2020/11/4 Why God Asks His People to Fast—Part 2

Ron Sawka Ministries

November 04, 2020; Cheshvan 17, 5781

www.rwsministries.com

(Formerly Arise 5)


“In weariness and toil, in sleeplessness often, in hunger and thirst, in fastings often” (2 Cor. 11:27).


“No one can enter a strong man’s house and plunder his goods, unless he first binds the strong man. And then he will plunder his house” (Mark 3:27).


Testimonies!


Thank you for sharing your testimonies! One woman from another nation wrote how she and her friends have just recently begun paying attention to the Hebrew months and were specifically helped by knowing that “without a new anointing, Satan can gain the upper hand.” So they declared and prayed for new anointing. She shared, “When we invited the Lord into our work problems, He miraculously either made the work easier or the situation better. We both agreed that even in this, God has proven to be faithful and we are witnesses. I look forward to continuing to declare these blessings over ourselves this month and in the months to come to see the goodness of the Lord in the land of the living.”


Thank you for sharing that. I declare the experience of this testimony to happen in the lives of many others.


Why God Asks His People to Fast—Part 2


Review: Last week I began to write about fasting, particularly in connection with receiving new anointing. Fasting requires us to put the Lord first, and helps us become a new wineskin so the Lord can pour the new wine—or anointing—into us (see Matt. 9:17). Thus in this month when the Lord wants us to earnestly seek Him for new anointing, be sure to be open to fasting. I have been sharing this on MPP and find that people are responding. If you are led to fast for twenty-four hours, I recommend starting with forgoing the evening meal, and then breaking the fast the following evening (sundown to sundown).


There are many different reasons we may be led to fast. All have amazing results. Let me share just two drawn from the life of Nehemiah, whom the Lord used to rebuild the walls of Jerusalem. These reasons are as follows:


1. Fasting Births Ministries and Propels You into Your Destiny—Nehemiah was cupbearer to the king and thus high in court circles. One day he heard news of Jerusalem and how the people were “there in great distress and reproach. The wall of Jerusalem is also broken down and its gates burned with fire” (Neh. 1:3). Nehemiah was distraught and began to fast and pray. He continued for several days. This all happened in the ninth month, Kislev. Four months later, in the first Hebrew month, Nisan, God sovereignly moved.


In chapter 2, the king saw Nehemiah’s face was sorrowful and asked what was wrong? It was a dangerous thing to show personal sorrow in the king’s presence. Nehemiah uttered a quick prayer and shared his heart with the king. It was a God-given moment.


As he talked to the king, he began to understand that he himself should return to Jerusalem and be the one to oversee the work. The favor of the Lord was on him. He was given authority, resources, and time to rebuild those walls. In fact he did more than just rebuild the walls—he was also appointed governor and served twelve years and did many amazing things to help rebuild Israel.


But at the beginning, Nehemiah had no idea all this would happen. It all started because of fasting because of his burden for his people. He was content as cupbearer, but now as a result of fasting, he was suddenly catapulted into his real destiny as governor and one who rebuilt the walls and set the nation on the correct course.


All Nehemiah did was fast. God birthed the rest. As you are led to fast, you can expect that sooner or later some kind of ministry will be birthed or made manifest. Fasting will help propel you forward on the road of your God-chosen destiny.


2. Fasting Brings Success Because We Bind the Strong Man Ahead of Time—We must never underestimate just how important Nehemiah’s fasting was. Not only did it result in him getting the incredible assignment of rebuilding the walls, but it also enabled him to succeed.


The story is fascinating. The devil did everything he could to stop Nehemiah. Satan used all kinds of people and strategies, but none succeeded. Nehemiah always seemed to know what to do ahead of time. He didn’t fall into mistakes of sharing his mission too early or with the wrong people. He seemed to know when someone was setting a trap and successfully avoided it. He always seemed to hear of the enemy plans in time to set up a counterstrategy. Every scheme of the enemy came to naught. The walls were rebuilt in an astonishing fifty-two days.


What a contrast with the story of those who tried to rebuild the temple (see Ezra 1–4). The Jews’ return and the temple reconstruction were prophesied, God-ordained events. They were clearly the will of the Lord. However, Satan was able to bring temple reconstruction to a complete stop. It remained halted for seventeen years. Although eager and obedient, the builders were unsuccessful. Why? No prior prayer and fasting.


We know Nehemiah fasted and was completely successful. But there is no record of fasting by those sent to rebuild the temple. Because they did not win the battle ahead of time in the spiritual realm, they could not succeed in the natural realm.


Fasting actually results in binding the strong man. It ensures that we first win the spiritual battle. So as you are led to fast, you can rightly expect obstacles and roadblocks that once hindered you to begin to be removed. Fasting binds the strong man (Satan) so he cannot gain the upper hand.


Be blessed! Thanks so much for praying!


Ron and Teddy


New Financial Giving Info!


I am so thankful for our God-ordained connection with Catch the Fire (CTF). I am pleased to announce that they will now handle financial contributions to us in the USA. Checks should be written to CTF World, but clearly designated “For Ron Sawka Ministries.” They should be mailed to:


CTF World USA, 2304 Page Rd, Durham, NC 27703


Warring with Our Words

Cheshvan—The Eighth Hebrew Month, Oct. 19–Nov. 16


The blessings for the month of Cheshvan may be found here. Please read them and let the Lord fill you full this month.


ロン・サーカ・ミニストリーズ

2020年11月4日 

聖書暦5781年ヘシュバンの月17日

www.rwsministries.com


「労し苦しみ、たびたび眠られぬ夜を過ごし、飢え渇き、しばしば食べ物もなく(断食をして)、寒さに凍え、裸でいたこともありました。」(第2コリント人への手紙11章27節)


「確かに、強い人(=サタン)の家に押し入って家財を略奪するには、まずその強い人を縛り上げなければなりません。そのあとでその家を略奪できるのです。」(マルコの福音書3章27節)


証し!


証を共有して頂きありがとうございます!先日、外国のある女性から私に証しが届きました。彼女と彼女の友達は、ここ最近へブル暦を意識するようになり、具体的に”新しい油注ぎがないと、サタンが優勢な立場”になることを知りました。彼女たちは新しい油注ぎを受けられるように祈りました。彼女が次のように分かち合いました。「私たちが仕事の問題に主を迎え入れた時に、主は奇跡的に仕事を簡単にしたり、状況を良くしました。私たちはこの状況の中で、主が忠実であることを体験しました。私の人生にへブル暦の祝福を宣言することをこれからも続け、主の良さを見続けることを期待します。」


この証を共有して頂きありがとうございます。この証を読んだ人々にも同じような体験ができるように宣言します。


神は何故断食をするように求めるのか?-パート②


復習:先週、私は断食について書きました。具体的に新しい油注ぎを受けることとの接点について書きました。断食をすることによって私たちは主を優先し、私たちが新しい革袋になれるよう作り変え、新しいぶどう酒(油注ぎ)を注ぎます。(マタイの福音書9章17節を確認してください。)よって、今月私たちが主と新しい油注ぎを求める中、断食をすることを検討してください。私は本件についてMPPで分かち合い、人々は応答をしています。もし24時間断食をする場合、夕飯から次の日の夕飯まで断食をしてください。(日没から日没へと)


断食をする理由は幾つかあると思います。どれも素晴らしい結果があります。ネヘミヤの人生から断食をする理由を2つ話したいと思います。主はネヘミヤを通し、エルサレムの城壁を建て直しました。断食をする理由は下記の通りです。


1)断食はミニストリーを生み出し、あなたの使命に押し出します。ネヘミヤは王の酌取りをしていて王の側近の一員でした。彼はある日、エルサレムの状況を聞き、エルサレムに残った者たちが「非常な困難の中にあり、またそしりを受けています。そのうえ、エルサレムの城壁はくずされ、その門は火で焼き払われたまま」(ネヘミヤ記1章3節)と知りました。酌取りネヘミヤは非常に動揺し、断食して天の神の前に祈りました。彼は数日間、祈りと断食を続けました。これは全てへブル暦第8の月キスレブの時でした。4ヶ月後、ニサンの月(へブル暦第1の月)に、神は主権を有して動きました。


2章で王はネヘミヤの悲しい顔を見、何故悲しんでいるかを聞きました。王の前で個人的な悲しみを表すことはその当時危険なことでした。ネヘミヤは簡単な祈りをして、王に状況を説明しました。それは神が与えた時でした。


ネヘミヤは王と話しているときに、エルサレムに戻り、城壁を建て直す働きの監督をする必要があると理解しました。ネヘミヤの上には神の好意がありました。彼に城壁を建て直すための権威、資源と時間が与えられました。ネヘミヤは城壁を建て直しただけではなく、エルサレムの知事として就任され、12年間エルサレムを建て直すために活躍をしました。


しかし、一番最初を見ますと、ネヘミヤはこういうことが起こるとは想像もしていませんでした。ネヘミヤがイスラエルの民に対しおもにがあったから、また断食をしたから動き始めたのです。彼は酌取りの働きだけで満足していましたが、しかし、断食をした結果、彼は知事として城壁を建て直し、イスラエルを正しい道に導くという召しに押し出されました。


ネヘミヤはただ断食をしただけです。後は神が生み出しました。あなたは断食することに導かれているのであれば、遅かれ早かれ何かのミニストリーが生み出され、現れるでしょう。断食をすることによって、あなたは神が選んだ召しに押し出されます。


2)断食は強い人(=サタン)を事前に縛り上げるので、成功をもたらします。私たちはネヘミヤの断食がどれほどの力があったか侮ってはいけません。彼の断食は城壁を建て直す召しを与えただけではなく、成功ができるようにしました。


それは興味深いストーリーです。悪魔はネヘミヤを止めるためにあらゆる手段を用いました。サタンは様々な人や戦略を用いましたが、何一つ成功しませんでした。ネヘミヤは何をすれば良いか分かるかのように働きを進めました。ネヘミヤは召しを早く言いすぎたり、間違った人に伝えるという間違いはしませんでした。彼は罠があるところを理解し、上手くその罠を避けました。あたかも敵の戦略が分かっていたように時間通りに対抗戦略を立てました。敵のすべての策略は失敗に終わりました。城壁は驚くことに52日で建て直されました。


神殿を建て直そうとしたストーリーに比べると大きく違います。(エズラ記1~

4章を参照)イスラエルの民がエルサレムに戻ることと神殿が建て直されることは神によって預言されたイベントでした。明らかに神の御心でした。しかし、サタンは神殿の再建を止めることが出来ました。70年間も再建は続きませんでした。建てていた人の努力や従順さがあったにも関わらずに再建は失敗しました。何故でしょうか?事前の祈りと断食が無かったからです。


私たちはネヘミヤが断食をし、成功したことを知っています。しかし、神殿を建て直した人が断食したことは聖書には書かれていません。彼らは事前に霊的な次元で戦いに勝利をしていなかったので、ここでも勝利をすることが出来ませんでした。


断食をすることによって強い人が縛り上げられます。私たちが先ず霊的な戦いに勝利することを保証します。よって、断食をすることによってあなたの目の前にあった障害物が取り除かれることを期待してください。断食をすることによって強い人が縛り上げられ、優勢な立場に立つことが出来ません。


祝福がありますように!お祈りを感謝します。


ロン&テディー・サーカ



自分の語る言葉によって戦う


ヘシュバン:レブル暦第8の月 10月19日~11月16日


ヘシュバンの月の祝福はこちらで確認することができます。


榮撒卡使徒事工週報

2020年11月4日,5781年瑪西班月17日

www.rwsministries.com


「受勞碌、受困苦,多次不得睡,又飢又渴,多次不得食…」林後11:27


「沒有人能進壯士家裏,搶奪他的家具;必先捆住那壯士,纔可以搶奪他的家。」(可3:27)


見證!


謝謝大家分享見證!有一個國家的姐妹來信說,她和她的朋友最近開始關注猶太曆,這個月的祝福中有一項:「沒有新的恩膏,撒但就可以佔上風」,所以他們就宣告和禱告新的恩膏。她分享說:「當我們邀請主來解決我們的工作問題時,祂奇蹟地使工作更輕鬆,也使情況變得更好。我們都同意,在這一點上,神已經證明祂是信實的,我們就是見證人。我期待在這個月以和今後幾個月繼續向自己宣告這些祝福,使我們在所生活的土地上看到主的良善。


謝謝你們的分享,我宣告這個見證的經歷會在許多人的生命中發生。


為什麼神要求祂的百姓禁食(二)


回顧:上週的週報我分享禁食,特別是和領受新的恩膏有關。禁食要求我們把主放在首位,並幫助我們成為新皮袋,使主可以澆灌祂的新酒和新油在我們裡面(太9:17)。因此在這個月,當主要我們切切向祂求新的恩膏時,要確實的對禁食持開放的態度。我一直在早禱會分享禁食,也看到大家做出回應。如果你有感動禁食24小時,我建議你從晚餐開始禁食,然後在隔天晚上截止。(從日落到日落)。


有很多不同的原因使我們要禁食,但都有奇妙的結果,讓我分享其中的兩點,是從尼希米的生平汲取的,他被主使用來重建耶路撒冷的城牆。


1.禁食為你生出命定的服事和人---尼希米是國王的酒政,因此在王宮中享有高位。有一天他聽到耶路撒冷和百姓的消息:「那些被擄歸回剩下的人在猶大省遭大難,受凌辱;並且耶路撒冷的城牆拆毀,城門被火焚燒。」尼希米就心急如焚、滿有負擔,並開始禁食和禱告。他禁食禱告數日,這是發生在第九個月提斯利月,四個月後,就是尼散月,神大能地動工了。


國王看到尼希米面帶愁容,就問他發生什麼事。在王面前表現出個人的悲傷是一件危險的事情,但是尼希米做了一個簡短的默禱,然後和王分享他的心事,這是神賜予的時刻。


當他和王交談時,他開始明白他應該返回耶路撒冷,成為建造城牆的那個人。主的恩寵臨到他,他被賦予權柄、給予資源和重建城牆的時間。事實上,他所做的不只是重建城牆,因為實際上他被任命為省長,共任職了12年,並做了許多令人驚奇的事情來幫助以色列重建。


但起初,尼希米並不知道這一切會發生,這全起因於禁食和對百姓的負擔。他曾滿足於當一個酒政,但現在因為禁食的果效,他突然進入他真正的命定,成為省長、重建城牆的人,和使國家步入正軌的人。


尼希米所做的一切就是禁食禱告,然後神生出其餘的事情。因此,當你有感動禁食,你可以期待遲早一些服事會被生出來並顯現出來,禁食將幫助你在神給你的命定的道路上前進。


2.禁食帶來成功,因為我們提前綑綁了壯士---我們絕不能低估尼希米禁食的重要性,這不只使他得到重建城牆這個不可思議的任務,而且使他成功。


這個故事很有意思,魔鬼竭盡全力阻止尼希米,撒旦使用各種人和所有的策略都無法成功,尼希米似乎總是提前知道該怎麼應對。他沒有犯下過早或和不對的人分享使命的錯誤,他似乎知道有人在何時設置陷阱並成功地避免,他總能及時知道敵人的計畫,並制定反擊的策略,讓敵人的每一個計劃都化為烏有,百姓們驚人地在52天內重建了城牆。


這與之前嘗試重建聖殿的人的故事形成了鮮明的對比(見以斯拉記1-4章)。猶太人的歸回和重建聖殿是預言,是神定意要成就的事,它們顯然是主的旨意;然而,撒但能夠使聖殿的重建完全停止,它停止了17年之久,儘管想重建的人心急迫切並且順服,卻沒有成功。為什麼?因為沒有在事先禁食禱告。


我們知道尼希米禁食並且成功完成了工作,但是並沒有任何記錄表明之前被送去重建聖殿的人有禁食,因為他們沒有在屬靈領域裡提前贏得爭戰,所以他們無法在自然領域中得到成功。


禁食實際上能綑綁壯士,它確保我們先贏得屬靈的爭戰。所以如果你被帶領要禁食,你可以合理的期待,那些曾經攔阻你的障礙和路障將開始被移除。禁食綑綁壯士(撒旦),因此牠不能占上風、獲得優勢。


神祝福您!謝謝您的代禱!


Ron and Teddy榮撒卡和泰迪撒卡


奉獻資訊


我非常感謝神讓我們與點火事工連結(Catch the Fire/CTF),我很高興地宣布,他們將在美國幫助處理對我們的財務奉獻,支票請寫給CTF World,但請明確註名是給「Ron Sawka Ministries」(榮撒卡使徒事工),請郵寄到:

CTF World USA, 2304 Page Rd, Durham, NC 27703.


用我們的話語爭戰


瑪西班月——希伯來月曆第八個月,10月19日至11月16日


瑪西班月的祝福請參閱(中文在最下方):https://zh.rwsministries.com/post/blessings-for-the-hebrew-month-of-cheshvan 。請閱讀這些信息,讓神在這個月裡充滿你



67 views