2020/9/30 The Feast of Tabernacles

Ron Sawka Ministries

Sept. 30, 2020; Tishrei 12, 5781

www.rwsministries.com


“You are to celebrate the festival seven days before the Lord your God in the place he chooses, for he will bless you in all your productivity and in whatever you do; so you will indeed rejoice!” (Deut. 16:15).


The Feast of Tabernacles

Practicing His Presence—Living in His Glory—Becoming His Church


The Feast of Tabernacles is almost here (Oct. 3–10). I feel there is something very special that God wants to do this year.


During the seven days of this feast, the people were to fashion a temporary booth—a tabernacle (sukkot)—using leafy branches. This could be in their garden or on their rooftop, and they were to sort of live in it for the whole week. This would help them remember that it was the Lord who brought them out of Egypt and that He was their source. It would also remind them that He wanted to live with them—to dwell with them.


Because the Lord has so strongly emphasized each of the three major feasts this year, I feel it behooves us to pay close attention to—and to celebrate—the Feast of Tabernacles as much as possible. Here are five points to consider:


1. Have expectation of something very special—Again, each of the three feasts (Passover, Pentecost, Tabernacles) was very important, but even a cursory glance at their scriptural descriptions should tell us there is something special about the Feast of Tabernacles. For example, Passover and the Feast of Unleavened Bread required a sacrifice of two bulls daily. Tabernacles, however, required thirteen on the first day, twelve on the second day, and so on, down to seven on the seventh day (see Numbers 29). That is a huge difference. So you can readily see there is something unique or extra special about Tabernacles. Now, if we couple that with the fact that the Lord spoke so powerfully to His body worldwide at Passover (April 2020) and Pentecost (late May 2020), we should expect something very special during this year’s Tabernacles. Let’s stay alert spiritually!


2. Living in the glory of God—It’s interesting that the word used for Moses’s tabernacle is also used to describe those temporary booths/shelters that the people were to erect for one week each year. We know that Moses’s tabernacle was filled with the glory of God. We read, “Then the cloud covered the tabernacle of meeting, and the glory of the Lord filled the tabernacle” (Exod. 40:34). If God’s glory filled Moses’s tabernacle, then surely He wants His glory to fill the other tabernacles as well. We can take this to mean that the Lord wants to put His glory on us and in our homes.


Hopefully you will be able to rig up something to represent a “tabernacle” in your home. If you do, don’t just look at it, but actually try to spend some time in it in each of the seven days. We know that Moses’s face would shine because of his time in the presence of God (2 Cor. 3:7–13). What might happen to you and me? And of course God’s intent is not that this be limited to seven days a year. He wants us to always live in His glory.


3. God’s glory scatters the enemy—We know the cloud of God’s presence was with His people and when it moved then they could move. As they prepared to move, Moses would declare: “Rise up, O Lord! Let Your enemies be scattered, and let those who hate You flee before You.” (Num. 10:35). If the glory of God’s presence comes to our homes (and surely it does and will), then we can expect much breakthrough and many miracles because of it, and not just during the week but also during the whole year.


4. Move only when He moves; rest when He rests—We know that Moses and the camp would only move when the cloud of God’s glory moved. We can expect that as we go through this prophetic act of living in the tabernacle of His glory that we too will increasingly learn to move only when He does. Likewise, just as the cloud rested, we will learn to wait and rest in Him. God is in charge. He wants to do great things through His people. The more we live in His glory, the more we will see those things happen.


5. The next move of God will be highlighted by Him using our homes! “And I heard a loud voice from heaven saying, ‘Behold, the tabernacle of God is with men, and He will dwell with them, and they shall be His people. God Himself will be with them and be their God’” (Rev. 21:3). We all know God’s intense desire to live with us and to fellowship with us. Most of us have a good understanding of this in our personal relationship with Him. However, something is now coming to the forefront of our understanding that we didn’t quite see before. He wants our homes to be His ecclesia, the place of His ruling and authority. He wants us to invite Him into our homes and expect Him to be there. He wants us to minister in His name. He wants to touch and heal people that come and visit us and to draw them to Himself.


Satan sent the corona virus to derail things. But God is using it to show us the importance of our homes and how much He wants to fill them and use them. We will hear more and more people teaching on this. In the coming move of God, much evangelism will happen from our homes.


Thanks so much for praying!


Ron and Teddy


Bulletins

  • International School of Leadership Ministry (ILSOM)—Last week’s four-day Catch the Fire event held in Sano (with speakers joining in remotely from around the world) was amazing. It was interesting how it coincided with the Hebrew New Year and the Feast of Trumpets. Two main reasons for blowing the shofar are to wake us up to the goodness of God, and to help us notice weaknesses and wrong areas in our lives so that He can deal with them. There was so much healing and advancement during ILSOM. Thank you, Lord.

  • Yarn Alive—We are still in the year of COVID. A slight outbreak in our town led Teddy and the women to halt Yarn Alive activities for the last half of September. The plan is to begin again in October. Thanks for praying and please continue to do so.


ロン・サーカ・ミニストリーズ

2020年9月30日 

聖書暦5781年ティシュレの月12日

www.rwsministries.com


あなたの神、主のために、主が選ぶ場所で、七日間、祭りをしなければならない。あなたの神、主が、あなたのすべての収穫、あなたの手のすべてのわざを祝福されるからである。あなたは大いに喜びなさい。(申命記16章15節)


仮庵の祭り

主の臨在の内に学ぶ—主の栄光の中に生きる—主の教会となる


そろそろ仮庵の祭りです(10月3~10日)。今年、神は特別なことを成し遂げようとしていると感じます。


仮庵の祭りの7日間、人々は木の枝で仮設の家(仮庵:スコット)を建てました。庭や屋上で仮庵を建て、一週間仮庵の中に住みました。仮庵に住むことによって、主がイスラエルの民をエジプトから救い出し、与え主であることを思い起こしました。また、主が民と共に住みたいと思っておられることを思い出すためにも祝いました。


主は今年3つの祭りを祝うよう強く強調したので、出来るだけ仮庵の祭りに集中し、祝うべきだと思います。下記5つのポイントを考慮してください。


1)特別な事が起こることを期待してください:もう一度言いますが、各3つの祭り(過越し、ペンテコステ、仮庵)はとても大事です。しかし、み言葉での仮庵の祭りの説明を見ますと、どれほど特別か分かります。例えば、過越しと種なしパンの祭りでは毎日雄牛2頭を供え物として捧げました。しかし、仮庵の祭りでは初日で雄牛を13頭捧げ、2日目には12頭、7日目には7頭を捧げました。(民数記29章を参照ください。)これは他の祭りに比べては大きな違いです。ここで仮庵の祭りが特別であることが分かります。また、今年の過越し(2020年4月)とペンテコステ(2020年5月下旬)で主は、神の民に対し力強く語りました。今年の仮庵の祭りの時にも特別なことを期待しましょう。霊的に敏感になりましょう!


2)主の栄光の中に生きる:モーセの幕屋で使われた説明と仮庵(毎年、一週間の間に仮設される幕屋)に使われた説明が同じであることは興味深いです。ご存じの通り、モーセの幕屋は神の栄光で満たされました。聖書ではこう書かれています。「そのとき、雲は会見の天幕をおおい、主の栄光が幕屋に満ちた。(出エジプト記40章34節)」神の栄光がモーセの幕屋を満たしたのであれば、神は他の幕屋も栄光で満たしたいはずです。神は私たちと私たちの家族を栄光で満たしたいということです。


仮庵の祭りの期間中、家に”幕屋(仮庵)”の象徴となるものを設置できればいいと思います。もし設置できるのであれば、それを見るだけではなく、7日間毎日仮庵の中で過ごしてみてください。モーセは幕屋で神の臨在と過ごしたので顔が輝いたと書いてあります(第2コリント人への手紙3章7~13節)。私たちにも同じことが起こるかもしれません。神の目的は7日間だけに制限されていません。私たちに神の栄光の中に住んでほしいのです。


3)神の栄光は敵を散らします:神の臨在の雲がイスラエルの民と共にあり、神の臨在の雲が動いたときにイスラエルの民も動きました。イスラエルの民が出発する前に、モーセが言いました。「主よ。立ち上がってください。あなたの敵は散らされ、あなたを憎む者は、御前から逃げ去りますように。(民数記10章35節)」神の臨在が私たちの家に臨んだ時、私たちは多くの打ち破りと奇跡を期待することができます。それは、今週だけではなく、1年かけて起こります。


4)主が動くときに動き、休むときに休む:神の栄光の雲が動いたときにだけ、モーセとイスラエルの民が動きました。神の栄光の幕屋の中に住むという預言的な行動を取るときに、私たちは「神が動くときに動く」ということをさらに学ぶことができます。また、雲が止まった時に休んだように、私たちも休むことを学びます。神が責任者です。神の民を通して素晴らしいことを行いたいと望んでいます。私たちが神の栄光の中に生きれば生きるほど、それを見ることが出来るでしょう。


5)次の神の働きは私たちの家庭が中心となって起こります:「そのとき私は、御座から出る大きな声がこう言うのを聞いた。「見よ。神の幕屋が人とともにある。神は彼らとともに住み、彼らはその民となる。また、神ご自身が彼らとともにおられて、(ヨハネの黙示録21章3節)」神は私たちと生き、交わりをすることを強く望んでいることはご存じかと思います。私たちは神との個人的な関係において、この真実を良く理解しています。しかし、今まで見ていなかったところが私たちの理解の先に出てきています。神は私たちの家庭を神のエクレシア(神が治め、権威を持つ場所)にしたいことを望んでいます。家庭に神を招き、そこに神の臨在が臨むことを期待してほしいのです。神の御名でミニストリーをしてほしいのです。家庭を訪問する人に手を置き癒し、神に引き付けてほしいと望んでいます。


物事を妨げるため、サタンはコロナウイルスを送りました。しかし、神はこの期間中、家庭の大切さと家庭を満たし、使いたいことを示しました。更に多くの人がこのことについて話すでしょう。これから来る神の働きでは、家庭から多くの伝道の働きが起こります。


お祈りを感謝します。


ロン&テディー・サーカ



お知らせ


1)ILSOM(インターナショナル・リーダーズ・スクール・オブ・ミニストリー):先週の4日間、佐野で素晴らしいCatch The Fireのイベントがありました。世界中からリモートでスピーカーが繋がりました。へブル暦の新年とラッパの祭りの期間中に開催されたことは興味深いことです。ショファールを吹く2つの理由は:1)私たちを神の良さに目覚めさせるため、2)私たちの弱さや間違ったところを表し、神が対処するためです。ILSOMの期間中、多くの癒しと前進がありました。主よ、感謝します。


2)ヤーン・アライブ:まだコロナの影響を受けています。私たちの町でコロナの感染者が出たので、テディと参加者は9月の後半をヤーン・アライブの活動を休止することにしました。10月のまた活動を開始する予定です。お祈りを感謝します。


榮撒卡使徒事工週報

2020年9月30日;5781年提斯利月12日

www.rwsministries.com


「在耶和華所選擇的地方,你當向耶和華你的神守節七日;因為耶和華你神在你一切的土產上和你手裏所辦的事上要賜福與你,你就非常地歡樂。」(申16:15)


住棚節:實踐祂的同在---住在祂的榮耀裡---成為祂的教會


住棚節即將來臨(10月3-10日) 我感到神要在今年做非常特別的事。


在住棚節期的七日,人們喜歡用樹枝搭建一個臨時的帳篷(會幕sukkot),可能是搭在花園裡或屋頂上,他們會整週住在裡面,這將幫助他們記得,主帶領他們脫離埃及、主是他們一切的資源;這也提醒人們,神渴望與他們一起生活,與他們同住。


因為主在今年特別強調三個節期,我覺得我們應該要密切的關注並歡慶住棚節。以下的五件事我們可以思想:


1. 要期待非常特別的事情---這三個節期的每一個(逾越節、五旬節、住棚節)都非常重要,但僅是大略的一窺經文的描述,就告訴我們住棚節有一些非常重要和獨特之處。例如逾越節和除酵節需要每天獻兩隻公牛,但是住棚節在的第一天要獻13隻公牛,第二天獻12隻公牛,以此類推,到第七天需要獻7隻公牛(見民數記29章),這是很大的差別。你可以輕易地發現,住棚節有一些獨到之處。現在,如果我們結合主在今年四月逾越節和五月五旬節,主對祂的肢體大能的說話的這個事實,我們應該要期待今年的住棚節期將有非常特別的事情發生,所以讓我們在靈裡保持高度的儆醒。


2. 住在神的榮耀裡---很有意思的是,用來描述摩西會幕的用語也同樣用來描述人們每年臨時搭建的棚子/棚架。我們知道摩西的會幕充滿了神的榮耀:「當時,雲彩遮蓋會幕,耶和華的榮光就充滿了帳幕。」(出40:34) ,如果神的榮耀充滿摩西的會幕,那麼祂必然也希望祂的榮耀充滿在其他的帳幕裡,我們可以理解為主要將祂的榮耀充滿我們和我們的家。


希望你能在家裡搭起一些東西來代表「帳篷」 ,如果可以,不要只看著它,而是試著在住棚節七天的每一天花時間待在裡面。我們知道摩西的臉因為待在神的同在和榮耀中而發光(林後3:7-13),那麼,你和我將會發生什麼事呢?當然,神渴望的並不是只有一年中的七天,祂渴望我們永遠住在祂的榮耀裡。


3. 神的榮耀驅散仇敵---我們知道神的雲彩與神的百姓同在,當它移動時,百姓就跟著移動。當他們準備移動時,摩西會宣告:「耶和華啊,求你興起!願你的仇敵四散!願恨你的人從你面前逃跑!」(民10:35),如果神的榮耀臨到我們的家(肯定會如此),我們可以期待會有許多的突破和神蹟發生,而且不只是在這七天裡,而是一整年。


4. 在主前進時前進,在主安息時安息---我們知道摩西和會幕只有在神榮耀的雲彩移動時才移動。我們可以期待,我們透過住在祂榮耀帳幕的先知性行動,我們也會更多的學習到,只有當神行動時,我們才行動;同樣的,當雲彩停住,我們就學習等候,安息在祂裡面。神正在掌權,祂要透過祂的子民做極大的事,我們越多住在祂的榮耀裡,我們就越多看到這些事情發生。


5. 神的下一步動作將強調祂對我們家庭的使用!『我聽見有大聲音從寶座出來說:「看哪,神的帳幕在人間。他要與人同住,他們要作他的子民。神要親自與他們同在,作他們的神。」』(啟21:3) 我們都知道神極度的渴望與我們同住和團契,我們大多在我們與神的個人關係裡明白這一點,但一些過去未曾有的看見,現在正越發進入我的視野中心,神要我們的家成為祂的「教會」(ecclesia) ,是祂可以治理和掌權的地方。祂要我們邀請祂進到我們的家中,期待祂待在那裏,祂要我們奉祂的名服事,祂渴望我們觸摸和醫治來造訪我們的人,把他們吸引到主身邊。


撒旦差來了新冠病毒使事情脫軌,但神正使用它來啟示我們家庭的重要性,以及祂多麼想要充滿我們的家、使用我們的家。我們將會聽到越來越多的人教導這方面的信息,在神的下一波運行中,會有許多傳福音的事情發生在我們的家中。

謝謝您的代禱!


Ron and Teddy榮撒卡翰泰迪撒卡


公告:


國際領袖事奉學校(ILSOM)--- 9月19-22日我們在佐野舉辦四天的點火事工特會非常令人驚訝,有意思的是,那時同時是猶太新年和吹角節。吹號的兩個主要原因是:(1)讓我們醒悟到神的良善;(2) 幫助我們注意到在我們生命中的軟弱和錯誤的領域,使神可以處理它們。在ILSOM聚會期間發生了非常多的醫治並有很多的進展,感謝主!


編織求生事工---我們仍在新冠病毒影響的這一年,在我們的小鎮有一次小規模的爆發,所以泰迪和婦女們在九月下旬停止了編織求生的活動,她們計畫十月再開始。謝謝您的代禱,也請繼續為她們禱告。


36 views