2020/10/7 Lessons from the Feast of Tabernacles

Ron Sawka Ministries

Oct. 7, 2020; Tishrei 19, 5781

www.rwsministries.com

(formerly Arise 5)


“You are to celebrate the festival seven days before the Lord your God in the place he chooses, for he will bless you in all your productivity and in whatever you do; so you will indeed rejoice!” (Deut. 16:15).


“Therefore with joy you will draw water from the wells of salvation” (Isa. 12:3).


“And it shall be that whichever of the families of the earth do not come up to Jerusalem to worship the King, the Lord of hosts, on them there will be no rain” (Zech. 14:17).


“Out of his heart will flow rivers of living water” (John 7:38).


Lessons from the Feast of Tabernacles


Since we are still in the week of the Feast of Tabernacles and since the Lord has drawn our attention so strongly to the major feasts this year, I thought it best to write about some of the lessons the Lord has for us from this weeklong celebration.


Not earning anything, but changing our mindsets!


But first I should say what I assume we all know. We don’t celebrate the feasts to earn something—Jesus completed everything for us by His death and resurrection. No, we celebrate the feasts because they help us think the way God wants us to think. The more we think like He wants us to, then the more we open ourselves up to be able to receive the blessings He has for us.


Think of these as strategies or good advice. For example, David realized that memorizing scripture would help him fight against sinning. Psalm 119:11 states, “Your word I have hidden in my heart, that I might not sin against You.” Scripture memorization earns him nothing, but it was very good advice for him, as it is for us. Other good advice includes reading the scripture, praying, choosing to rejoice, and choosing to speak words that release grace.


Around the world right now, many Christians are celebrating the Feast of Tabernacles. Keep the following things in mind:


  1. It’s a time for you and your family to hang out with God and learn to enjoy His presence.

  2. Don’t be religious about it. The Lord doesn’t want to be treated as a special guest where you are on guard and not yourself. Let Him be part of your family. The more complete perspective is that He wants to be part of our daily lives, every day, always.

  3. The overarching attitude for the week should be celebratory; the more you participate with family and friends, the better.

  4. It can be praise and prayer, but just plain enjoying each other is paramount.


Here are some of the mindsets that God wants us to increasingly embrace:


1. God wants me to have increase and productivity—Deuteronomy 16:15 says He will “bless you in all your productivity.” So, this week is a time to especially thank God for His blessing for the past year. However, you may be one who feels that your life, your work, and your labors have not been overly fruitful. If so, you should feel spurred on to adjust your thinking. Know that God wants to bless all the work of your hands. Changing your mindset and expectation will activate faith and you will increase. Start talking this way at home all year long. You will see so much increase and blessing in your life.


2. God wants me to be filled with the Holy Spirit and flowing out to others—Zechariah 14 says that nations that don’t come to the Feast of Tabernacles wouldn’t receive rain. So the connection should be easy for us to see: the more we are in joy—the more we have the understanding that God dwells in us—the more fullness of the Holy Spirit there will be. There will also be a flowing out to others.


Note that it was on the last day of Tabernacles when Jesus stood and shouted out, “If anyone thirsts, let him come to Me and drink. He who believes in Me, as the Scripture has said, out of his heart will flow rivers of living water” (John 7:38). Not only is our own personal thirst quenched, but there is also a flowing out. If Pentecost is about being filled by receiving the Holy Spirit, then Tabernacles is about being even more filled, as the Holy Spirit flows out from us to others. So have that mindset. God is filling you so He can flow out of you to others.


3. Have a mindset for revival and great spiritual harvest—Another name for the Feast of Tabernacles is the Feast of Ingathering. It is a prophetic picture or promise of great ingathering during the last days. God wants to give us a mindset and expectancy that there will be revival in our neighborhoods, our cities, and our nations. I have lived in Japan for forty-five years. I know that God wants an incredible harvest in this nation!


4. God wants my life to be one of joy, peace, and love—During this week, they all were to specifically choose to be happy/joyful. Even if you don’t feel like it, make yourself rejoice. Rejoice and be happy with your family. The result? All the benefits of salvation including healing, refreshing, and peace will begin to abound in you and your family, and then will flow out from you. See Isaiah 12:3 above. This joy and celebration is to be our lifestyle.


5. It’s about a dwelling place for Him—Perhaps the greatest idea of the Feast of Tabernacles is for all to get the mindset that God wants to dwell with us. He wants to share our lives because He wants to bless us. He wants us to experience His love and give it to others. The problem is we easily overlook this or feel we are unworthy or not ready. But it’s not true. God wants to dwell with us now. The more we think this way, the more we will experience His presence in our lives and in our homes.


Be blessed! Thanks so much for praying!


Ron and Teddy


Yarn Alive Update


I want to ask you to pray especially for Yarn Alive. Because of a very slight COVID resurgence in this area, the women thought it best to suspend activities for the second half of September. Their regular schedule resumes this week.


The only problem is finance. No classes means no income (each participant pays a nominal fee to help cover operation costs). So as you remember Yarn Alive, please pray for it—as well as for its finances. Those interested in helping financially can give here: http://yarnalive.com/donation. For those giving from outside of Japan, please use the information for giving to Ron Sawka Ministries (listed below) and let us know what funds are designated for Yarn Alive.


ロン・サーカ・ミニストリーズ

2020年10月7日 

聖書暦5781年ティシュレの月19日

www.rwsministries.com



「あなたの神、主のために、主が選ぶ場所で、七日間、祭りをしなければならない。あなたの神、主が、あなたのすべての収穫、あなたの手のすべてのわざを祝福されるからである。あなたは大いに喜びなさい。」(申命記16章15節)


「あなたがたは喜びながら救いの泉から水を汲む。」(イザヤ12章3節)


「地上の諸氏族のうち、万軍の主である王を礼拝しにエルサレムへ上って来ない氏族の上には、雨が降らない。」(ザカリヤ14章17節)


「わたしを信じる者は、聖書が言っているとおりに、その人の心の奥底から、生ける水の川が流れ出るようになる。」」(ヨハネの福音書7章38節)



仮庵の祭りから学ぶこと


一週間かけて仮庵の祭りを祝っており、今年主が祭りことに集中するように導いているので、今週、仮庵の祭りを祝う中で学ぶことが出来ることについて書きます。


何かを得るためではなく、考え方を変えること


皆さんはご存じだと思いますが、言わさせていただきます。私たちは何かを得るために祭りを祝いません。イエスは十字架の死と蘇ることによってすべてを完成しました。私たちが祭りを祝う理由は、神のように考えることが出来るようになるためです。神のように考えれば考えるほど、神が準備している祝福を受けやすくなります。


これから書くことを戦略やアドバイスとして受けとめてください。例えば、ダビデは御言葉を罪との戦いのために暗記しました。詩編119編11節にはこう書かれています。「あなたに罪を犯さないため、私は、あなたのことばを心にたくわえました。」(詩編119編11節)。ダビデは御言葉を暗記することで何かを得たというわけではありません。しかし、彼にとっては良いアドバイスで、私たちに適用することが出来ます。良いアドバイスとしては御言葉を読むこと、祈ること、喜ぶこと、恵みを放つ言葉を話すことが含まれます。


世界中のクリスチャンは今、仮庵の祭りを祝っています。下記のポイントを意識して共に祝ってください。


1)家族と共に神と過ごし、神の臨在を楽しむのを学ぶ時です。


2)宗教的に考えないでください。主が来るときに警戒したり、自分らしくいられない態度をとってほしくないのです。主を家族の一部にしてください。はっきり言いますと、主は私たちの日々の生活の一部となりたいのです。


3)今週は祝うことに集中してください。出来るだけ多くの家族と友達と祝いましょう。


4)祈ったり、賛美したりすることはいいですが、お互いを楽しむことが最も重要なことです。


神は下記の考え方を持ってほしいと思っています。


1)神は私たちが増加すること、祝福されることを願っています。申命記16章15節にこう書かれています。「あなたの神、主が、あなたのすべての収穫、あなたの手のすべてのわざを祝福されるからである。」(申命記16章15節)。よって、今週は神から去年いただいた祝福を感謝する週としましょう。ひょっとしたら、自身の人生、働きと仕事が祝福されていないと思っているかも知れません。そうであれば、考え方を変えるための刺激を感じてください。神はあなたの手の働きを祝福したいのです。考え方を変えることによって期待も変わり、祝福されるために信仰を発動することができます。今日から家庭で話し方を変えましょう。そうすると、人生の中で祝福が増加するのを見ることができます。


2)神は、私が聖霊で満たされることと、それを他の人に流すことを願っています。ザカリヤ書14章には、仮庵の祭りを祝わない国々には雨を与えないと書かれています。この箇所を読んだら、はっきりと分かるはずです。私たちが喜べば喜ぶほど、神が私たちの内に住まわれていることを知れば知るほど、聖霊の完全さが私たちの内にあります。そしてそこから他人にも流れます。


イエスは仮庵の祭りの最終日に立ち上がり、「わたしを信じる者は、聖書が言っているとおりに、その人の心の奥底から、生ける水の川が流れ出るようになる。」(ヨハネの福音書7章38節)と叫びました。私たち自身の渇きが満たされるだけではなく、水が川のように流れ出ます。ペンテコステが聖霊によって満たされることについての祭りであれば、仮庵の祭りは更に聖霊に満たされ、私たちの内から水のように聖霊が流れ出ることについての祭りです。神があなたを満たしているのは、他人に流れ出すためであるという考え方を持ってください。


3)リバイバルと偉大な霊的収穫の考え方を持ってください。仮庵の祭りは収穫祭とも言います。これは終わりの時代に偉大な収穫があることを表す預言的な象徴です。神は私たちの地域、市町村と国々にリバイバルを期待する考え方を持ってほしいのです。私は45年間日本に住んでいます。神はこの国に偉大な収穫をもたらしたいと願っています。


4)神は私の人生が喜び、平安と愛で満たされることを願っています。今週、喜ぶことを選んでください。そう感じなくても、喜んでみてください。家庭に感謝し、喜んでください。そうすると、癒し、回復や平安を含む救いの特権があなたとあなたの家族に溢れ出ます。そして家族から他人にも溢れでます。イザヤ12章3節を見てください。「あなたがたは喜びながら救いの泉から水を汲む。」この喜びと祝いは私たちの生活の一部となります。


5)神が住む場所を作るためです。ひょっとしたら、仮庵の祭りの一番大事なポイントは、「神は私たちと住みたい」という考え方を持つことかもしれません。神は私たちを祝福したいので、人生を共に過ごしたいのです。神の愛を体験し、他の人にもその愛を伝えて欲しいのです。残念なことに私たちはそれを見落としたり、受けるのに相応しくないと思ってしまいます。しかし、それは嘘です。神は”今”私たちと住みたいのです。このような考え方を持つと、生活と家庭の中で神の臨在を体験することが出来ます。



祝福がありますように!お祈りを感謝します。


ロン&テディー・サーカ




ヤーン・アライブ アップデート


特にヤーン・アライブの為にお祈りください。私たちの地域で少人数のコロナの感染者が出たので、9月末まで活動を休止していました。今週から活動を再開します。


問題は経済だけです。活動しないことは収入がないことです。(参加者の利用料金を運営資金として使っています。)ですので、ヤーン・アライブのため、特に経済の為にお祈りください。経済的に捧げたい方はこちらで捧げてください。http://yarnalive.com/donation 海外から捧げる方は、下記のRon Sawka Ministries経由で「ヤーン・アライブの為」と表記し、捧げてください。


榮撒卡使徒事工週報

2020年10月7日;5781年提斯利月19日

www.rwsministries.com


「在耶和華所選擇的地方,你當向耶和華你的神守節七日;因為耶和華你神在你一切的土產上和你手裏所辦的事上要賜福與你,你就非常地歡樂。」(申16:15)


「所以,你們必從救恩的泉源歡然取水。」(賽12:3)


「地上萬族中,凡不上耶路撒冷敬拜大君王萬軍之耶和華的,必無雨降在他們的地上。」(亞14:17)


「信我的人就如經上所說:『從他腹中要流出活水的江河來。」(約7:38)


從住棚節期學習的功課


我們仍在住棚節期間,既然主在今年特別吸引我們密切關注幾大節期,我想最好寫一寫主透過這為期一週的節期為我們預備的功課。


不是要賺取什麼,而是要改變我們的思維方式!


不過,首先我要重申一條大家應該都知道的真理,我們不是要藉著歡慶節期來賺取什麼,因為耶穌透過祂的死與復活,已經為我們成就了一切。我們慶祝節期,是因為它們幫助我們遵循神所喜悅的思維方式。我們越是按照神的方式來思想,就越能敞開自己得以領受祂所預備的祝福。


我們可以把歡慶節期看作一系列的策略或是積極的建議。例如,大衛意識到心裡存記聖經的話語可以幫助他抵擋犯罪。(詩篇119:11「我將祢的話藏在心裡,免得我得罪祢。」)背誦經文不能給他賺來什麼,但這無論對於大衛或是對我們都是極好的建議,就像讀經、禱告、選擇喜樂、選擇說恩慈的話語…等等好的建議一樣。


此刻,全世界有許多基督徒正在慶祝住棚節。要留意以下幾個方面:


1. 這是你和全家人一起徜徉在神的同在裡的時刻,來學習享受祂的同在。

2. 不要宗教化。主不希望被當成一個特別的客人,讓你感覺不自在或是不能做自己。要讓神成為你家中的一員。更全面地看,祂想要成為我們日常生活的一部分,天天如此,永遠如此。

3. 本週的首要態度是歡慶,越多和家人朋友們一同歡慶越好。

4. 可以透過讚美與禱告的方式,但最關鍵的是單純地與神享受彼此。


以下是一些神希望我們更加擁抱的思維方式:


1. 神希望我們經歷增長和多產。申16:15提到,神要「在你一切的土產上和你手裡所辦的事上,要賜福與你。」所以,本週特別應該為過去一年的祝福感謝神。不過,有人可能感覺自己的人生、事業和努力並不是很有果效。若是這樣,你應該激勵自己調整和改變思維的方式,要明白神願意祝福你手中的一切工作。改變自己的思維方式和期待將會啟動信心,你也會經歷加增。要開始在家中常常這樣談論,相信你一定會看見自己生命中經歷極大的增長和祝福。


2. 神希望我們被聖靈充滿,並且流淌出去祝福其他人。撒加利亞書14章提到,地上萬族中凡不上耶路撒冷敬拜大君王萬軍之耶和華的,必無雨降在他們的地上。所以,其中的關聯顯而易見。我們越多喜樂——越明白神住在我們裡面——就越多被聖靈充滿,能流淌出去祝福別人。

要留意,耶穌在住棚節期的最後一日站著高聲說:「人若渴了,可以到我這裡來喝……

從他腹中要流出活水的江河來。」(約 7:37-39)所以,不只是我們個人的渴慕被滿足,

還會流淌出去。若五旬節是關於領受聖靈並且被充滿,那麼住棚節則是更多地被充滿,

讓聖靈從我們湧流向別人。要有這樣的思維,神正在充滿你,祂也能從你流向其他人。


3. 要有復興和屬靈大豐收的思維。住棚節也稱為收藏節。這是一幅關於末世大收割應許的先知性畫面。神要給我們一種觀念和期待,就是我們的社區、城市乃至國家都要迎來復興。我已在日本生活了45年,我知道神要在這裡有極大的豐收!


4. 神要讓我們的生命充滿喜樂、平安和愛。本週,我們都要特別地選擇歡喜快樂,即使你沒有那種感覺,也要設法讓自己喜樂起來,與你的家人一同歡樂。結果會如何?救恩的一切好處——包括醫治、更新、平安等等,都會開始在你和你的家庭中湧流出來,然後擴散出去(賽12:3「…你們必從救恩的泉源歡然取水」),這種歡慶和喜樂將成為我們的生活方式。


5. 這是關於神的居所。也許住棚節最大的意義在於讓所有人明白神渴望與我們同住,祂想要與我們分享生活,因為祂要祝福我們。祂要我們經歷祂的愛,也把愛傳遞出去。問題是,我們常常輕忽了這一點,或者覺得自己不配、沒有預備好,然而這不是事實。神此刻就想與我們同住,我們越是有這樣的思維,就越能在生命中和家庭中經歷到祂的同在。


神祝福您!謝謝您的代禱!


Ron and Teddy榮撒卡和泰迪撒卡


編織求生事工報告


請為編織求生事工禱告,因為這個地區新冠疫情之後的恢復緩慢,因此婦女們認為最好從九月下旬起暫停活動,她們將在這個禮拜恢復日常行程。


唯一的問題是財務,沒有課程也意味著沒有收入(每一位參加的人會繳交象徵性的費用來支付營運支出)。所以當您紀念編織求生事工的時候,請為她們和財務的需要禱告,如果有感動在財務上幫助的,可以透過捐款奉獻:http://yarnalive.com/donation。如果是日本境外的捐款奉獻,可以透過榮撒卡使徒事工(請參考下面奉獻資訊),並告知我們您是為編織求生事工奉獻。感謝您!




35 views