2020/9/16 Waking Up the World to the Goodness of God

Ron Sawka Ministries

Sept. 16, 2020; Elul 27, 5780

www.rwsministries.com


“But when he came to himself, he said … ‘I will arise and go to my father’” (Luke 15:17–18).


“And in the seventh month, on the first day … it is a day of blowing the trumpets” (Num. 29:1).


“I was in the Spirit on the Lord’s Day and I heard behind me a loud voice as of a trumpet” (Rev. 1:10).


Changing the Spiritual Atmosphere Over Your Territory

Feast of Trumpets—A Prophetic Act


(As I wrote the article below, I didn’t expect that the Holy Spirit would so strongly urge me to set up Feast of Trumpets celebrations for as many of our languages/nationalities as possible. It is a prophetic act that the Lord wishes us all to join in. Please try to join one of the live broadcasts on my Facebook page. (Times listed are Japan Time.)


  • Sept. 16, Wed., 8:00 p.m., English

  • Sept. 17, Thurs., 8:30 p.m., English/Chinese

  • Sept. 18, Fri., 6:00 a.m., MPP—English/Japanese

  • Sept. 18, Fri., 7:00 p.m., English/Russian


Waking Up the World to the Goodness of God


During MPP on September 15, the Lord surprised us—as He often does—with a new look at an old topic. We had started out with blowing the shofar. That reminded me that this Friday evening, September 18, is the Hebrew New Year (Rosh Hashanah). I love that it features blowing the shofar/trumpet all day long because it carries the concept of “waking up to—or being awakened to—the goodness of God.”


But there is also another truth here. It is the idea that blowing the shofar is a prophetic act. Thus, we are declaring to everything and everybody, “Wake up to the goodness of God.” We are proclaiming this to ourselves—as well as to our homes, businesses, neighborhoods, cities, and nations. It doesn’t matter that people can’t hear the physical words or sounds. In the spiritual realm, they are hearing what we are releasing: “God is good! Wake up and let His love and goodness touch you and heal you and draw you nearer.”


This is a powerful thought. We all know that it is “the goodness of God that leads [us] to repentance” (Rom. 2:4). This is pictured in the story of the prodigal son (Luke 15:17–24). He was lost, confused, and mired in squalor until he suddenly “woke up” in his thinking. He realized his father was good and kind and was longing for him. Then, he immediately rose up and returned home.


When we were blowing the shofar on Tuesday morning, I was conscious that something powerful was being released, both for us and also into the atmosphere around us. We were not only proclaiming to our families, cities, and nations, but were also proclaiming God’s goodness to the deepest parts of our hearts, souls, and minds. Below is a list of some effects of proclaiming His goodness. In fact, I encourage you to take some time to blow a shofar periodically from the evening of September 18th through the 19th. Or even just mimic it, and release a sound with your voice. Either way, it is a powerful prophetic act which declares to the whole world that God is good! Better yet, as much as possible please try to join one of the aforementioned live broadcasts.


God wants us to expect the following:


  1. An awakening and returning—Just as the goodness of the father caused the prodigal to want to return home, the sound released into the spiritual atmosphere declares God’s goodness. People will find their hearts being stirred to turn to Him. It doesn’t matter that they hear or don’t hear what we are saying; they will hear with their spirits. Something will begin to stir and awaken in our families, cities, and nations. I expect something so powerful to be released this weekend.

  2. A breaking of shame and condemnation—We know the prodigal son was drawn to return. The pull of the goodness/love of his father overcame the sense of shame, failure, and condemnation. All of us have areas in our lives that constantly turn away or try to hide from God. The more we declare His goodness, the more we will find any hidden or dark areas in our lives turning toward God.

  3. Experiencing the embrace of God—The father ran to meet his son and embraced him. God wants to embrace us. His embrace is refreshing and brings healing. Some of you will be healed, refreshed, and renewed just by reading these words.

  4. A “dropping off” of the fake—The father commanded the servants to bring a new robe, a ring, and sandals. To me, the robe speaks of our true identity. God’s goodness causes any “fake” in us to fall off—and to be increasingly replaced by who He created us to be.

  5. Irrefutable belonging—I think when he put on that ring, the son knew beyond any doubt whatsoever that he in fact did belong. He wasn’t a guest or a servant, but a son. The more we let the goodness of God overwhelm us, the more we know we are His beloved children. That should give us such confidence!

  6. New stability—Sometimes we lose our balance or don’t stand firmly. Ill-fitting or loose shoes/sandals can cause us to falter and slip. God’s goodness puts new, well-fitting shoes on our feet. We can stand. Say “goodbye” to instability and no longer be afraid of the old things that caused you to slip.

  7. A much more joyful life—The father didn’t just want quiet private time with his returned son. He wanted everyone to enter into that joy. Think about that. The more I know the goodness of God, the more it results in these three things: God celebrating; I myself celebrating; and people around me celebrating.


Thanks so much for praying!


Ron and Teddy


Join Us Live or Online for ILSOM


From Saturday through Tuesday will be the first Catch the Fire Asia/Japan hosting of the International Leaders School of Ministry (ILSOM) seminar. This is an amazing time for raising up God’s people. Most of the speakers will minister online. Many participants in Japan will travel to Sano to take part. I believe there is still time, so sign up. Please register now!




ロン・サーカ・ミニストリーズ

2020年9月16日 

聖書暦5780年エルルの月27日

www.rwsministries.com



「しかし、我に返ったとき彼は、こう言った。・・・立って、父のところに行って・・・」(ルカの福音書15章17~18節)


「第七月には、その月の一日に・・・ラッパが吹き鳴らされる日としなければならない。」(民数記29章1節)


「私は、主の日に御霊に感じ、私のうしろにラッパの音のように大きな声を聞いた。」(黙示禄1章10節)


自分の領域に対して霊的状況を変える

新年祭:預言的な行為


下記の記事に書いた通り、聖霊が私に出来るだけ多くの言語で新年祭を祝うことを促すととは思っていませんでした。私たちが皆新年祭に参加し、祝うこと自体が預言的な行為です。出来る限り、下記のライブ配信に参加ください。(下記の時間は日本標準時間です。)


1)9月16日(水)午後8時~ (英語のみ)

2)9月17日(木)午後8時半~ (英語、中国語)

3)9月18日(金)午前6時~ (英語、日本語:MPP)

4)9月18日(金)午後7時~ (英語、ロシア語)



世界を神の良さに目覚めなさせなさい



9月15日のMPP(ここで視聴出来ます)で神は過去のトピックに対し、私に新しい視点を与え予期しない驚きを与えました。その日のMPPは、ショファールを吹くことから始まりました。ショファールを吹いていた時に、今週の金曜日が新年祭(ロッシュハシャナ)ということを思い出しました。新年祭ではショファール/トランペットを吹くことが特徴であることは大好きです。なぜなら、ショファールを吹くことは「神の良さに目覚める、目覚めさせる」という考えを強調しています。


しかし、ここにはあと一つの真実があります。それはショファールを吹くことは預言的な行為であることです。吹くことによって私たちは全ての人と全てのものに、「神の良さに目覚めなさい」と宣言しています。私たちはこの真実を自分自身、家庭、職場、地元、町々と国々に宣言してます。周りにいる人が言葉と音が聞こえなくとも、霊的な次元で「神は良い方!神の愛と良さに目覚め、触れられ、癒されなさい!」と解き放たれた言葉が聞こえます。


これは力強い考えです。ご存じの通り、「神の慈愛があなたを悔い改めに導きます。(ローマ人への手紙2章4節)」これは、放蕩息子のストーリーではっきりと見ることができます(ルカの福音書15章17~24節)。彼の考え方が目覚めるまで、彼は迷い、混乱と貧困に悩まされていました。父親が彼を激しく愛し、良い方、親切な方と気づきました。放蕩息子は正気に戻り、立ち上がり、父親のもとに帰りました。


ですから、火曜日の朝にショファールを吹いていた時に、私たちの間と周りの空気に力強いものが解き放たれたと感じました。家族、町々と国々だけではなく、私たちは心、魂と精神の奥底に「神は良い方!」と宣言しています。宣言をすることによって起こることをまとめました。実のところ、9月18~19日の午後にショファールを吹くことを勧めます。無ければ、吹くことをまねたり、声でラッパのような音を出してください。いずれにしても、それは世界に「神は良い方!」であることを宣言する預言的な行為です。さらに良いことは、上記にリストアップしたライブ配信の一つに参加することです。


神は私たちに下記を期待してほしいと願っています:


1)目覚めと立ち返り:父の良さが放蕩息子を家に帰るよう促したように、霊的な次元に解き放たれた音は神の良さを宣言します。人々の心は掻き立てられ、神に向かいます。宣言されたことが聞こえても、聞こえなくても、彼らは心の中では聞こえています。家族、町々と国々に何かが掻き立てられ、目覚めが起きます。今週末に力強いものが解き放たれることを期待しています。


2)恥と非難の破壊:放蕩息子が戻るように引き寄せられました。父の良さと愛の引力は、恥、失敗と非難の感覚を乗り越えました。私たちも神から隠れたり、背を向けようとするところがあります。神の良さを宣言すれば宣言するほど、私たちの人生の隠れた暗いところが神の方に向けられ、引き付けられます。


3)神の抱擁を体験する:父は息子のもとに走り、抱きつきました。神は私たちを抱きたいのです。神の抱擁は癒しをもたらします。この言葉を読んで、癒しを受け、新たにされる人もいるでしょう。


4)偽りが取り除かれる:父はしもべに新しい着物、指輪とくつを持ってくるように命じました。着物は真のアイデンティティのことを指すと思います。神の良さは私たちがもつ偽りを取り除き、創造された本来の姿に変えます。


5)疑うことができない受け入れられた関係:手に指輪をはめたとき、息子は何の疑いもなく受け入れられたと感じたと思います。彼は客人やしもべではなく、息子でした。神の良さに入り込めば入り込むほど、私たちは愛された息子、娘であることを知ります。素晴らしい自信です!


6)新しい安定性: 時々、私たちはバランスを失い、しっかり立つことができません。サイズが合わない靴やだらりとしたサンダルや靴によって滑ったり、躓くことがあります。神の良さは私たちの足にサイズがしっかりと合う靴を付けます。不安定さが無くなり、今まで滑っていたところを恐れる必要が無くなります。


7)更に喜びが溢れる人生:放蕩息子が戻ってきた時、父は個人的な静かな時間を過ごすことだけを求めていませんでした。みんなと共に喜びの時に入り込むことを望んでいました。想像してみてください。神の良さを知れば知るほど、1)神が祝い、2)私自身も祝うことができ、3)周りにいる人も祝います。



お祈りを感謝します。


ロン&テディー・サーカ



ILSOMにご参加ください!



今週の土曜日から火曜日まで、Catch The Fireアジア/ジャパンはILSOM(国際リーダーズスクール・オフ・ミニストリー)を開催します。神の人々を立て上げるための素晴らしい時になります。多くのスピーカーは”オンライン”で教えることになりますが、参加者は日本中から佐野に集まります。締め切りまで残りわずかとなりましたので、ぜひ申し込んでください!




榮撒卡使徒事工週報

2020年9月16日; 5780年以祿月27日

www.rwsministries.com


「他醒悟過來,就說:『…我要起來,到我父親那裏去』」(路15:17-18)


「七月初一日,你們當有聖會…是你們當守為吹角的日子。」(民29:1)


「當主日,我被聖靈感動,聽見在我後面有大聲音如吹號,說…」(啟1:10)


改變你地區的屬靈氛圍

吹角節---先知性的行動


(當我寫這篇週報時,我沒有想到聖靈會如此強烈的敦促我要盡可能的用多國的語言來慶祝吹角節。這事實上是一個先知性的行動,表示主希望我們所有人都能來加入,請盡可能的參加其中一個臉書上的直播聚會