top of page

2020/11/25 Part Two—Upgrading Our Understanding of Prophecy and Praise!

Updated: Nov 26, 2020

Ron Sawka Ministries

November 25, 2020; Kislev 09, 5781

www.rwsministries.com

(Formerly Arise 5)


“Let the high praises of God be in their mouth, and a two-edged sword in their hand” (Ps. 149:6).


“Believe in the Lord your God, and you shall be established; believe His prophets, and you shall prosper” (2 Chron. 20:20).


Agenda for the Next Two Months: Believe His Prophets and You Shall Prosper!

Step Two: Be Sure to Sing to the Lord Daily, Part Two—Upgrading Our Understanding of Prophecy and Praise!


I feel the Lord wants to upgrade the way we His people look at prophecy and how we use it. For the past three weeks, I have been writing based on 2 Chronicles 20:20—the reference seems particularly apt this year. If ever we needed to believe what the Lord is telling us through His prophets, it is now.


I have chosen not to be worried about the final result of the US presidential election. Yes, those results will have major impact on many nations, which is probably why some of those nations have been praying for the US in an unprecedented fashion. Even now, the election results are not in, and I don’t think they will be until early-to-mid-January. In the meantime, our assignment is simple—believe in God, and more specifically, believe what He has spoken to us through His prophets.


That leads again into part two of this strategy—sing praises to the Lord. It’s kind of surprising how easy it is to not sing or vocalize our praise. Yes, it’s fine to silently praise the Lord in our hearts. But the Bible is full of exhortations to actually sing/vocalize our praise to Him. Sometimes you have to be sure you are actually singing/speaking it out. Here are a few simple results of praising the Lord:


1. Praise helps/affects our own hearts and enables us to hear the voice of the Lord more clearly. In 2 Kings 3, the young Elisha was so upset with the situation that he couldn’t hear the word of the Lord. He had to enlist the help of a musician, and after a time of praising received a prophetic word for Jehoshaphat that actually helped the three nations (see 2 Kings 3:15–19). As you make it a point to sing praises to God, you will discover your own heart opening up to better hear the voice of the Holy Spirit.


2. Praise is a weapon against the devil. Praise is one of our greatest spiritual weapons, period! Psalm 149 describes how it binds and defeats spiritual forces of wickedness. Verse 8 mentions binding kings and nobles, so our praise actually affects our nations.


3. Praise can activate and help put into action that which has been prophesied or promised. Let me explain. We are told that praise is like a “two-edged sword in their hand” (149:6). This links to Ephesians 6:17, which tells us to take “the sword of the Spirit, which is the word of God.” This actually is the rhema, or living word of God, and not the logos, or written word. It is this rhema, or spoken word of God, that is so powerful and effective and attacks the enemy. Paul depicts a battle-ready soldier: his armor protects him, but he also has a sword (the rhema word) with which to attack the enemy (the devil).


4. A sword must be used in order to have any effect. Paul clearly told Timothy to not just idly wonder if prophecies spoken to him would come to pass, but to use them for warfare. He writes, “This charge I commit to you, son Timothy, according to the prophecies previously made concerning you, that by them you may wage the good warfare” (1 Tim. 1:18).


5. We swing the sword by singing and declaring. I like to picture it this way—when a prophecy has been spoken to us, it’s like a sword given to us. But it’s not enough to just look at the sword—we actually have to use it. How? First, by aggressively believing the word. Second, by declaring it. And third, by praising God. As we do this, that sword goes to work against forces of darkness with great effectiveness. If we don’t believe it, or don’t declare it, that sword remains motionless. This should make it easy to understand why Satan so strongly attacks prophecy and wants us to ignore what God spoke. It is also precisely why Paul says, “Do not despise prophecies” (1 Thes. 5:20).


6. We will discover the sword (word of God) works in our own hearts as well. We all know the following verse: “For the word of God is living and powerful, and sharper than any two-edged sword, piercing even to the division of soul and spirit” (Heb. 4:12). This is another incredible benefit of spiritual warfare. As we use the prophetic words given us, and as we keep praising and staying in an attitude of praise, we will find our own hearts being challenged. We will recognize wrong attitudes, unbelief, and ungodly mindsets. We will come to see that our greatest calling is to be like Jesus.


Be blessed! Thanks so much for praying!


Ron and Teddy


ロン・サーカ・ミニストリーズ

2020年11月25日 

聖書暦5781年キスレブの月09日

www.rwsministries.com


「彼らの口には、神への称賛、彼らの手には、もろ刃の剣があるように。」(詩編149編6節)


「あなたがたの神、主を信じなさい。そうすればあなたがたは堅く立つことができる。主の預言者を信じなさい。そうすればあなたがたは成功するでしょう。」(第2歴代誌20章20節)口語訳



次の2ヶ月のポイント

主の預言者を信じなさい。そうすればあなたがたは成功する(豊かになる)!

第2ステップ:日々主に歌え


賛美と預言の理解を深める!


主は私たちに預言の理解を深めてほしいと願っていると思います。この3週間、私は第2歴代誌20章20節について書いてきました。(面白いことに20章20節は2020年と上手く重なります。)主の預言者を通して語られた言葉を信じる必要があるときがあれば、今がその時です。


私はアメリカの大統領選挙の結果について心配をしないことを選びました。もちろん、その結果は世界中の多くの国に影響を与えることになります。(そのため、アメリカと世界中のクリスチャンが祈っています。)今でも、大統領選挙の結果が出ていません。恐らく、1月の中旬まで結果が出ないかもしれません。その間、私たちがやるべきことは簡単です。それは、神を信じることです。特に、預言者を通して語られたことを信じることです。


これは戦略の第2ステップに私たちを導きます。それは主に賛美を歌うことです。歌わなくなったり、神の賛美を口にしなくなることは不思議だと思います。もちろん、心や静かに神を賛美することは大丈夫です。しかし、聖書では歌ったり、賛美を口にすることが多く書いてあります。時々、本当にそれが出来ているか確認する必要があります。神を賛美することによって下記を期待することができます。


1)賛美は私たちの心が神の声を聞けるようにします。エリシャが若いころ、心が動揺していたため、神の声を聞くことが出来ませんでした。彼は立琴をひく者の力を借り、ヨシャパテから預言の言葉を受けて後、3つの国を助けることになりました。(第2列王記3章15節)。よって、意図的に神に賛美をすると心が開き、神の声が聞きやすくなります。


2)賛美は悪魔に立ち向かうための武器です。実際に、賛美は私たちが持っている一番力強い武器です。詩編149編には、賛美はどのようにして悪い力を縛って、打ち勝つかが書いてあります。詩編149編の8節には”王たち・・・貴族たちを縛る”と書かれています。私たちの賛美には国々に影響する力があります。


3)賛美は、預言されたこと、約束されたことを始動することが出来ます。説明させてください。詩編149編の6節に、賛美は「・・・もろ刃の剣があるように。」と書かれています。この箇所は、エペソ6章17節「また御霊の与える剣である」にリンクしています。これは実際に生きた神の言葉”レーマ”であり、書かれた言葉の”ロゴス”ではありません。神の言葉”レーマ”こそ敵の攻撃に対して力があり、効果的です。エペソでは、パウロは信者のことを兵士として例えています。鎧は兵士を守るが、剣(レーマの言葉)は敵(悪魔)を攻撃するための道具です。


4)剣は使わないと効果を発揮しません。パウロはテモテにはっきりと、預言は成就されることを待つものではなく、預言は戦い抜くために使われるものであると言いました。「・・・それは、あなたがあの預言によって、信仰と正しい良心を保ち、勇敢に戦い抜くためです。」(第1テモテ1章18節)


5)歌ったり、宣言することによって剣を振ることができます。想像してみてください。あなたは預言を受けたときに、剣が与えられたと思ってください。そこで、剣を見るだけではなく、剣を使う必要があります。どうやって剣を使えるでしょうか?①熱心に預言を信じること。②預言を宣言すること。③神を賛美すること。そうすることによって、剣の力を悪の力に対し、効果的に使うことが出来ます。信じなければ、宣言しなければ、その剣は動くことはありません。そのため、サタンは強く預言に対し攻撃を仕掛けます。私たちに預言を無視してほしいのです。だからこそ、パウロが次のように言いました。「預言をないがしろにしてはいけません。」(第1テサロニケ5章20節)


6)剣(神の言葉)は私たちの心に対しても働きます。へブル書4章12節にこう書かれています。「神のことばは生きていて、力があり、両刃の剣よりも鋭く、たましいと霊、関節と骨髄の分かれ目さえも刺し通し、心のいろいろな考えやはかりごとを判別することができます。」これは、霊的な戦いに対しての素晴らしい利点です。私たちが預言の言葉を信じ、賛美の心を持ち続ければ、私たち自身の心も変わります。自分の間違った考え、不信仰や悪い態度に気づき始めます。一番素晴らしい召しは、イエスのように生きることだと気づくでしょう。



祝福がありますように!お祈りを感謝します。


ロン&テディー・サーカ


榮撒卡使徒事工週報

2020年11月25日,5781年基斯流月9日

www.rwsministries.com

「願他們口中稱讚神為高,手裏有兩刃的刀」(詩149:6)

「信耶和華