2020/5/13 Continuing to Press In to Pentecost

Ron Sawka Ministries

May 13, 2020; Iyar 19, 5780

www.rwsministries.com


Counting the Omer: Day 34 (16 More Days to Pentecost)


“Let all those who seek You rejoice and be glad in You” (Ps. 70:4).


“When Moses held up his hand, Israel prevailed; and when he let down his hand, Amalek prevailed” (Exod. 17:11).


“In God we boast all day long, and we will continually give thanks to your name” (Ps. 44:8).


A Time to Surge


I believe many of us will look back on this coronavirus time and realize that the Lord has been re-shaping us, and positioning us for a great surging ahead. Most Christians that I talk to are all saying the same thing—that this has been a time of seeking the Lord, of learning to rest in Him, and coming to new levels of confidence and faith in Him. He is preparing us. This all leads up to Pentecost, a time of more release of the power of God through His Holy Spirit so we can surge ahead.


As such, I want to invite you to join Catch the Fire’s online event, The Surge, this Friday. Details are as follows:


Rachel Sawka writes, “This week was going to be the launch of the integrated movement of Catch the Fire, Partners in Harvest, and Arise 5. It has moved online and will be a two-hour presentation of what God is doing in CTF around the world. It will be broadcast at 7 p.m. (Japan Time), and you will need to register to watch it. If you register, you can watch the recording at any time. It is time for us to surge forward into this new season that God has for us!” Register here to watch: http://www.catchthefire.com/thesurge.


I love that word surge! I picture it as a tsunami of the Holy Spirit hitting our nations. I actually saw and experienced that devastating tsunami in Japan on March 11, 2011. It was fast, huge, and unstoppable. It destroyed everything in its path. You could say it resulted in a complete restructuring of every city along the coastline that it touched.


That is how the surge of the Holy Spirit will be. Only it will be totally positive. It will come quickly and powerfully and will be unstoppable. It will destroy structures the enemy has built up over long generations, resulting in a restructuring and building of the kingdom of God. This is the surge we can and must expect as we come to Pentecost.


Continuing to Press In to Pentecost


Here are some simple keys to remember as we continue to count down to Pentecost:


  1. Be Joyful—Yes, we are seeking the Lord, but continually remind yourself to be joyful. A religious spirit will attempt to make us overly serious or somber. That is not what the kingdom of God is about. “Let all those who seek You rejoice and be glad in You” (Ps. 70:4).

  2. Keep Those Hands Lifted Up! Stay in faith and war against that anti-Christ spirit which continually questions God, continually tries to make us think God is not with us, or that He has nothing to do with our specific problem. Exodus 17:8–6 describes Joshua fighting against the attacking Amalekites, who were trying to cut off the stragglers. The more you lose sight of the fact the Lord is with you and wants to be involved in/has a solution for every problem, you will find yourself “lagging behind.” We read, “When Moses held up his hand, Israel prevailed; and when he let down his hand, Amalek prevailed” (Exod. 17:11). Always remember that the Lord’s name is Jehovah-Nissi, Our Banner. He will always be there for us! Stay in faith.

  3. Leave No Room for Niggling Worries—I suspect that some people still worried—despite the miracle of the Red Sea being divided so they could cross on dry ground (see Exod. 14). Maybe they would be too slow and Pharaoh’s chariots would still catch up to them. Ridiculous, really. If God opened the Red Sea for them, surely He would see they were safely through to the other side. So instead of enjoying the miracle, probably a lot were still frantic with worry. We must leave no room for any kind of worry. It only steals joy and faith.

  4. Magnify the Lord—Celebrate and Boast in His miracles—I have had to drastically revise/reshape how I talk about miracles that God does for me. I used to (mistakenly) feel I should not say too much about an answer to prayer or something that God had done for me. Actually that came from a kind of pride—a not wanting to be thought of as one who “said too much.” That actually is insulting to the Lord. Rather, we should speak it loudly, clearly, and often. Let’s be like David who said “In God we boast all day long, and we will continually give thanks to your name” (Ps. 44:8). The results?

  5. It will bless people around me.

  6. It weakens the work of the flesh and the enemy.

  7. It strengthens me.

  8. It opens the door for me to get more revelation from the Holy Spirit.


Thanks so much for praying!


Ron and Teddy


ロン・サーカ・ミニストリー ウィークリーアップデート

2020年5月14日 聖書暦5780年イヤルの月20日

www.rwsministries.com


オメルを数える:35日目 (ペンテコステまで15日)


あなたを慕い求める人がみな、あなたにあって楽しみ、喜びますように。あなたの救いを愛する人たちが、「神をあがめよう」と、いつも言いますように。」(詩篇70篇4節)

「モーセが手を上げているときは、イスラエルが優勢になり、手を降ろしているときは、アマレクが優勢になった。」(出エジプト記17章11節)

「私たちはいつも神によって誇りました。また、あなたの御名をとこしえにほめたたえます。」詩篇44篇8節)



サージ(急上昇)をする時


今回のコロナウィルスの時期を振り返ると、大いなる急上昇(サージ)のために主が私たちを作り替え、整えたかと思います。多くのクリスチャンは私に同じ事を言っています。今の季節で主を求め、主のうちに安息し、新しいレベルの信仰と自信に登れたという事です。主は私たちを整えています。これは全てペンテコステに向かっています。私たちが急上昇ができるように聖霊を通して更に大きい神の力が解き放たれます。


まず第一に、Catch The Fireのオンライン集会 THE SURGEに招待したいです。


レイチェル・サーカ:今週はCatch The Fire, Partners in HarvestとArise 5の統合の立ち上げとなります。今回はオンラインで世界中のCTFの働きを2時間で紹介します。日本では5月15日(金)から開催され、事前に登録する必要があります。

登録はここで:https://catchthefire.us5.list-manage.com/subscribe?u=a508eceef96faa5fab03b490c&id=4b2eafc46b


事前に登録を行えば、ライブで参加ができなくても、後から配信を見る事ができます。

神が準備した新しい季節に急上昇する時です!

詳細は下記で確認してください。(英語のみ)

https://catchthefire.com/thesurge


私はサージ(急上昇)という言葉が大好きです。私たちの国々に聖霊の津波がぶつかる様な映像が見えます。私は東北大震災(2011年3月11日)の破壊的な津波の影響を見て体験をしました。とても大きく、早く、止まることはなかったです。前にあるものを全て破壊しました。衝突した沿岸の街々は全て1から再築されました。


聖霊のサージも同じ様なものです。津波と異なるところは、完全に有益なところです。力強く、素早く現れ、止めることはできません。悪魔が立てた全ての構造物が壊され、結果的にそこに神の御国が立て上げられます。ペンテコステが近づくにつれ、その様なサージ(急上昇)を期待してください。



引き続きペンテコステに押し向かう


ペンテコステへのカウントダウンを行う中、下記のことを覚えてくだい。


1)喜びなさい:そうです。私たちは主を求めていますが、喜ぶことを忘れないでください。宗教的な霊は私たちを厳格、厳粛な人にしようとします。神の御国はそういうものではありません。「あなたを慕い求める人がみな、あなたにあって楽しみ、喜びますように。あなたの救いを愛する人たちが、「神をあがめよう」と、いつも言いますように。」(詩篇70篇4節)


2)手を上げ続けなさい!:神を疑う反キリストの霊と戦うときは信仰を持ち続けなさい。その霊は神が共にいないことを説得しようとしますが、神は常に共にいます。出エジプト記17章8〜16節には、「落後者をみな、切り倒そう」(申命記25章18節)

としたアメレク人とヨシュアとの戦いについて書かれています。神が共にいて、全ての問題に対し答えを持っていることを見失えば「落後者」になります。「モーセが手を上げているときは、イスラエルが優勢になり、手を降ろしているときは、アマレクが優勢になった。」(出エジプト記17章11節)主の名前はアドナイ・ニシ(主はわが旗)です。主は常に私たちと共にいます!信仰を持ち続けなさい。



3)些細な心配事が入り込む隙を与えない:イスラエルの民が紅海を渡る奇跡を体験していても、幾つかの人は心配を抱え続けました(出エジプト記14章)。渡るのが遅くて、パロの馬車が追いつくことを心配していました。本当に馬鹿げた心配事です。神が紅海を分けたのであれば、安全に反対側に渡れる様にするでしょう。奇跡を体験するどころか、多くの人は必死で、心配していました。心配事が入り込む隙を与えないでください。心配事は喜びと信仰を奪います。


4)主を称え、奇跡を祝い、誇りなさい:私に対し行われる奇跡をどう話すかについて、考えが大きく変えられました。誤った考えでしたが、神が答えた祈りや行ったことについてあまり話さないほうがいいと思っていました。それはプライドから来ることです(物事について言いすぎる人と見られたくない)。それは神に対する侮辱です。静かにするより、私たちは頻繁に大きな声で明確に話すべきです。ダビデの様にしてください。「私たちはいつも神によって誇りました。また、あなたの御名をとこしえにほめたたえます。」詩篇44篇8節)結果はどうなるでしょうか?

①周りの人を祝福します。

②悪魔と肉の働きを弱めます。

③自身が力付きます。

④聖霊からより多くの啓示受けるためのドアを開きます。



お祈りを感謝します。


ロン&テディー・サーカ


榮撒卡使徒事工

2020年5月13日; 5780年以珥月19日

www.rwsministries.com


倒數俄梅珥: 第34天 (距五旬節16天)


願一切尋求你的,因你高興歡喜」(詩70:4)


「摩西何時舉手,以色列人就得勝,何時垂手,亞瑪力人就得勝。」(出17:11)


「我們終日因神誇耀,還要永遠稱謝你的名。」(詩44:8)


向前湧流的時刻


我相信我們許多人回首這段冠狀病毒的時期,會意識到主已經在重塑我們,並讓我們大大向前湧流。我與之交談的大多數基督徒都在說同樣的話---這是一段尋求主、學習在主裡安息,和對祂充滿信心的時刻。祂正在為我們預備,而這一切都導向五旬節---透過聖靈更多釋放神的大能的時刻,使我們可以向前湧流。


因此,我想邀請您參加本週五的點火事工(Catch the Fire)線上聚會The Surge。 詳細資訊如下:


瑞秋·撒卡(Rachel Sawka)寫道:“本週將由點火事工(Catch the Fire)、“豐收合作夥伴”(Partners in Harvest)和“Arise 5”發起聯合聚會,我們將會在線上發布。在兩個小時中,我們會介紹神在世界各地點火事工的工作。聚會將在日本時間晚上7點播出,您需要註冊收看。註冊後,您可以隨時觀看錄影。現在是湧流進入神給我們的新季節的時候了!”請在此註冊收看:http://www.catchthefire.com/thesurge


我喜歡「湧流」這個詞! 我將其描述為聖靈襲擊我們各國的海嘯。我實際上在2011年3月11日看過並經歷了日本那場毀滅性的海嘯。它非常的快速,巨大而且無法阻擋。它摧毀了道路上的一切,你可以說它導致了海岸線的每個城市的全面重建。


聖靈的湧流就是如此!唯一不同的它是完全積極正面的,它會迅速和大有能力的出現,並且銳不可擋。它也會摧毀仇敵累代以來建造的結構,從而使神的國度重組和建造。這是我們進入五旬節時可以而且必須期待的湧流。


倒數進入五旬節


當我們倒數進入五旬節,以下是一些簡單的重點:


  1. 要喜樂—是的,我們正在尋求主,但是要不斷地提醒自己要喜樂。宗教的靈會試圖使我們過度的嚴肅或憂鬱,但那不是神國度的意義。「願一切尋求你的,因你高興歡喜」(詩70:4)。

  2. 保持舉起信心的手—要保持信心,並與不斷質疑神的敵基督的靈爭戰。牠們持續企圖使我們認為神沒有與我們同在,或是祂與我們的特定問題無關。出埃及記17:8-16描述約書亞與進攻的阿瑪力人打仗,敵人試圖隔斷所有落後的百姓。你越是看不到神與你同在的事實,並想要參與/自行解決每一個問題,你會發現自己“落在後方”。我們讀到:「摩西何時舉手,以色列人就得勝,何時垂手,亞瑪力人就得勝。」(出17:11)總要記得耶和華神的名字是耶和華尼西,我們的旌旗,祂永遠與我們同在!要持守信心。

  3. 不要給擔心留餘地—我懷疑有些人仍在擔心—雖然以色列人經過紅海分開的神蹟,使他們可以走乾地通過(出14章),可能因為他們速度太慢,以致法老的戰車仍然追趕他們。荒謬的是,如果神能為他們分開紅海,祂當然肯定將會看到他們安全的抵達對岸。所以,很多人沒有享受著神蹟,他們仍然可能在瘋狂地擔心。我們必須不給任何的擔心留餘地,它只會偷走我們的喜樂和信心。

  4. 因主誇耀—讚美並誇耀祂的奇蹟—我不得不徹底修改/重塑我談論神為我行的神蹟,我曾經(錯誤地)覺得我不應該太多談論神對我禱告的回應或神為我做的事。實際上,這源於一種驕傲---種不想被認為是“說得太多”的人。這實際上是對主的羞辱。相反的,我們應該大聲地、清楚地,並且經常地說出來。就像大衛所說的:「我們終日因神誇耀,還要永遠稱謝你的名。」(詩44:8)。這會帶來以下的結果:

a. 這會祝福我們周圍的人。

b. 這會削弱肉體和仇敵的工作。

c. 這會使我剛強。

d. 這會打開門,讓我得到從聖靈而來更多的啟示。


謝謝您的代禱!


Ron and Teddy榮撒卡和泰迪



28 views