2020/6/10 Making Holy Spirit Our Very Best Friend!

Updated: Jun 15

Ron Sawka Ministries

June 10, 2020; Sivan 18, 5780

www.rwsministries.com


“Look, the Sovereign Lord of Heaven’s Armies is about to remove from Jerusalem and Judah every source of security, including all the food and water, the mighty men and warriors, judges and prophets, omen readers and leaders, captains of groups of fifty” (Isa. 3:1–3, NET).


“But the wise will shine like the brightness of the heavenly expanse. And those bringing many to righteousness will be like the stars forever and ever” (Dan. 12:3, NET).


“Moses and Aaron were among his priests; Samuel was one of those who prayed to him. They prayed to the Lord and he answered them” (Psalm 99:6, NET).


Making Holy Spirit Our Very Best Friend!


Looking back on Pentecost, I am learning that the main message for all of us is that Holy Spirit must become our best friend. It’s a phrase I remember well from Heidi Baker (Iris Ministries) when she visited us in 2014. In fact, she called Holy Spirit “my very best friend.” I feel the Lord is strongly urging us to make whatever shifts necessary so that this becomes a reality for all of us.


By now, most of us agree that the Lord caused us to focus so much on Passover and Pentecost this year because He is signaling a shift or great change in both the world and the church at large. We will look back and see we have entered a time similar to what Isaiah described: “Look, the Sovereign Lord of Heaven’s Armies is about to remove from Jerusalem and Judah every source of security” (3:1).While all believers know that our only security must be based on the Lord, perhaps many—except for brief periods—have not been forced to actually live that way. But all of that is changing.


The fact that Pentecost was so emphasized and occurred right in the midst of the virus—and now the incredible shakings going on in America—is a clarion call that without the Holy Spirit, we will not be able to survive, much less advance and flourish. And make no mistake about this. The Lord’s intent is that we shine brightly. He wants us to shine “to bring many to righteousness” (Dan. 12:3). In fact, the greater the darkness, the more He can cause us to shine.


For this, we need Holy Spirit. More specifically we must allow Him to become our best friend. Not just a force or anointing; nor just the one who enables giftings and ministries (although He certainly is all of those). But much more than that—our very best friend.


Recently I was stirred by Psalm 99:6. Among others, Moses and Samuel called upon God and He answered. Great things happened. They were, first and foremost, friends of God—friends of Holy Spirit. We have entered into a time when He requires we call on Him in great faith so that He can do great things.


When Jesus first introduced Holy Spirit to the twelve, He called Him the Comforter. The Amplified Bible lists several other word choices: “Counselor, Helper, Intercessor, Advocate, Strengthener, Standby” (John 14:26). Those are all amazing descriptions, and each one is so important for us. Just as a true friend will try to be for us what we need at a particular time, Holy Spirit—our best friend—wants to be all of those things to us.


So how do we shift so Holy Spirit becomes our best friend? There isn’t a formula, or “how-to in three easy steps” or something like that. All I know is something like the following:

  1. Make the decision in your heart—Pray, “Holy Spirit, you already are committed to me. Help me to shift so we walk together as best friends.”

  2. Praying in tongues will help—Mostly because it allows our spirit to rise up and not be dominated by our soulish thinking.

  3. Talk to Him regularly—“Pray without ceasing” (1 Thess. 5:17) comes into play here. And besides that, the better the friend, the more you actually do talk about everything. So talk to Him often throughout the day.

  4. Live in the present—Whenever we find our mind being drawn into rehashing old things or worrying about future things, stop and ask Holy Spirit to help. Tell Him about it instead.

  5. Soak in His presence. Each of us should take time regularly to soak in Holy Spirit’s presence. In other words, ask Him to come and rest on you—to touch you and fill you—and He will.


Yarn Alive Update

Yarn Alive is open to financial contributions!


Coronavirus has affected everything, including Yarn Alive. While the virus has not affected the popularity of the organization (in March, a national newspaper’s front-page feature of Teddy and Yarn Alive resulted in a steady flow of yarn and knitting supplies these past months), it has greatly affected their finances.


No classes/meetings has resulted in a drastic reduction of income. But bills still have to be paid—the land lease, taxes, and government-mandated administration costs.


If you are interested in helping financially please contact yarnalive@gmail.com, or http://yarnalive.com/donation.


The good news is that now in mid-June the government regulations are slowly beginning to be loosened. Today, yarn is being distributed to the women who want to come to the Yarn Alive house and receive some. Possibly, classes (or partial classes) may even resume before the end of the month.


Thanks so much for praying!


Ron and Teddy


ロン・サーカ・ミニストリーズ ウィークリーアップデート

2020年6月10日 聖書暦5780年シヴァンの月18日

www.rwsministries.com



「まことに、見よ、万軍の主、主は、エルサレムとユダから、ささえとたよりを除かれる。—すべて頼みのパン、すべて頼みの水、勇士と戦士、さばきつかさと預言者、占い師と長老、五十人隊の長と高官、議官と賢い細工人、巧みにまじないをかける者。」(イザヤ書3章1〜3節)


「思慮深い人々は大空の輝きのように輝き、多くの者を義とした者は、世々限りなく、星のようになる。」(ダニエル書12章3節)


「モーセとアロンは主の祭司の中に、サムエルは御名を呼ぶ者の中にいた。彼らは主を呼び、主は彼らに答えられた。」(詩篇99篇6節)


聖霊を親友にする!


ペンテコステを振り返ると、聖霊を親友にする事がメインメッセージだと学びました。ハイディ・ベーカー(アイリス・ミニストリーズ)が2014年に訪問したときに言ったフレーズとはっきりと覚えています。もっとはっきり言えば、彼女は聖霊の事を”私の親友”と言っていました。これを現実にするために、主は私たちに必要なシフトをするよう強く促しています。


そろそろ気づいておられると思いますが、今年、主は世界と教会にシフトを促すために私たちに過越とペンテコステに焦点を当てるようにしました。将来、この時期を振り返るとイザヤがイザヤ書3章1節に述べたような時期に突入したとわかると思います。「まことに、見よ、万軍の主、主は、エルサレムとユダから、ささえとたよりを除かれる。−すべて頼みのパン、すべて頼みの水、(イザヤ書3章1節)」多くのクリスチャンは主に信頼を置いていますが、短い期間でもその信頼を証明する必要があったクリスチャンは少ないでしょう。しかし、それはもうすぐ変わります。


今年ペンテコステが強調され、ウイルスが流行っている(そして今、アメリカで発生している偉大な揺さぶりと暴動の)期間中に巡ってきた現実は、裏では聖霊がいないと私たちは存在する事ができない、まして繁栄する事ができないという明快な声であります。主は私たちに輝いて欲しい事は確かです。輝いて「多くの者を義に導く」(ダニエル書12章3節)実際に言えば、暗くなればなるほど、主は私たちを輝くために使う事ができます。


そのためには、私たちには聖霊が必要です。詳しくいうと、私たちは聖霊を親友にするべきです。力、油注ぎやミニストリーのための賜物を与える方としてではなく(聖霊はそういう方ですが)それ以上に私たちの親友として受け入れるべきです。


今朝、私たちは詩篇99篇6節を読んで心が掻き立てられました。モーセやサムエルは主を呼び求めたときに、主は答えました。素晴らしい事が起こりました。第一に、彼らは”神の友”でした。聖霊の友達でした。私たちが大きな信仰をもって主を呼び求める事が要求される時が来ました。それは私たちを通して聖霊が偉大な働きをするためです。


イエスが12人の弟子に初めて聖霊を紹介したときに、イエスは彼の事を”助け主”と呼びました。英語のAmplified Bibleでは更に多くの名前が記されています。(助け主、助言者、助力者、仲裁者、擁護者、支持者、頼りになる人など)(ヨハネの福音書14章26節)上記の名前は全て素晴らしく、私たちにとって大事です。真の友達が必要があると励ましてくれるように、聖霊は私たちの友となり、上記の役割を全て果たしたいと思っています。


聖霊を親友にするためにどうやってシフトできるでしょうか?法則や手順書はありません。私の理解は下記です。


1)心で決断をする:聖霊と私は献身的な関係を持っていると決断することからです。一緒に歩めるように聖霊にシフトができるように助けを求めてください。

2)異言で祈る事が役立つ:異言で祈ることによって私たちの霊が立ち上がり、魂的な考えに支配されません。

3)主といっぱい話す:ここで「絶えず祈りなさい。」(第一テサロニケ5章17節)が適用されます。そして、友達として仲が良ければ良いほどなんでも話します。ですから1日の中で頻繁に主と話してください。

4)今を生きる:過去の事を考え込んだり、将来の心配をしているときに聖霊に助けを求めてください。聖霊に相談をするように話してください。

5)Catch The Fireのジョンとキャロル・アーノットに聞けば、”聖霊に浸りなさい(ソーキングしなさい)と言うでしょう。言い換えれば、聖霊を迎え入れ、心に留めてください。そうすれば、あなたは触れられ、聖霊は絶対にあなたを満たすでしょう。



ヤーン・アライブ アップデート

ヤーン・アライブは金銭的な支援を求めています。


コロナウィルスはヤーン・アライブを含め、全てのものに影響を与えました。ウィルスはヤーン・アライブの評判に影響を与えませんでしたが、(3月にヤーン・アライブが全国規模の新聞社に取り上げられてから、毛糸や編み物製品の寄付が徐々に増えていますが)ヤーン・アライブの経済に影響を与えています。


ヤーン・アライブは自粛し、集まっていなかったので、経済の流れのペースが落ちてきました。教室で人が集まらないので、寄付金が集まらず、それでも光熱費や固定費を払い続ける必要があります。(土地代、税金、法的費用など)


経済的に支援をしたい方は、yarnalive@gmail.comにメールまたはwww.yarnalive.com/donationにアクセスしてください。



良い事は、徐々に様々な政府の規制が解除されてきています。なにをやるとしても、注意を持って進める必要があります。現在は寄付で集めた毛糸をYAハウスで集まったメンバーに配っています。ひょっとしたら、月末には教室を再会できるかもしれません。


お祈りを感謝します。


ロン&テディー・サーカ


榮撒卡使徒事工週報

2020年6月10日; 5780年西彎月18日

www.rwsministries.com


「主萬軍之耶和華從耶路撒冷和猶大,除掉眾人所倚靠的,所仗賴的,就是所倚靠的糧,所

仗賴的水,除掉勇士和戰士、審判官和先知、占卜的和長老、五十夫長和尊貴人、謀士和有

巧藝的,以及妙行法術的。」(賽3:1-3)


「智慧人必發光,如同天上的光;那使多人歸義的,必發光如星,直到永永遠遠。」(但

12:3)


「在祂的祭司中有摩西和亞倫,在求告祂名的人中有撒母耳。他們求告耶和華,祂就應允他

們。」(詩99:6)


與聖靈成為最親密的朋友!


回顧五旬節,我明白對我們各人而言最要緊的就是與聖靈成為最知心的朋友。2014年彩虹事

工的海蒂·貝克訪問我們之後,我記住了她的這個說法。實際上,她把聖靈稱為“我最好的朋

友”。我覺得主在強烈地催促我們做出一切必要的轉變,好使這光景成就在我們每個人的生

命中。

如今我們大多數人都認同,今年主使我們如此專注於逾越節和五旬節是因為祂在以此釋放一

個極大轉變的信號,對世界和教會都是如此。我們將回顧過去並且看到我們已經進入類似於

以賽亞所描述的:「主萬軍之耶和華從耶路撒冷和猶大,除掉眾人所倚靠的。」(賽3:1)所

有信徒都知道,我們唯一的安全感必須建立在神那裡,然而也許很多人都未曾被迫經歷過這

樣的生活——即便有也只是短暫的時間。但是,這一切都在改變。

今年五旬節被賦予如此重大的意義,並且恰好與新冠疫情以及美國的社會大震動重合,這正

是一個強烈的呼籲,即離開了聖靈我們無法生存,更遑論發展和繁榮昌盛。不要搞錯了,主

的心意是要我們發光。祂要我們發光如星,「使多人歸義。」(但12:3)實際上,黑夜越深

,祂就越能使我們發光發亮。

為了這個目的,我們需要聖靈。更具體地說,我們必須讓聖靈成為我們最親密的朋友。聖靈

不只是一股力量或恩膏而已,也不只是啟動恩賜或事工的那一位(雖然毫無疑問這都是祂所

是的)。比這些更重要的是——祂是我們最好的朋友。

最近,我被詩篇99:6所攪動。在求告祂名的人中有摩西和撒母耳,祂就應允他們,繼而發生

了偉大的事。首先,他們都是神的朋友,即聖靈的朋友。我們已經進入一個時期,祂要我們

以極大信心求告祂,祂將為我們成就大事。

當耶穌首次向十二使徒介紹聖靈時,祂稱呼聖靈為保惠師。擴大版聖經還提供了以下參考詞

彙:“顧問、幫助者、代禱者、辯護人、堅固者、增援者”(約14:26)。這些都是極為奇妙

的描述,每一個詞對我們都意義非凡。就如同一位真朋友會在我們需要的時候盡己所能地提

供支持一樣,聖靈——我們最好的朋友——也願為我們擔負上述所有。

所以,我們應當作何改變,好讓聖靈成為我們最好的朋友呢?並沒有萬能公式,或是“三部

曲”之類的捷徑。我所知道的方法就是如下:

1. 在心中做決定——可以做這樣的禱告:“主聖靈,祢已全然委身。請幫助我改變自己

,好讓我們彼此能像最親密的朋友那樣同行。”

2. 方言禱告將有裨益——主要是因為方言能使我們的靈興起,使我們不受魂的層面主導

3. 常常與聖靈交談——正如帖前5:17提到要“不住地禱告”。不僅如此,越是好朋友,越

是會無話不談。所以,在一天中多多與祂交談吧。

4. 活在當下——每當我們發現自己又開始瞻前顧後,就停下來祈求聖靈幫助。把心思告

訴祂,而不是自己胡思亂想。

5. 浸泡在祂的同在裡。我們每個人都應當定期浸泡在主聖靈的同在裡。換句話說,要邀

請聖靈來降在你身上,觸摸你,充滿你。祂將十分樂意。

編織求生事工近況


我們已開放接收奉獻!


新冠肺炎對生活的方方面面都造成了影響,包括編織求生。雖然病毒不能阻止事工的口碑傳

播(今年三月,一家日本全國性報紙的頭版刊登了有關泰迪和編織求生事工的報道,隨後幾

個月裡我們一直穩定收到編織品和相關物資),但是在財務上造成了較大影響。

聚會和活動的暫停使收入急劇減少。但帳單還是要支付——包括土地租金、稅金以及政府規

定的行政成本。


如果你有感動在財務上支持我們,請聯絡以下地址:yarnalive@gmail.com 或

http://yarnalive.com/donation。


好消息是,隨著進入六月中旬,政府監管要求開始逐漸放鬆。今天,編織用的毛線已經向想

來事工大樓領取物資的婦女發放,甚至本月末以前有希望恢復或部分恢復編織課程。


謝謝大家的代禱!


Ron and Teddy Sawka榮撒卡和泰迪撒卡



29 views