top of page

2020/8/5 The Hardest but Most Important Thing? Believing What God Says about You!

Updated: Aug 17, 2020

Ron Sawka Ministries

Aug 5, 2020; Av 15, 5780

www.rwsministries.com


“The angel of the Lord appeared and said to him, ‘The Lord is with you, courageous warrior!’” (Judg. 6:12).


“You have the strength. Deliver Israel from the power of the Midianites! Have I not sent you?”

(Judg. 6:14).


“May he grant you your heart’s desire and fulfill all your plans! … May the Lord fulfill all your petitions!” (Ps. 20:4–5).


Announcements


  • No Updates the Next Two Weeks (August 12, 19)

  • MPP Summer Break (August 3–21)—Emergency prayer requests can be sent to info@rwsministries.com



The Hardest but Most Important Thing? Believing What God Says about You!


Recently, the Lord has been speaking to me about activating for healing and miracles. I read a statement from a now-departed healing minister. He said it’s not just important to believe what God says about healing, but it is equally important that you believe what God says about you. In other words, God is the healer, but it is we who are the agents. If the agents of healing don’t believe in who they are, then they would most likely do poorly in their assignments.


The story of Gideon illustrates this. The Angel of the Lord spoke to Gideon, saying, “The Lord is with you, courageous warrior!” (Judg. 6:12). He actually challenged Gideon with two things that Gideon had to believe. First, that the Lord was with him. And second, that he—Gideon—was a courageous warrior.


Gideon believes neither statement and responds negatively, stating: “Why then has all this happened to us? And where are all His miracles” (Judg. 6:13).


The Lord replies to Gideon—He doesn’t argue or reason with him. He simply repeats, “You have the strength. Deliver Israel” (6:14). It seems as if the Lord knows that if Gideon accepts/believes what God said about him (Gideon), then he would soon have the faith for the task of delivering Israel. Because Gideon does begin to believe what God said about him, He begins to grow in faith. He obeys what God tells him to do and soon finds that he and his 300 men do indeed deliver Israel.


I think many of us have trouble with this point. We gladly accept the idea that we can and should believe God and His promises and that they never fail. However, we have to also believe what He says about us. Feelings of inferiority, orphan spirit, a spirit of rejection, low self-esteem—these all contribute to rejecting what God says about us. Of course we want these things to be true, but we often don’t accept them for the here and now. Sure, we have faith for the future, but not for the present. Essentially we say, “Yes, Lord, I want to be a great warrior and used by you. But right now, God, I am not that.”


There are two obvious negative results of not believing what He says about us. First, of course, is that we will not be able to fulfill what He gives us to do. Gideon would not have delivered Israel had he continued in his disbelief. Neither will we be able to move in the power of God and do the healings and miracles He wants us to. He has given us the power and authority, but until we believe we actually are mighty in Him, then we will have great difficulty and will see few healings and miracles.


If we don’t believe we are who God says we are, it will seem like He is far off…


The second negative of not believing who God says we are is that it will seem He is doing nothing in our lives. It will seem that even though you are trying—even though you are walking in His ways—it will seem that very little supernatural is happening. Note again how negative Gideon sounded in his first response: “If God was with us then surely there would be miracles” (my paraphrase of Judges 6:13). As far as Gideon was concerned, God wasn’t there; He just wasn’t interested. In his mind, God was far off.


A lot of Christians, I think, are uncomfortably close to this kind of experience. They wonder why people are not being healed when they pray. They wonder why there seems to be so few miracles or answers to prayer in their own lives. The solution is not to try harder. The solution is to fully embrace and know right now that you are who God says you are: a warrior, mighty in Him, chosen, and highly favored. You will be surprised at how strong the hand of the Lord will be on your behalf.


Thanks so much for praying!


Ron and Teddy


ロン・サーカ・ミニストリーズ

2020年8月5日 

聖書暦5780年アヴの月15日

www.rwsministries.com



「主の使いが彼に現れて言った。「勇士よ。主があなたといっしょにおられる。」」(士師記6章12節)


「すると、主は彼に向かって仰せられた。「あなたのその力で行き、イスラエルをミデヤン人の手から救え。わたしがあなたを遣わすのではないか。」」(士師記6章14節)


「主があなたの願いどおりにしてくださいますように。あなたのすべてのはかりごとを遂げさせてくださいますように。私たちは、あなたの勝利を喜び歌いましょう。私たちの神の御名により旗を高く掲げましょう。主があなたの願いのすべてを遂げさせてくださいますように。」(詩編20編4~5章)



連絡事項:


  • メールアップデートは2週間お休みします。(8月12日と19日)

  • MPP夏季休暇(8月3日~21日):緊急な祈りのリクエストがある場合は、info@rwsministries.comに連絡してください。



難しいけれど一番大事なこと:主があなたについて語っていることを信じなさい!

ここ最近、主は癒しと奇跡を起こすように私に語っています。今は天に召されましたが、癒しを多く行ったある牧師が言いました。”主が癒しを行うことを信じることはもちろん大事ですが、主があなたについて語っていることを信じることは同じぐらい大事です。”言い換えると、主は癒し主であり、私たちは代理人です。癒しを行う代理人が自分自身の能力を信じなければ、任された任務を上手く達成することはできません。


ギデオンの人生はこれを表しました。主の使いがギデオンに現れたときに言いました。「勇士よ。主があなたといっしょにおられる(士師記6章12節)。」これはギデオンが2つのことを信じるための神のチャレンジでした。一つ目は”主があなたといっしょにおられる”、二つ目は”勇者よ”です。


ギデオンは消極的な思いで神に応答しました。「ああ、主よ。もし主が私たちといっしょにおられるなら、なぜこれらのことがみな、私たちに起こったのでしょうか・・・私たちに話したあの驚くべきみわざはみな、どこにありますか。・・・」(士師記6章13節)


そこで、主は議論をせず、簡潔にギデオンに言いました。「あなたのその力で行き、イスラエルをミデヤン人の手から救え。(士師記6章14節)」もしギデオンが自身について神が語っていることを受け入れ信じれば、イスラエルを救うための信仰が掻き立てられると主が知っていたようです。ギデオンが自身について神が語っていることを信じたため、信仰が成長し、主の指示に従いました。その結果、ギデオンと300人はイスラエルを救いました。


ここで多くの人たちが苦労していると思います。私たちは喜んで神とその約束を信じ、尽きることがないものと受け入れます。しかし、神が私たちについて語っていることを信じる必要があります。劣等感、孤児の霊、拒絶の霊、自尊心の低さは、主が語っていることを信じないように働きかけます。もちろん、私たちは主が語っていることを信じたいのですが、今ではなく、将来達成できると思い込んでしまいます。私たちは無意識に主にこう言っています。「もちろん、主よ。あなたのために勇者となり、遣わされたいです。でも、私は今勇者ではありません。」


主が自分について語られることを信じないことで生まれる悪い結果が2つあります。1つ目は、私たちは神が与えた召しを達成することはできません。ギデオンは信じなければ、イスラエルを救うことは出来なかったでしょう。同じく、私たちも癒しと奇跡を起こすことなく、神の召しに歩むことができません。主は私たちに力と権威を与えましたが、私たちが自分自身を”勇者”と信じるまでは、多くの癒しと奇跡を見ることはできないでしょう。


神が私たちについて語っていることを信じなければ、神から遠ざかります。


神が自分ついて語られることを信じない2つ目の悪い結果は、自分自身の人生で神が働くことを見ないことです。尽くしても、神の道を歩んできても、人生では超自然的なことは滅多に起こりません。もう一度、ギデオンの最初の応答を見ましょう。「ああ、主よ。もし主が私たちといっしょにおられるなら、なぜこれらのことがみな、私たちに起こったのでしょうか・・・私たちに話したあの驚くべきみわざはみな、どこにありますか。・・・」(士師記6章13節)ここでギデオンは大きな勘違いをしていました。神が遠い存在で、イスラエルのことに興味がないと思っていました。


多くのクリスチャンも残念ながら同じような経験をしていると思います。祈るときに何故人が癒されないかと悩んでいるかもしれません。自分の人生で祈りが答えられることや奇跡が少ないかもしれません。解決方法はもっと尽くすことではありません。解決方法は、神があなたについて語っておられることを完全に信じることです。主はあなたのことを「勇者、主にあって力強い、選ばれたもの、好意を持つもの」などと読んでいます。主の御手がどれほどあなたの人生で力強く働くかを見て驚くでしょう。


お祈りを感謝します。


ロン&テディー・サーカ


榮撒卡使徒事工週報