2020/6/17 Three Weeks to Break Barrenness and Enter Enlargement

Updated: Jun 21

Ron Sawka Ministries

June 17, 2020; Sivan 25, 5780

www.rwsministries.com


“When you go to war in your land against the enemy who oppresses you, then you shall sound an alarm with the trumpets and you will be remembered before the Lord your God and you will be saved from your enemies” (Num. 10:9, NKJV).


“Sing O barren. You who have not borne! Break forth into singing and cry aloud. For more are the children of the desolate … Enlarge the place of your tent” (Isa. 54:1–2).


Three Weeks to Break Barrenness and Enter Enlargement


On Sunday night when I was teaching on how praying in tongues is like the blowing of the trumpet, the Lord took me to Isaiah 54:1–2 because ever since Pentecost we have entered a time of expansion. I know the Lord wants us to expand! But when I saw those verses, I knew He was giving a strategy for how to break barrenness.


There are many kinds of barrenness—spiritual, financial, business, creative—and of course physical barrenness where a couple is unable to conceive a child.


I clearly felt the Lord give the strategy that we were to pray in tongues and that doing so would break barrenness. I asked the Lord, “How long?” and I felt He said for three weeks. Why three weeks? When Daniel prayed, God released the answer immediately but it took three weeks for the angelic messenger to be able to break through the spiritual opposition (Daniel 10:10–13). So please join us. I am excited about the results we will see and the expansion that will begin. The link to the video from Sunday night is here: https://www.facebook.com/RonSawka/videos/256159385449707/.




Again, ever since Pentecost it seems the Lord keeps showing me so many things about speaking in tongues. I know this is not a new topic for most of the people that follow me, but I feel I have to keep writing about it. This is the most basic of all the gifts of the Holy Spirit. From the early days of Pentecost (and much later during the Azusa Street revival and the early years of Pentecostalism), speaking in tongues was very prominent and believers sought after it.


Gradually, the church in general came to a clearer scriptural understanding of tongues so that today we know the following things. First, it is for all believers. Second, it is received by faith. Third, it is connected to—but not the same as—the baptism of the Holy Spirit. (For example, I was baptized in the Holy Spirit in 1972, but didn’t speak in tongues until some point in 1973, mostly because I didn’t realize tongues had already had been given when I first asked Jesus to baptize me in the Holy Spirit. Once I recognized that truth, I could then easily release a flow of tongues.


Today, most believers I am acquainted with do have the “gift of speaking in tongues” and know how to use it. Unfortunately, some don’t use it very much. That is tragic, because so many good things happen when you pray in tongues. Here are some things that the Lord has been impressing on me lately:


1. Praying in tongues can be somewhat likened to blowing the trumpet/shofar. Interestingly, 120 priests blew the trumpets when the glory of God filled Solomon’s temple (2 Chron. 5:12–14), and 120 received tongues on the Day of Pentecost (Acts 1:15; 2:1–4).


2. Trumpets are linked with the Lord fighting on our behalf. “When you go to war in your land against the enemy who oppresses you, then you shall sound an alarm with the trumpets and you will be remembered before the Lord your God and you will be saved from your enemies” (Num. 10:9, NKJV). Thus, when we pray in tongues it is like the Lord coming and doing warfare for us against our enemies (i.e., the world’s system, the flesh, and the devil). Do you need victory and breakthrough? Pray in tongues. The Lord will come to help you. In fact, He will come and fight for you.


3. Blowing the trumpet rouses your spirit and faith for war. “For if the trumpet makes an uncertain sound, who will prepare for battle?” (1 Cor. 14:8). Whenever we pray in tongues, our spirit begins to rise up in great faith. Think of how David always seemed to respond in faith by recalling the story of his battle with Goliath. King Saul and all the soldiers who saw Goliath and heard his boasting and taunting were full of fear, doubt, and uncertainty. But not David. Faith and confidence rose up in him so that he went to Saul declaring that he would go and fight. He did, and God gave him great victory against this seemingly insurmountable problem. This is why we must pray in tongues. Your spirit rises up and will be strengthened and you will be filled with faith. When you next see a problem or crisis, you won’t be afraid and worried like Saul, but will find yourself responding like David. You will automatically begin to rise up and God will help you to destroy that giant.


Yarn Alive Update

“We are so bored—we want to start knitting again.”


Thank you so much for praying for Yarn Alive. Teddy is slowly reopening some activities as per regulations. The women are so excited to be able to finally restart after almost four months of not being able to meet. And yes, that is really what they have been saying—they can’t wait to start knitting!


There are several lesser activities now, and the full schedule will resume in July.


If you are interested in helping financially to overcome the loss of regular income due to coronavirus, please contact yarnalive@gmail.com, or http://yarnalive.com/donation.


Thanks so much for praying!


Ron and Teddy


ロン・サーカ・ミニストリーズ ウィークリーアップデート

2020年6月17日 聖書暦5780年シヴァンの月25日


「また、あなたがたの国で、あなたがたを襲う侵略者との戦いに出る場合は、ラッパを短く吹き鳴らす。あなたがたが、あなたがたの神、主の前に覚えられ、あなたがたの敵から救われるためである。」(民数記 10章9節)


「「子を産まない不妊の女よ。喜び歌え。産みの苦しみを知らない女よ。喜びの歌声をあげて叫べ。夫に捨てられた女の子どもは、夫のある女の子どもより多いからだ」と主は仰せられる。「あなたの天幕の場所を広げ、あなたの住まいの幕を惜しみなく張り伸ばし、綱を長くし、鉄のくいを強固にせよ。」(イザヤ書54章1〜2章)



3週間で不妊の状況を打ち壊し、増大に入り込む


先週の日曜日、異言で祈る事は主のラッパを吹く事と似ていると教えている時に、主は私にイザヤ書54章1〜2節を示しました。何故なら、ペンテコステの時から私たちは拡大の季節に入りました。主は私たちに拡大して欲しいと願っています!私はその聖書箇所を見た時に、主は私に不妊の状況を打ち壊すための戦略を与えていると分かりました。


様々な不妊の状況があります。霊的不妊、経済的不妊、ビジネスの不妊、創造力の不妊などです。また、実際に子供が産めない不妊の状況もあります。


主が私に不妊の状況を打ち壊すための戦略をはっきりと与えました。それは異言で祈る事です。”どれぐらい長く異言で祈る必要があるか”と主に尋ねました。そして主は3週間と回答したと思います。何故、3週間か?ダニエルが祈った時に、神はすぐに答えましたが、御使いが暗闇の力を打ち砕き、ダニエルへ答えを届けるまで3週間が掛かりました(ダニエル書10章10〜13節)。ですから、私たちと共に祈ってください。3週間後の結果を見るのが楽しみです。それから拡大が開始すると思います。


https://www.facebook.com/RonSawka/videos/256159385449707/.


ペンテコステの時から主は私に異言に祈ることについて様々な事を示しています。私と付き合いが長い人は良く知っている内容だと思いますが、また異言について話す必要があります。異言は聖霊の基本的な賜物です。最初のペンテコステから、アズサ・ストリートで初期のペンテコステ派が現れるまで、異言で話すことは人目を引くことであり、多くの信者は異言で話すことを求めました。


徐々に一般的な教会では、異言についてはっきりと聖書的に下記の通り知ることになりました。①異言はすべての信者の為にあるもの。②異言は信仰によって受け取るもの。③聖霊のバプテスマに接点があるが同じではないこと。(例として、私は1972年に聖霊のバプテスマを受けましたが、1973年までは異言で話すことはありませんでした。何故なら、私が聖霊のバプテスマを受けたときに異言も与えられるとは知らなかったのです。真実を知った時に、私は簡単に聖霊の流れで異言で祈ることが出来ました。)


今日、私が知っている多くのクリスチャンは”異言で祈る”賜物を持っています。しかし、残念なことにあまり使いません。これは悲惨なことです。何故なら、異言で祈ることで得るものがいっぱいあるからです。最近、主が私に語っていることを下記に纏めました。


1)異言で祈ることは、トランペットやショファールを吹くことに似ています。興味深いことに、神の栄光がソロモンの神殿を満たした時に120人の祭司がトランペットを吹いていました(第二歴代誌5章12~14節)。そして、最初のペンテコステに120人に異言の賜物が与えられました(使徒の働き1章15節;2章1~4節)。


2)トランペットは主が私たちのために戦っていることに繋がっています。「また、あなたがたの国で、あなたがたを襲う侵略者との戦いに出る場合は、ラッパを短く吹き鳴らす。あなたがたが、あなたがたの神、主の前に覚えられ、あなたがたの敵から救われるためである。(民数記10章9節)」従って私たちが異言で祈るときに、主が私たちの為に敵(この世のシステム、肉、悪魔など)と戦っています。今勝利と打ち破りは必要ですか?異言で祈ってください。主はあなたを助けに来ます。それどころか、あなたの為に戦いに来ます。


3)トランペットを吹くことによってあなたの霊と戦いに対する信仰が掻き立てられます。「また、ラッパがもし、はっきりしない音を出したら、だれが戦闘の準備をするでしょう。(コリント人への手紙第一14章8節)」異言で祈るときに、私たちの霊は大きな信仰を持って立ち上がります。ゴリアテの話を見ますと、ダビデはいつも信仰を持って状況に対し反応しました。サウロ王と彼の兵士は、ゴリアテの姿を見たときに恐れ、疑いと疑念で満たされました。しかし、ダビデは違いました。彼の中にすぐに信仰と確信が立ち上がり、サウロ王にゴリアテと戦いたいと話しました。克服できないような問題に見えたが、神はダビデに勝利を与えました。だからこそ、異言で祈るべきです。あなたの霊が立ち上がり、力と信仰で満たされることになります。人生で次の問題や危機が発生した時に、あなたは恐れたサウロ王のようではなく、ダビデのように反応するでしょう。あなたは習慣の惰性で立ち上がり、神は巨人を倒すために助けるでしょう。



ヤーン・アライブ アップデート

“暇です。。。編み物がしたいです。。”


ヤーン・アライブのためにお祈りありがとうございます。テディーは政府の規則に従ってゆっくりと活動を再開しています。女性たちは4ヶ月ぶりに再開できる事を楽しみにしています。 待ちどおしいと言っています。


今は少し活動を開始していますが、7月には完全に再開します。


経済的に支援をしたい方は、yarnalive@gmail.comにメールまたはwww.yarnalive.com/donationにアクセスしてください。


お祈りを感謝します。


ロン&テディー・サーカ



榮撒卡使徒事工週報

2020年6月17日; 5780年西彎月25日

www.rwsministries.com


「你們在自己的地,與欺壓你們的敵人打仗,就要用號吹出大聲,便在耶和華你們的 神面

前得蒙記念,也蒙拯救脫離仇敵。」(民10:9)


「「你這不懷孕、不生養的,要歌唱;你這未曾經過產難的,要發聲歌唱,揚聲歡呼。因為

沒有丈夫的比有丈夫的兒女更多。…… 要擴張你帳幕之地。」(賽54:1-2)


三週打破貧瘠和不孕 進入擴張


週日晚上,當我在教導說方言如同吹響號角的信息時,主帶領我去讀以賽亞書54:1-2,從五

旬節開始我們已經進入擴張的時期。我知道主當然願意我們擴張境界!但是當我讀到這幾節

經文時,我知道祂正賜給我們打破不孕和貧瘠的策略。


貧瘠有很多種——屬靈的、財務的、生意的、創意的——當然,還有身體上的貧瘠(不孕

),即夫婦無法孕育孩子的情形。


我清楚地感覺到主賜下策略,要我們透過方言禱告來打破貧瘠和不孕。我問主,“需要禱告

多久?” 隨後我感覺神的回答是三週的時間。為什麼是三週?當但以理禱告之後,神立刻就

釋放了回應,但是三週之後傳信息的天使才衝破屬靈的攔阻,抵達但以理那裡(但

10:10–13)。所以,來加入我們吧。我十分期待我們即將看到的結果,以及即將開始的擴張

。可點擊鏈接回看週日晚上臉書的聚會錄影(英翻中):

https://www.facebook.com/RonSawka/videos/256159385449707/。


話說回來,從五旬節開始主一直在向我展示關於說方言的許多信息。我知道對於關注我的大

多數人而言,方言並不是一個新話題,但我仍覺得有必要繼續寫這個主題。在聖靈的所有恩

賜中,方言是最基礎的。從早期教會的五旬節(以及很久之後的阿蘇撒街大復興和五旬節派

誕生早期)以來,說方言都是非常突出的恩賜,信徒也很追求。


漸漸地,教會整體上對方言恩賜有了更為清楚的基本真理的認識,所以今天我們才會明白以

下這些事實。首先,方言是賜給所有信徒的。第二,方言要靠信心來領受。第三,方言與聖

靈的洗有關——但不等同於聖靈的洗。(舉例來說,我1972年受了聖靈的洗,但直到1973年

某一天才開始說方言,主要是因為我當時不明白在我第一次求耶穌用聖靈為我施洗時,主已

經賜下方言給我。當我認識到這個真理,我可以很容易釋放出方言的流。)


今天,大多數我認識的信徒都擁有“說方言的恩賜”,也知道如何使用。然而可惜的是,有些

人並不經常操練它。這是很可悲的,因為當你用方言禱告時會發生許多奇妙的事。以下是最

近神感動我的一些要點:


1. 方言禱告如同吹號角/羊角。有趣的是,當神的榮耀充滿所羅門所造的聖殿時,正好有120

名祭司吹號(代下5:12–14),在五旬節那天也正好有120人領受了方言的恩賜。(徒1:15;

2:1–4)


2. 號角與神為你爭戰有關。「你們在自己的地,與欺壓你們的敵人打仗,就要用號吹出大聲

,便在耶和華你們的 神面前得蒙記念,也蒙拯救脫離仇敵。」(民10:9)因此,當我們用

方言禱告,就好像神來到並且為我們與仇敵爭戰(世界的體系、屬血氣的和魔鬼)。你需要

得勝和突破嗎?用方言禱告吧。主會前來幫助你。實際上,祂會前來為你爭戰。


3. 吹號角能夠興起你的靈和爭戰的信心。“若吹無定的號聲,誰能預備打仗呢?” (林前

14:8)每當我們方言禱告,我們的靈就開始在大信心中興起。想想大衛,常常藉著回想與歌

利亞的爭戰而能用信心回應環境。掃羅王和他的臣僕一看見歌利亞、聽見他的自誇與辱罵

就被懼怕、疑惑和不確定所佔據。但大衛不是這樣,信心和自信在他裡面升起,使他敢於向

掃羅請戰。他一出戰,神就賜給他極大的得勝,攻克了這個看似難以逾越的障礙。這正是我

們為什麼必須用方言禱告的原因。你的靈將興起、得著力量,你將充滿信心。當下一次遇到

困難或危機時,你將不會像掃羅一樣懼怕憂慮,而是像大衛一樣的回應。你將自動開始興起

,神也將幫助你擊垮巨人。


編織求生事工近況

“我們閒得發慌——真想重新開始編織!”


謝謝大家為編織求生事工代禱。泰迪正在政策允許的範圍內緩慢開始重新開放一些活動。婦

女們很興奮,在隔離將近四個月之後終於可以恢復見面。正如她們所說的——等不及要重新

開始編織了!


目前已開放一些小型活動,預計7月將全面恢復正常。

如果你有感動在財務上幫助我們應對新冠疫情帶來的經濟壓力,請聯絡以下地址

:yarnalive@gmail.com 或 http://yarnalive.com/donation。


謝謝大家的代禱!

Ron and Teddy Sawka榮撒卡和泰迪撒卡

22 views