2020/3/18 Greetings from Burma ビルマ(ミャンマー)からこんにちは。

Updated: Apr 22

"Proclaim this among the nations: consecrate for war; stir up the mighty men. Let all the men of war draw near; let them come up. Beat your plowshares into swords, and your pruning hooks into spears; let the weak say, 'I am a warrior'" (Joel 3:9–10).




That's a picture of my book, Judah Goes First, that is now published in Burmese. I am so glad it is having an impact on the amazing believers in this nation.


Greetings from Burma


I am here in Burma for five days of meetings. Surprisingly, the government and society in general are really on top of the coronavirus issue. Each time we enter the church or our hotel, our temperature is checked. Additionally, there are countless alcohol/disinfectant dispensers.


Other than that, we are having an amazing time. We first came to this church in 1993 and then annually for seven years to establish the prophetic. The church has grown and grown—today they have thousands of believers in congregations all across Burma. They also have congregations in Europe, Australia, Malaysia, America, and several other nations.


I know the prophetic has helped them greatly. Why? Mostly because when believers are prophetically activated, they begin to switch from a somewhat passive mindset to an "aggressive" one—a mindset that declares, "Yes, God is with me. He is for me. Lord, how can I advance for you?" In other words, believers quickly shift into becoming the warriors that God has called them to be.


But of course, there is much more than that. Why have they become such a successful and influential apostolic center? I would say it’s because of the heart of Apostle Dam and his wife. They love the Lord and will do anything for Him. They also love His people—those whom God keeps adding to them. It's easy to see the security in the people. There is no religious pressure; there is no religious system or format. Everyone feels accepted and knows they have a place. They really are a happy, thriving family of God.


I am so thankful that twenty-seven years ago the Lord spoke clearly that we needed to go to Burma. He orchestrated it (via C.P. Wagner and a 10/40 Window prayer journey), and we have been connected ever since.


Thank you, Lord, for the connection.


As you can see in my schedule below, lots of events have had to be postponed or canceled. So, it looks like there will be a fair amount of extra time at home after the Burma trip, which I’m looking forward to. On the other hand, it seems like the Lord is also giving us a strategy for more online teaching and conferences.


Thanks so much for praying,


Ron and Teddy


Adar—The Twelfth Hebrew Month (Feb. 26–Mar. 25)

A Time to Shout and Declare in this Decade of Declaring


This is the final month of the Hebrew year, and it’s important to finish well. Finish with celebration. Yes, you may have gone through some difficulties, but the overriding truth is that God is for you, He is with you, and He loves you. Celebrate it. The more you celebrate His goodness, the more your eyes will be opened to the good things He has for you.


アライズ5ウィークリーアップデート

2020年3月20日 聖書暦5780年アダルの月24日

「諸国の民の間で、こう叫べ。 聖戦をふれよ。 勇士たちを奮い立たせよ。 すべての戦士たちを集めて上らせよ。あなたがたの鋤を剣に、あなたがたのかまを槍に、打ち直せ。 弱い者に「私は勇士だ」と言わせよ。」(ヨエル書3章9~10節)

私の本、「ユダが最初」がビルマ語に翻訳され、出版されました。ビルマの素晴らしい信者にインパクトを与えられることが嬉しいです。

ビルマ(ミャンマー)からこんにちは。

5日間の集会のためにビルマに来ています。驚くことに、政府と一般市民はコロナウィルス問題についてうまく対処しています。教会やホテルに入る際、体温を確認されます。さらに、無数のアルコール(除菌)ディスペンサーボトルが置かれています。

ビルマでは素晴らしい時を過ごしています。1993年に初めてビルマを訪問し、預言的土台を立て上げるために7年続けて毎年訪問しました。教会は成長し、現在ではビルマ中で何千人の人が複数の拠点で集まっています。 さらに、ヨーロッパ、オーストラリア、マレーシア、アメリカなどの国にも拠点を持っています。

預言は彼らに大いに役立ちました。何故なら、信者が預言的に起こされたときに消極的な考えから「大胆」な考えに切り替わります。その大胆な考えは、「神は私と共におられる」「主よ、私はどのようにしてあなたの為に前進できますか?」と宣言します。つまり、信者がすぐに召された神の戦士に変化するのです。

しかし、もちろんそれ以上のことがあります。彼らはなぜ成功を収め、影響力がある使徒的センターになれたか?使徒ダンと妻の心のおかげと思います。彼らは主を愛し、神のためになんでもします。また、彼らは人々を愛しているので、神様は更に多くの人を与えます。それは人々が感じてる平安を見ても分かります。宗教的なプレッシャーも、宗教的なシステムや構造もありません。すべての人は受け入れられ、居場所があります。皆喜び、神の家族として繁栄しています。

27年前に神様がビルマに行くことを明確に語ってくださったことを感謝しています。神様がこれを備え(C.P. ワグナー師と10/40の窓の祈りの旅を通して)、それからずっと繋がっています。

神様、この繋がりを感謝します。

下記のスケジュールを見ますと、多くのイベントが延期されたり、中止となりました。なので、日本に帰ってきたらたっぷり時間がありそうです。それに期待しています。その一方で、主はウェブ上で教えやカンファレンスを行うための戦略を与えている様です。

お祈りを感謝します。

ロナルド&テディー・サーカ

アダル:ヘブルカレンダーの第12月(2月26日〜3月25日)

宣言の10年にシャウトし、宣言しましょう。

アダルはべブルカレンダーでは最後の月です。ですから、すべてを良く終わらせることは大事です。祝いを持って終わって下さい。苦難を通ったかもしれませんが、決定的な真実は、神様はあなたの味方であり、共にいて、あなたを愛しています。それを祝ってください。神様の良さを祝えば祝うほど、更に神様があなたのために成し遂げた良いことを見ることができるでしょう。

アダルの月の祝福については、アライズ5のウェブサイトからお読みいただけます。