2020/6/24 Changing Our “Default” from Solemnity to Joy

Updated: Jun 26

Ron Sawka Ministries

June 24, 2020; Tamuz 2, 5780

www.rwsministries.com


“In Your Presence is fullness of joy” (Ps. 16:11, NKJV).


“And I will put an end to all her mirth, her feasts, her new moons, her Sabbaths, and all her appointed feasts” (Hos. 2:11, ESV).


“Sing O barren, you who have not borne! Break forth into singing and cry aloud. … For more are the children of the desolate … Enlarge the place of your tent” (Isa. 54:1–2).


In this update:

  1. Changing Our “Default” from Solemnity to Joy

  2. Week Two of Three Weeks of Praying in Tongues to Break Barrenness

  3. Back in Action—Yarn Alive


Changing Our “Default” from Solemnity to Joy


The other day I read Hosea 2:11. It struck me how much the Lord has always intended that His feast days and holy days were meant to be times of joy and celebration. This also includes the Sabbath. I pondered how by the time of the gospels the Sabbath had become a hard, legalistic, and strikingly non-joyful day.


The next morning, MPP was about celebrating first fruits for the month of Tammuz (June 23–July 21) (video is here). So I began talking about joy, because each month is meant to be a time of joyful celebration with family, friends, and most importantly with the Lord.


The more we talked about joy, the more we began to see that many of us seem to have a default setting to “solemnity and non-joy.” We may have times of great joy and celebration, but invariably we find ourselves drifting back to being overly serious and solemn. Even worse is we think this is who we are or how we should act. Along with that is a kind of semi-condemnation that “I am not really doing my best, and surely the Lord is not with me.”


This is wrong. It is not the Lord’s default setting for us. Yes, there may be times of difficulty and sadness. There may be times of solemnity. But the Lord always wants us to return to joy. Think of the Israelites in Nehemiah’s time. They heard the reading of the word of God and keenly felt their own shortcomings. But the leaders wouldn’t let them grieve. Rather, they were told to choose to rejoice, because “The joy of the Lord is your strength” (Neh. 8:10).


So let this month be a time of shining. How? Choose to rejoice daily. Deliberately choose joy. This brings His presence. Watch how quickly our default will change to what it is supposed to be—the joy of the Lord.


Three Weeks to Break Barrenness and Enter Enlargement (June 14–July 5)


We are in the second week of praying in tongues for thirty minutes a day to break barrenness. On Sunday, June 14, I had been speaking about praying in tongues and how it can be likened to the blowing of the trumpet/shofar in the Old Testament (video is here). God led me to Isaiah 54:1–2 about enlargement. But I found my eyes fastened on the word barrenness, and knew the Lord wanted to break it. I found myself saying that if we would pray in tongues for thirty minutes a day, barrenness in our lives would be broken. In my spirit, I asked “how long?” and felt the Lord say for three weeks. I was reminded of Daniel and how God immediately released the angel with the answer. However, it took twenty-one days of prayer and spiritual warfare in order for that angel to break through to Daniel (see Daniel 10:1–13). I felt that three weeks was the time frame the Lord wanted us to follow.


So please feel free to join us. Pray in tongues thirty minutes a day and watch barrenness (physical, spiritual, and even financial) break! Thank you, Lord, for this strategy!


Back in Action

Yarn Alive Update


This week Teddy held the sixth annual board meeting for Yarn Alive. (There are lots of regulations to comply with because Yarn Alive is a registered legal entity.) But it is all good news. Yarn Alive has come through this nearly four-month period of inactivity without income. Our Heavenly Father has provided for everything.


Thank you for praying for Yarn Alive. Be sure to pray for and thank the Lord for the other three women who serve as board members, as well as the two part-time staff (one does bookkeeping and the other communications and publicity).


If you are interested in helping financially, please contact yarnalive@gmail.com or visit http://yarnalive.com/donation.


Thanks so much for praying!


Ron and Teddy



ロン・サーカ・ミニストリーズ ウィークリーアップデート

2020年6月24日 聖書暦5780年 タンムズの月2日



「...あなたの御前には喜びが満ち...」(詩編16章11節)


「わたしは彼女のすべてを喜び、祭り、新月の祭り、安息日、すべての例祭を、やめさせる。」(ホセア書2章11節)


「子を産まない不妊の女よ。喜び歌え。産みの苦しみを知らない女よ。喜びの歌声をあげて叫べ…あなたの天幕の場所を広げ…」(イザヤ書54章1~2節)



今回のメールアップデートでは下記ポイントに焦点をあてます。

1)自身の初期設定を厳粛さから喜びに変える:今月、輝く必要があります。

2)不妊の霊を打ち壊すための異言の祈り:2週目に突入しました。

3)稼働再開:ヤーン・アライブ



自身の初期設定を厳粛さから喜びに変える


先日、ホセア書2章11節を読んでいました。そこで気が付いたのですが、神は例祭や聖日の目的を喜んで祝うときと定めていました。これは安息日も含みます。安息日は福音が書かれた時代でなぜ堅く、律法的、喜びがない日となったかじっくり考えました。その次の日、MPPでタンムズの月の初穂祝いをしていました。(ここで放送を確認出来ます。)そこで私は喜びについて教えました。なぜなら、すべての月は家族と友達、なによりも主と喜んで祝う時なのです。


喜びについて話せば話すほど、私たちの初期設定が「厳粛さ」と「喜びの無さ」と分かります。大きく喜んで祝う時期もありますが、私たちはほとんど時間が経てば自然と「厳粛さ」と「重苦しさ」に押し戻されます。さらに悪いことに、私たちはその「厳粛さ」が本来の振舞うべき姿と思っているところです。それは”自分は全力を尽くしていない”、”主は私と共にいない”という思いをわき上がらせる自己避難の一つです。


これは間違っています。これは主が望んだ初期設定ではありません。もちろん、苦難、悲しみや厳粛さを感じる時もあるでしょう。しかし、神は私たちに喜んで欲しいのです。ネヘミヤの時代のイスラエルの民のことを思い出してください。彼らは御言葉が読み上げられたのを聞き、心が痛くなるぐらい自身の足りなさを感じました。しかし、その当時いたリーダーは悲しむことを許さなかったです。喜ぶことを選びなさいと言いました。「...悲しんではならない。あなたがたの力を主が喜ばれるからだ(ネヘミヤ記8章10節)。」


だから、今月を輝く月としてください。どのようにして輝けるでしょうか?それは、日々喜ぶことを選ぶことです。意図的に喜ぶことを選んでください。そうすると神の臨在が現れます。そしてあっという間「主を喜ぶ」という本来の設定に戻ることができます。



3週間で不妊の状況を打ち壊し、増大に入り込む(6月14日~7月5日)


不妊の状況を打ち壊す為、毎日30分異言で祈り始めて2週目になります。6月14日(日曜日)、私は異言で祈ることは旧約聖書でショファール/トランペットを吹くことに似ていると教えました。メッセージはここで確認できます。そこから、神は拡大について書かれているイザヤ書54章1〜2節に私を導きました。しかし、「不妊」の言葉に私の目は引かれて、神はそれを打ち壊したいと願っているとわかりました。1日に30分間異言で祈れば、私たちの人生の「不妊」が打ち壊されるとメッセージで言いました。そこで”どれぐらい長く異言で祈る必要があるか”と主に尋ねました。そして主は3週間と答えました。ダニエルが祈った時に主はすぐに御使いを遣わしましたが、ダニエルに答えが与えられ、打ち破りがあるまでは21日間の霊的戦いがありました(ダニエル書10章10〜13節)。主は私たちにその時間帯を守るように語っていると思いました。


ですから、自由に私たちと共に異言で祈りましょう。毎日30分間異言で祈り、人生の不妊(肉体的、霊的、経済的)が打ち壊されるところを見てください!戦略を主に感謝しましょう!


稼働再開

ヤーン・アライブ


今週、テディーは第6回ヤーン・アライブの役員会を行いました。(ヤーン・アライブは法人なので、政府の規則に沿って行う必要がある事がいっぱいあります。)役員会で話されたことは全て良いニュースでした。ヤーン・アライブは4ヶ月間活動を停止し、収入はありませんでしたが、天の父は全ての必要を満たしました。


ヤーン・アライブのためにお祈りをありがとうございます。役員の3名とパート社員の2人(経理担当、連絡担当)のためにもお祈りください。


ヤーン・アライブを経済的に支援をしたい方は、yarnalive@gmail.comにメールまたはwww.yarnalive.com/donationにアクセスしてください。



お祈りを感謝します。


ロン&テディー・サーカ


榮撒卡使徒事工週報

2020年6月24日; 5780年搭模斯月2日

www.rwsministries.com


「在你面前有滿足的喜樂。」(詩16:11)


「我也必使她的宴樂、節期、月朔、安息日,並她的一切大會,都止息了。」(何2:11)


「你這不懷孕、不生養的,要歌唱;你這未曾經過產難的,要發聲歌唱,揚聲歡呼。因為沒

有丈夫的比有丈夫的兒女更多。…… 要擴張你帳幕之地。」(賽54:1-2)


本週週報概覽:

1.將我們的“默認模式”從嚴肅改變為喜樂

2.三週方言禱告破除貧瘠和不孕之第二週

3.編織求生恢復運作


將我們的“默許模式”從嚴肅變為喜樂


有一天我在讀何西阿書2:11時,一個真理觸動了我,就是神的心意始終是要祂的節期和聖日

成為喜樂和歡慶的日子,這也包括安息日。我不禁思考,為何福音書所寫的年代裡,安息日

竟變成了如此剛硬、律法主義並且全無喜樂的日子。


次日早晨的先知性早禱會是關於搭模斯月(6月23日至7月21日,點此觀看視頻)的初熟果子

歡慶,所以我開始講關於喜樂的主題,因為每個月都應該是與家人、朋友還有最重要的——

與主喜樂歡慶的時間。


我們越是談論喜樂,就越意識到我們很多人好像有一種傾向於“莊嚴肅穆”的默許模式。我們

也會有開懷喜樂和歡慶的時光,但總是會不知不覺恢復到過於嚴肅和莊重的狀態。更糟的是

,我們認為這是我們的身份所應有的表現,與此相伴的還有一種半定罪意味的“我沒有盡全

力,神必定不與我同在”的想法。


這是錯的。主沒有把我們的默許出廠模式設定成這個樣子。的確,會有困難和悲傷的時刻,

也會有莊嚴的時刻,但主始終要我們回歸喜樂。回想尼希米時代的以色列人,他們聽到人宣

讀神的話,深感自己的虧欠,但是領袖們不允許他們陷入悲傷。相反,他們被要求選擇喜樂

,“因靠耶和華而得的喜樂是你們的力量”(尼8:10)。


所以,讓這個月成為發光的一個月。該如何做呢?要每天選擇喜樂,定意選擇喜樂。這能帶

下神的同在。你將看見自己的默許狀態轉變成應有的樣子——靠主而得的喜樂。


三週打破貧瘠和不孕 進入擴張(6月14日-7月5日)


我們正在操練每天30分鐘方言禱告打破貧瘠的第二週。我在6月14日主日那篇週報中談到方

言禱告以及它與舊約中吹號角/羊角的共通之處(點此觀看視頻)。神帶領我讀以賽亞書

54:1-2中關於擴張的經文。但我的眼光被“不孕育”這幾個字抓住了,知道這是神要打破的。

我接著說,如果我們每天方言禱告30分鐘,我們生命中的不孕和貧瘠就會被打破。我在靈裡

問主:“需要多久?” 然後主回答,需要三週。我想起但以理禱告後,神立刻釋放了傳信息

的天使,但是在21天的禱告和屬靈爭戰後天使才突破重圍,抵達但以理(但10:1–13)。我感覺神要我們也做三個星期。


歡迎大家加入禱告。每天30分鐘方言禱告,見證到(生理上、屬靈的,甚至財務的)不孕和

貧瘠被破除!感謝主賜下策略!


編織求生事工近況

恢復運作!


本週,泰迪主持了編織求生事工的第六次年度董事會(我們需要遵守很多制度要求,因為編

織求生是註冊登記的法人),報告的都是好消息。編織求生已經挺過了將近四個月的停擺和

收入中斷,我們的天父在凡事上也供應我們的需要。


謝謝大家為編織求生事工禱告。請大家也為董事會的另外三位女性以及兩位兼職員工(一位

負責圖書管理,一位負責公關聯絡)禱告,為她們感謝神。


如果你有感動在財務上幫助我們應對新冠疫情帶來的經濟壓力,請聯絡以下地址

:yarnalive@gmail.com 或 http://yarnalive.com/donation。


謝謝大家的代禱!

Ron and Teddy Sawka榮撒卡和泰迪撒卡


38 views