2020/10/14 We Can Hinder Overflow of the Holy Spirit in Our Lives

Updated: 5 days ago

Ron Sawka Ministries

Oct. 14, 2020; Tishrei 26, 5781

www.rwsministries.com

(formerly Arise 5)


“If anyone thirsts, let him come to Me and drink. … Out of his heart will flow rivers of living water” (John 7:37–38).


“Looking carefully lest anyone fall short of the grace of God; lest any root of bitterness springing up cause trouble, and by this many become defiled” (Heb. 12:15).


“Let no corrupt word proceed out of your mouth but what is good … that it may impart grace to the hearer” (Eph. 4:29).


We Can Hinder Overflow of the Holy Spirit in Our Lives


This morning as I was reviewing the seventh Hebrew month, Tishrei, I happened to glance at the phrase “purge yourself of bitterness,” and felt the Holy Spirit was highlighting it for us to look at. Most of us know that to hold on to bitterness is wrong and that not dealing with it can cause great damage for us, as well as affect or spread to others. Hebrews 12:15 states, “Looking carefully lest anyone fall short of the grace of God; lest any root of bitterness springing up cause trouble, and by this many become defiled.” We’ll discuss this more in a bit.


We have just come through the Feast of Tabernacles, which emphasizes how much the Lord wants to bless us. He wants us to have great abundance. But He doesn’t just want to fill us—He wants us to be overflowing with Him. Jesus said, “If anyone thirsts, let him come to Me and drink. … Out of his heart will flow rivers of living water” (John 7:37–38).


We can look at this promise not only as a result, but also as kind of a method—or what to do in order to be filled. We are the ones who can choose to “overflow,” and we do this primarily through our speech. The more I actually speak (as well as act and think) words of love, joy, and peace, the more I will find the Lord is releasing love, joy, and peace through me. The more I speak out words that give grace, the more I will find myself being filled with grace and God’s presence. The Holy Spirit will flow out of me. The words I speak are mine, but because the Holy Spirit indwells and fills me, He uses them and multiplies their effect. Look again at the above promise in John 7. Out of us will flow rivers of living water.


Furthermore, it’s also this choosing to speak words of love and grace that creates an atmosphere that the Lord delights to dwell in. The more I eschew words of conflict or criticism and instead speak words that release grace, the more His presence will be with me and in my home and workplace. A major reason for the Feast of Tabernacles is to help us understand the Lord wants to dwell with us. But know that negative words, attitudes, and actions can drive the Holy Spirit away.


What a profound yet simple thing. I can easily be overflowing if I will be careful to release words that carry His grace.


So what about bitterness? Bitterness causes us to be self-centered and self-absorbed, and to focus on our own pain/hurts. It’s difficult for a bitter person to speak out words of faith, life, and grace. This not only robs us of any chance to overflow, but also robs those around us from being blessed by our words of grace.


Let’s recap. First, speak words of grace, faith, and love, and you will find you are overflowing with the Holy Spirit. Second, you will further find His presence filling you, your home, and your workplace. Third, bitterness and self-centeredness are Satan’s tools to keep all of this from us.


Be blessed! Thanks so much for praying!


Ron and Teddy


Warring with our Words


Chesvan—The Eighth Hebrew Month, Oct. 19–Nov. 16


The blessings for the month of Chesvan may be found here.


Supplying All Our Need…

Yarn Alive Update


Thank you for praying for enough finances to keep meeting the Yarn Alive operating costs. Almost immediately some funds came in so this month is covered. Please keep praying—and actually, please keep declaring—that the Lord will and does “supply all your need according to His riches in glory by Christ Jesus” (Phil. 4:19).


If you feel led to help Yarn Alive financially, please go to: http://yarnalive.com/donation. For those giving from outside of Japan, please use the information for giving to Ron Sawka Ministries (listed below) and let us know what funds are designated for Yarn Alive.



ロン・サーカ・ミニストリーズ

2020年10月14日 

聖書暦5781年ティシュレの月26日

www.rwsministries.com



「さて、祭りの終わりの大いなる日に、イエスは立って、大声で言われた。「だれでも渇いているなら、わたしのもとに来て飲みなさい。わたしを信じる者は、聖書が言っているとおりに、その人の心の奥底から、生ける水の川が流れ出るようになる。」」(ヨハネの福音書7章37~38節)


「そのためには、あなたがたはよく監督して、だれも神の恵みから落ちる者がないように、また、苦い根が芽を出して悩ましたり、これによって多くの人が汚されたりすることのないように、」(へブル人への手紙12章15節)


「悪いことばを、いっさい口から出してはいけません。ただ、必要なとき、人の徳を養うのに役立つことばを話し、聞く人に恵みを与えなさい。」(エペソ人への手紙4章29節)



私たちは聖霊の流れを起こすか、止めることがあります。


今朝、私はへブル暦の祝福のティシュレを読んでいて、”苦々しさを取り除こう”というフレーズに目が留まり、聖霊にそれを強調するように導かれたと思います。ご存じの通り、苦々しさを抱え続けることは良くないし、対処しないことによって大きな被害を起こし、他の人たちに影響が及ぶことがあります。「そのためには、あなたがたはよく監督して、だれも神の恵みから落ちる者がないように、また、苦い根が芽を出して悩ましたり、これによって多くの人が汚されたりすることのないように、」(へブル人への手紙12章15節)。上記の箇所の後半部分には”多くの人が汚されたりすることのないように”と書いてあります。


先週、私たちは仮庵の祭りを祝いました。仮庵の祭りは、主がどれほど私たちを祝福したいかを強調する祭りです。主は私たちに溢れるばかりの祝福を得てほしいと思っています。ただ私たちを満たすだけではなく、私たちが溢れることを望んでいます。「さて、祭りの終わりの大いなる日に、イエスは立って、大声で言われた。「だれでも渇いているなら、わたしのもとに来て飲みなさい。38 わたしを信じる者は、聖書が言っているとおりに、その人の心の奥底から、生ける水の川が流れ出るようになる。」」(ヨハネの福音書7章37~38節)。



この約束は、満たされるというただの結果だけではなく、満たされるための方法が書かれています。私たちが”溢れる”ことを選ぶ必要があります。それは話し方によって選択することが出来ます。私が愛、喜びや平安の言葉を話せば話すほど(考えれば考えるほど)、主は私を通して愛、喜びや平安を流します。私が恵みを与える言葉を話せば話すほど、私は主の臨在の中で恵みで満たされます。聖霊は私を通して流れます。私が話す言葉は私のものですが、聖霊が私の内にいるので、主はその効果を倍増します。ヨハネの福音書7章の約束をもう一度見てください。”その人の心の奥底から、生ける水の川が流れ出るようになる。”と書かれています。


更に、愛や恵みの言葉を話すことによって主が住めるような環境を生み出すことが出来ます。私が争いの言葉や批判の言葉を避け、その代わりに恵みの言葉を解き放つことによって、神の臨在が更に私の家庭と職場に現れます。仮庵の祭りの目的は、主が私たちと共に住みたいことを理解することです。しかし、私の言葉、態度や行動によって聖霊を追い出しているかもしれません。


これはとても単純な事ですが、奥が深い真理です。言葉で神の恵みを解き放てば簡単に神の臨在で溢れることが出来ます。


苦々しさはどうですか?苦々しさは私たちに自己中心的な態度を取らせ、自身の痛みに集中します。苦々しい人に信仰、いのちや恵みの言葉を放つことは難しいです。これは聖霊で溢れる機会だけではなく、周りの人を恵みの言葉によって祝福する機会を奪い取ります。


まとめ:①恵み、信仰や愛の言葉を話すことによって聖霊で溢れます。②自身の人生、家庭や職場が更に深く神の臨在で満たされます。③苦々しさと自己中心的な考えは、神の臨在を奪い取るためのサタンの策略です。


祝福がありますように!お祈りを感謝します。


ロン&テディー・サーカ



私たちの言葉で戦う


ヘシュバン:レブル暦第8の月 10月19日~11月16日


ヘシュバンの月の祝福はこちらで確認することができます。



必要が全て満たされる・・・

ヤーン・アライブ アップデート


ヤーン・アライブの経済のためにお祈りいただきありがとうございます。今月必要な経済はすぐに満たされました。引き続きお祈りください。また、ピリピ人への手紙4章19節に書かれているように”キリスト・イエスにあるご自身の栄光の富をもって、あなたがたの必要をすべて満たしてくださいます。”ように宣言してください。


経済的に捧げたい方はこちらで捧げてください。http://yarnalive.com/donation 海外から捧げる方は、下記のRon Sawka Ministries経由で「ヤーン・アライブの為」と表記し、捧げてください。



榮撒卡使徒事工週報

2020年10月14日;5781年提斯利月26日

www.rwsministries.com


「人若渴了,可以到我這裡來喝……從他腹中要流出活水的江河來。」(約7:37-38


「又要謹慎,恐怕有人失了神的恩,恐怕有毒根生出來擾亂你們,因此叫眾人沾染污穢。」(來12:15


「污穢的言語,一句不可出口,只要隨事說造就人的好話,叫聽見的人得益處。」(弗4:29


我們可能會阻礙聖靈在我們生命中湧流


今天早晨,當我在回顧猶太曆第七個月——提斯利月的時候,我恰巧瞥見一句話“清除你的苦毒”,我隨即感覺到聖靈在對我們強調這個信息。我們大都知道心懷苦毒是不對的,不處理苦毒將對我們造成很大傷害,也會影響或擴散給其他人。希伯來書12:15提到,「又要謹慎,恐怕有人失了神的恩,恐怕有毒根生出來擾亂你們,因此叫眾人沾染污穢。」我們來詳細探討一下。


我們剛度過住棚節,住棚節強調了神賜福我們的意願之強烈。祂希望我們擁有極大的豐富。但祂想要的不只是充滿我們——祂希望我們被祂充滿直到滿溢。耶穌說:「人若渴了,可以到我這裡來喝……從他腹中要流出活水的江河來。」(約7:37-38


我們不僅可以將這個應許看做一個結果,也可以看做一種方法,或是被聖靈充滿的步驟。我們可以選擇“滿溢”,並且基本只需透過話語來實現。我越是切實地說出(以及行出、思想)有關愛、喜樂與平安的話語,就越會發現神正在透過我釋放這一切。我越多說出恩慈的好話,就越會被神的恩慈和同在充滿。聖靈會從我流淌出來。話語固然是由我的口說出,但是因為聖靈住在我裡面、充滿我,祂就會使用這些話語來倍增它們的效力。再看一看約翰福音7章的應許,活水江河將從我們湧流而出。


不僅如此,選擇說愛和恩慈的言語還能營造出一種使神樂意居住的氛圍。越是勒住衝突或批評的口,選擇口出恩言,神的同在就越是在我們以及我們的家庭、職場中持續。住棚節的一個重要意義就在於幫助我們明白神樂意與我們同住。然而,負面的話語、態度和行為將使聖靈遠離。


這是多麼奧秘又顯然的事。只要謹慎話語,口出恩言,我們就能經歷聖靈同在和滿溢。


那麼苦毒呢?苦毒使我們變得自我中心、只顧自身利益,定睛於自己的痛苦或創傷。一個苦毒的人要說出信心、生命和恩慈的話語是很難的。這不但會奪去我們經歷聖靈湧流的機會,而且讓我們周邊的人無法得著我們話語的祝福。


我們簡單回顧一下。首先,口說恩慈、信心和愛的話語能讓你經歷聖靈的充滿和湧流。其次,你也將看到神的同在充滿你、你的家和職場。第三,苦毒和自我中心是撒旦手裡的工具,讓我們得不著以上的祝福。


神祝福您!謝謝您的代禱!


Ron and Teddy榮撒卡和泰迪撒卡


靠著話語爭戰

瑪西班月---猶太曆第八個月,10月19日-11月16日


瑪西班月的祝福請參閱(中文在最下方):https://zh.rwsministries.com/post/blessings-for-the-hebrew-month-of-cheshvan


供應我們的一切需要…

編織求生事工近況


謝謝您為編織求生事工能有充足財務來支付運營支出禱告。我們幾乎立刻就收到了一些奉獻,本月的帳單已付清。請大家繼續代禱並宣告——神必「照祂榮耀的豐富,在基督耶穌里使你們一切所需用的都充足。」(腓4:19)


如果有感動在財務上幫助的,可以透過捐款奉獻:http://yarnalive.com/donation。如果是日本境外的捐款奉獻,可以透過榮撒卡使徒事工(請參考下面奉獻資訊),並告知我們您是為編織求生事工奉獻。感謝您!




28 views