries.”


Singapore

POSBank 149-42129-7 (account name Ronald W. Sawka)


Taiwan

Bank: China Trust

Account Name: Ronald Wade Sawka

Account Number: 42854 0413470


Korea

KEB Bank 172-18-47989-8 Ronald Wade Sawka

KEB HANA BANK 249-890619-84307 Ronald Wade Sawka


Canada

Since we do not have a Canada office, we suggest you use the credit card option https://give.mogiv.com/app/giving/rwsministries. (Unfortunately, the receipt is not tax deductible for Canada.)


Thank you for your giving!


--


ロン・サーカ・ミニストリーズ

2021年3月31日 

聖書暦5781年ニサンの月18日

www.rwsministries.com


「あなたがたが定期に召集しなければならない聖なる会合、すなわち主の例祭は次のとおりである・・・この月の十五日は、主の、種を入れないパンの祭りである。七日間、あなたがたは種を入れないパンを食べなければならない。」(レビ記23章4、6節)


「わたしは、天から下って来た生けるパンです。だれでもこのパンを食べるなら、永遠に生きます・・・」(ヨハネ6章51節)



国々に広がっている火

(3月20日、土曜日、午後7時半)


まだオンラインカンファレンスについて報告が出来なくてすみませんでした。今までのオンライン配信の中では一番多い視聴者の数でした。中国語、日本語、韓国語、ロシア語、シンハラ語、タミール語の通訳がありました。一人の預言者がこのように説明しました。「今回の集会は乾いた焚き付けにマッチを付けた様な感じでした。その火は荒れ狂う炎となり、国々に広がります。」この理由のために、主は私たちにこのカンファレンスを行うように導いたと思います。そして、今、その火は広がっています。


多くの証しに感謝しています。火が解き放たれた時、癒されたと証しした人もいます。他の人たちは神の火に燃やされた感覚があったと証ししています。主に感謝しています。


リリース・ザ・ファイヤー・カンファレンスはこちらで視聴することができます。




過越し:祝いの一週間


先日、神がどれほど賢いか、再度思わされました。神は過越しの後に、一週間祝うように指示をしました。過越し自体はとても厳粛な出来事でした。毎年イスラエルの民は羊を捧げ、門柱とかもいに血をつけたこと、裁きが通り越したこと、そしてエジプトの奴隷生活から解放されたことを思い起こしました。


過越しの次の日から一週間の祝い(種なしパンの祭り)がありました。イスラエルの民は、一週間家からパン種を一掃しました。パン種は聖書では、①罪、②プライド、③自己努力(主を信頼することなく)と例えられています。彼らが”パン種”を一掃したように、私たちは聖霊に私たちの内にある”パン種”を取り除くことを求めるべきです。


しかし、私たちは過越しのポジティブなところを忘れてはいけません。過越しは祝祭日でした。祝祭日は喜んで祝う日です。そして、神が”定めた時”なので、神の臨在からの特別な回復と祝福を期待すべきです。


”食べる”ことについて、考えましょう。全ての祝いには”食”が必ずあります。主が私たちに備えてくれた”食”は、主ご自身です。主が生きたパンです。「わたしは、天から下って来た生けるパンです。だれでもこのパンを食べるなら、永遠に生きます・・・(ヨハネ6章51節)。」パウロはこのように書きました。「ですから、私たちは、・・・純粋で真実なパンで、祭りをしようではありませんか(第一コリント5章8節)。」


つまり、私が主のなさったことを思いめぐらして感謝するときに、私は主を食べ、主は私のために真実な種なしパンとなります。私が主に感謝して賛美するときに、主の純粋さと真実が私の内に働くことを期待すべきです。私たちの内にある間違ったものを取り除くことも一つですが、イエス(いのちのパン)で自分を満たすことは特に素晴らしいことです(ヨハネの福音書6章48~51節)。


どうやって”いのちのパン”を食べることが出来るでしょうか?主がなさったことを信じ、感謝することです。特に今回は主が過越しの期間中に与えたものを感謝し、思いめぐらすべきです。下記は過越しの祝福のリストです。


1)救い:子羊の血潮により、死と裁きは過ぎ去りました。イエスの血潮により私たちは救われました。死と裁きは私たちから過ぎ去りました。


2)解放といやし:イスラエルの民は、奴隷生活から解放されました。私たちも同じく、全ての縛りから解放されることができます。


3)サタンに対し、勝利を得た:ファラオの力は打ち砕かれました。同じように、サタンが支配する力は打ち砕かれました。


4)勝利:イスラエルの民は臆することなくエジプトを出て行きました(民数記33章3節)。喜びと勝利の態度で歩むことを忘れないでください。


5)神の臨在:神はイスラエルの民を火の柱と雲の柱で導きました。神の臨在が私たちと共にあることを知ってください。


6)富:イスラエルの民はエジプトの金と銀を求めました(出エジプト記12章35節)。神に求め、増加することを期待してください。


7)迅速な結果:イスラエルの民はその日の夜に出ていく必要がありました。今、奇跡を期待することによって、主をほめます。


主の祝福がありますように!


ロン・サーカ


神の声を聞く:オンライン預言トレーニング


オンラインの使徒的センターを立ち上げる一貫として、4月から「神の声を聞く」オンラインコースを提供しています。コースの詳細はこちらで確認することができます。


ユダが最初:今月はより多く主を賛美しましょう!

聖書暦5682年へブルの月第1の月 (2021年3月14日~2021年4月12日)


神がイスラエルの民をエジプトから解放した時に、月を数えるよう指示しました(出エジプト記12章2節)。これを見ると、主は私たちのへブル暦に焦点を当ててほしいことが分かります。主は私たちに更に解放を体験し、主の内に成長できるように自由になって欲しいのです。ニサンの月は、ユダ部族に接点があります。ユダ部族は賛美の部族でした。今月はより多く主を賛美し、神が備えたすべてのことを体験しましょう!


ニサンの月の祝福はこちらで確認することができます。


オンライン使徒的センター

今週の配信スケジュール


コロナウィルスの影響で集会がオンライン化しています。下記の集会をフェイスブックで配信しますので、ご参加ください。


参加用リンクhttps://www.facebook.com/RonSawka

・4月4日(日)午前11時15分 復活:呪いと死を打ち破るイエスの力(英語、日本語)カベナントビクトリー沖縄のFBべージよりライブ配信

・4月4日(日)午後8時半(英語、中国語)

・毎週火曜日 午後8時半~10時 使徒的学校(英語、中国語)登録要。

詳細はこちらでご確認ください。

・毎週金曜日 午後7時~8時 (英語、ロシア語)

・MPP 月~金 午前6時~6時45分


MPP (Morning Prophetic Prayer=朝の預言的祈り会)


4月1、2日(木、金)MPPはお休みです。


MPPがさらに多くの未信者にリーチすることをお祈りください。彼らが神の力と愛に触れ、イエスに心を開くようお祈りください。


MPPは、神のみことばからの短いメッセージと、コアチームによる預言の言葉をシェアする時間です。MPPは通常は月曜日から金曜日の朝6時から6:45(日本時間)まで行っています。

MPPはフェイスブックかYouTubeより参加いただけます。


祈りのリクエストやミニストリーが必要な場合はこちら!



MPP英語フェイスブック: https://www.facebook.com/englishmpp/

MPP日本語フェイスブック:https://www.facebook.com/MPPJapanese-993039304051860/

MPPユーチューブ: www.youtube.com/mppjapan



ロン・サーカ・ミニストリーへの献金と使徒的ファンドサポート/ファイヤースターターの献金振込先


主が私たちに与えてくださっている任務を成し遂げるために、皆さんからの捧げ物が大きな助けとなっています。主が皆さんの心に語られるどんな金額も、心から感謝しています。続けて、今年中にこの働きのために捧げてくださる使徒的ファンドサポーター/ファイヤースターターを募集しています!すでに何人もの方々がこの形で捧げてくださっています。使徒的ファンドサポーター/ファイヤースターターとなるように導かれる方は、年間一口12万円の約束献金をしていただけます。ご登録は、CTF事務局までお願いします。

(email:info@ctfjapan.com、電話0283-24-6653)



献金振込先

ゆうちょ銀行: 029店当座0142537

口座名義: CTF Japan (シーティーエフジャパン)

口座記号番号: 00250-6-142537



使徒的ファンドサポーター/ファイヤースターターになることを検討してください:引き続き検討して頂きたいです。今年は更に多くのサポーターが集まると主に言われたと思っています。皆様のサポートが必要です。下記のフォーム又はここで申し込んでください。



2021使徒的ファンド/ファイヤースターター約束献金


氏名:

口数:

祈りが必要な家族:

国籍:

メール:


個人と家族の写真も添付してください。


「2021年度使徒的ファンドサポーター/ファイヤースターター」の件名で上記の情報を送信してください。


--


榮撒卡使徒事工週報

2021331日,5781年尼散月18

www.rwsministries.com

「耶和華的節期,就是你們到了日期要宣告為聖會的,乃是這些:……這月十五日,是向耶和華守的無酵節,你們要吃無酵餅七日。」(利23:4,6


「我是從天上降下來生命的糧;人若吃這糧,就必永遠活著。」(約6:51


烈火燃遍列國

(『釋放烈火』特會報告續)


很抱歉一直沒有時間向大家完整報告這次線上特會的情況。觀看人數非常多——遠超過以往我們任何聚會。特會訊息被即時翻譯成中文、日文、韓文、俄文、僧伽羅語和泰米爾語。其中一位先知這樣說:我看見這次聚會如同一根被點著的火柴引燃了乾燥的引火物,並將迸發成一場蔓延至列國的熊熊大火。我由衷相信這就是神讓我們舉行這場聚會的目的,烈火正在蔓延。


我們收到許多令人感恩的見證。有人寫信來說,他們的身體在分賜火的時刻得了醫治;也有人告訴我們,他們可以感覺到神的火開始在他們裡面燃燒。感謝主!


大家可以在我的臉書主頁收看特會視頻。


逾越節——為期一週的歡慶


幾天前,我為神的智慧深深讚嘆。祂詔告百姓在逾越節後舉行一週的歡慶活動,而逾越節本身是一個非常莊嚴肅穆的節日。每年百姓都被提醒,要宰羊、用羊血塗抹門楣門框,使審判越過他們,好讓他們從奴役和捆綁中得釋放。


但是逾越節後立即開始了為期一週的慶祝,即除酵節。一週之內,百姓的家中不得有任何酵。在聖經中,酵通常代表罪、驕傲和自我努力(而不是信靠神)。在以色列人除酵的過程中,我們也明白,應當祈求聖靈顯明我們生命中的“酵”,幫助我們除去。


不過,我們不能忘記這一切議程的積極作用。我們要記得,這是一個節期——節期是用來歡樂的。這是“神指定的約會時刻”,因著有神的同在,我們應當期待迎來更新與祝福的特別時刻。


我們也可以想想“吃”的主題,因為節日自然少不了食物。神為我們預備的屬靈食物是耶穌自己,祂是生命的糧。祂說:「我是從天上降下來生命的糧;人若吃這糧,就必永遠活著。」(約6:51)保羅也說,「所以我們守這節……只用誠實真正的無酵餅。」(林前5:8)。


這意味著,每當我默想神為我們所做的並感謝神,我就是在從祂領受無酵餅——耶穌為我們所成為的。每當我感謝祂、讚美祂,祂就會將祂的誠實與真理作成在我裡面。一方面,我們必須除去生命中錯誤的東西,但另一方面,我們更要被耶穌——生命的糧所充滿。(約6:48-51)


我們如何才能領受這生命的糧呢?就是透過相信和感謝耶穌,以及祂為我們所做的。尤其是在這個時刻,我們應當為著耶穌過去的供應,以及在每一個逾越節的供應來感謝祂,默想這一切事。以下是一個關於逾越節祝福的清單,可供大家在默想時參考:


1. 救贖——因為羔羊的血,死亡和審判“越過”了我們。我們得救是因著耶穌的寶血,使審判和死亡越過我們。


2. 釋放與醫治——以色列百姓從奴役中得解脫。我們必須明白,我們已經——並且能夠——從捆綁中得釋放。


3. 勝過撒旦——法老的勢力被擊垮。同樣,撒旦的權勢也對我們失效。


4. 得勝者的心——神帶領以色列人昂然無懼地出去(民33:3)。一定要以喜樂與誇勝的態度前進。


5. 神的同在——神親自用雲柱火柱帶領百姓。要知道神與我們同在。


6. 財富——百姓們從埃及人那裡奪走了金銀(出12:35)。要祈求並且期盼祝福加增。


7. 結果迅速彰顯——百姓不得不在逾越節當晚匆匆趕路。我們現在要預備好迎接神蹟,這也是榮耀神的方式。


謝謝您的代禱!神祝福您!

Ron and Teddy榮撒卡和泰迪撒卡


聆聽神的聲音——線上先知性訓練


作為建立線上使徒中心的計劃的一部分,我們將從4月開始推出這一課程。本課程分為6個部分,內容是關於如何聆聽並且釋放神的聲音。


猶大領軍——本月要格外地多多讚美

尼散月:猶太曆正月(3月14日-4月12日)


當神決意拯救以色列百姓 脫離埃及的奴役,祂命他們開始數算他們的月份(出12:2),這能幫助我們理解為何神要我們關注每一個月份。祂要我們更多地經歷釋放、越來越自由、在祂裡面成長。尼散月也與猶大支派有關,猶大名字的意思是“讚美”。這個月要格外地多多讚美,跟隨神進入祂為我們預備的一切。 (尼散月的祝福詳見:多多讚美,跟隨神進入祂為我們預備的一切。 (尼散月的祝福詳見:https://zh.rwsministries.com/nissan


線上使徒中心

每週直播時間表


以下是一些可透過榮撒卡使徒臉書(Ron Sawka)收看的公開聚會日程(均為日本時間)。


4月4日週日11:15,“復活:耶穌打破咒詛與死亡的大能”,盟約得勝事工臉書主頁,英日語

4月4日週日晚上8:30-9:30,中英文聚會

每週二晚上8:30-10:00,使徒中心線上課程開課 (中英文):報名請來函,註明姓名、email、教會、連絡電話:chinese@rwsministries.com

每週五晚上7:00-8:00,英/俄語聚會

週一到週五早上6:00 – 6:45先知性早禱會(英日語)


先知性早禱會 (MPP)

MPP的聚會時間是日本時間每週週間的早晨6:00–6:45。如果當週有特別假日會暫休。


MPP暫休時間:

4月1-2日(週四-週五)每月定期休假


您可以透過榮撒卡使徒的臉書(Ron Sawka) Facebook收看線上直播/錄影(英日語)。

YouTube:MPP YouTube

中文翻譯錄音和文字稿:臉書(榮撒卡使徒事工)、音頻總連結:http://mixlr.com/sme164543053/showreel/


為榮撒卡使徒事工奉獻

1. 非常感謝您的擺上,您的奉獻在幫助我們完成主給予我們的任務中發揮了至關重要的作用。無論主感動您奉獻的金額是多少,我們都非常的感謝。


2. 若神帶領,你也可以透過一年認獻1200美元(或等值貨幣),成為使徒性基金支持者(AFS)。


成為2021年使徒性基金支持者

姓名:

認獻金額:

需要代禱的家庭成員:

國家:

Email:

另外,如果方便,請務必附上您和家人的近期照片。


認獻使徒性基金,請將以上資訊發送給我們(info@rwsministries.com),主題請寫: 2021年使徒性基金支持者


銀行帳戶和線上奉獻(任何國家)

您可以透過信用卡或借記卡線上奉獻:https://give.mogiv.com/app/giving/rwsministries

臺灣:中國信託銀行 (銀行代號822) 彰化分行(台幣帳戶),帳號:42854-041347-0,戶名:SAWKA RONALD WADE


你也可以用跨國匯款的方式直接向我們在日本的事工機構奉獻,帳戶資訊如下:

Account name(戶名): Ronald W. Sawka,number(帳號):93642377

Bank name(銀行名稱): SMBC Trust Bank

Address(銀行地址): Nishi Shimbashi Square 1-3-1 Nishi Shimbashi, Minato Ku, Tokyo Japan 105-0003

SWIFT code(國際匯款代碼): SMTC JPJT

Intermediate bank name(中轉銀行):Sumitomo Mitsubishi Bank Corp,SWIFT code(國際匯款代碼):SMBC JPJT


謝謝您的奉獻!






32 views