top of page

Blessings for the Hebrew Month of Tammuz

Tammuz—The Fourth Month of the Hebrew Year 5780 June 23–July 21, 2020


1. A month to see and establish the brilliance of your righteousness. Even when negative things happen, we can shine brighter and brighter through praise and declaration. See Isaiah 58:8, Psalm 112:4, and Daniel 12:3. Note that Jerusalem fell to the Babylonians during this month (see Jeremiah 39:2), a very negative thing. However in this same month, Ezekiel also saw the glory of God (Ezekiel 1:1). Believe to see the glory of God. Remember that we have just come through Pentecost, which has to do with words that we speak. God wants us declaring His truth, His gospel, and His power. As we do so, the more He confirms with signs and wonders and miracles (Heb. 2:4). Remember too that this whole decade of 5780 actually means to proclaim or to declare. So, let’s shine in what we say!


2. A month to make choices so we fulfill our potential. The month of the tribe of Reuben. He lost his inheritance as firstborn. Reuben is an example of someone with great potential who didn’t deal with his basic issues and failed to excel. The Lord wants to deal with blind spots and other unresolved issues so we can spring ahead. Genesis 49:3–4 describes Reuben: “beginning of power; excellence and dignity; unstable as water.”


3. A month to shine through our worship (Worship even when there are delays). God wants us to really shine this month, and one of the ways will be through worship. Ask the Lord to take your worship to a new level. Note that Moses’s face glowed after being with the Lord. Also notice that the people worshiped the golden calf (Exod. 32:1) because they couldn’t accept delay. Therefore, thank God for any delay and keep worshiping Him. As we submit to Him in worship, He also brings issues in our lives into submission.


4. A month to either accept your calling or to speak an evil report of who you are. We have a choice of which it will be. People fall into negativity because they don’t know how to speak out who they are. You must like yourself. If you don’t, then there’s something about the Lord that you don’t like. Look at past prophecies of who you are and declare them during this month. They will be like seeds you sow which will bring a great harvest in October (Feast of Tabernacles).

5. The month of the letter chet [ח], which means “light radiating from your eyes.” The devil tries to put this light out. Chet is also tied to the number “8,” which signifies new beginnings; it also is referred to as the letter of “life,” but can also mean “sin.” Through this letter, God is showing us that we can, and must, choose correctly so that we don’t fall into negativity. See Isaiah 42:6 and Revelation 1:14.


6. The “filmstrip” month. Take time to look at yourself. If you keep going the way you are, how will you end up? Therefore, stop and make any necessary adjustments. Ask the Lord to show you how you might end up if you aren’t careful to walk with Him.


7. The month where we must allow ourselves to be soft and vulnerable to the Lord. This month is linked with the constellation of the crab. Our shell must be removed so that we are vulnerable. If you don’t allow yourself to be vulnerable, you will become hardened and won’t be able to enter into the next stage of growth. Ask the Lord to remove any hardness or shell from you.


8. A month to guard your heart—what you feel and think, as well as your eyes—what you allow yourself to see. “Behold, I set before you today a blessing and a curse” (Deut. 11:26). See also Deuteronomy 30:15, which states, “I have set before you today life and good, death and evil.”


9. The month of the right hand—the aligning covenant. See Song of Solomon 5:2–12. Remember your covenants—the right hand has to do with covenants and relationships. Ask the Lord for a new level of intimacy with Him. We have just come through the month of Pentecost, which was about aligning. Now watch for those the Lord brings to align with you to move you ahead into your destiny.


(This material comes from my 2006 notes taken from a series of lectures [on CD] given by Chuck Pierce [Glory of Zion]. I highly recommend his website for more materials and more in-depth explanations. —Ron Sawka)


-------

1 “Then your light will shine like the sunrise; your restoration will quickly arrive; your godly behavior will go before you, and the Lord’s splendor will be your rear guard” (Isa. 58:8). 2 “In the darkness a light shines for the godly, for each one who is merciful, compassionate, and just” (Ps. 112:4). 3 “But the wise will shine like the brightness of the heavenly expanse. And those bringing many to righteousness will be like the stars forever and ever” (Dan. 12:3). 4 “It lasted until the ninth day of the fourth month of Zedekiah’s eleventh year. On that day they broke through the city walls” (Jer. 39:2). 5 “In the thirtieth year, on the fifth day of the fourth month, while I was among the exiles at the Kebar River, the heavens opened and I saw a divine vision” (Ezek. 1:1). 6 “Reuben, you are my firstborn, my might and the beginning of my strength, outstanding in dignity, outstanding in power. You are destructive like water and will not excel, for you got on your father’s bed, then you defiled it—he got on my couch!” (Gen. 49:3–4). 7 “When the people saw that Moses delayed in coming down from the mountain, they gathered around Aaron and said to him, ‘Get up, make us gods that will go before us. As for this fellow Moses, the man who brought us up from the land of Egypt, we do not know what has become of him!’” (Exod. 32:1). 8 “I, the Lord, officially commission you; I take hold of your hand. I protect you and make you a covenant mediator for people, and a light to the nations” (Isa. 42:6). 9 “His head and hair were as white as wool, even as white as snow, and his eyes were like a fiery flame” (Rev. 1:14).


ヘブルの月の祝福:タンムズの月

2020年6月23日~7月21日 

ヘブル暦5780年

1)あなたの義の輝きを見出し、建て上げる月です。否定的なことが起こったとしても、賛美と宣言によってさらに輝きを増すことができます。イザヤ58:8と詩篇112:4、ダニエル12:3を見ましょう。エルサレムがバビロニア軍の手に陥落したのは、この月でした。(エレミヤ39:2)とても否定的な事でした。しかし、エゼキエルが神の栄光を見たのもこのタンムズの月でした。(エゼキエル1:1)神の栄光を見ると信じましょう。私たちはつい最近ペンテコステを通過した事を忘れないでください。それは私たちが話す言葉に焦点を当てています。神は私たちに神の真理、福音、力を宣言して欲しいのです。宣言すれば、神はしるし、不思議と奇跡で応答します。(ヘブル書2:4)また、新しく始まった5780(ヘブル暦)の10年間は”宣言する”という意味があります。ですから、言葉で輝きましょう!


2)自分の可能性を最大に活かすための選択をする月です。ルベン族の月です。ルベンは長子の権利を失ってしまいました。彼は、大きな可能性を持ちながら、基本的な事柄を取り扱わなかったために、それを発揮できなかった例です。最近与えられた祈りの戦略の結果の一つとして、主は私たちが盲目であった事柄や取り扱われていなかった事柄を取り上げてくださり、私たちが素早く前進できるようにしてくださると思います。創世記49:3-4はルベンについて説明しています。(ルベン:力と優秀と威厳の始まり、水のように奔放。)


3)礼拝によって輝く月です。(遅延があっても礼拝しましょう)神は今月、私たちが本当に輝くことを望んでいます。その一つの方法が礼拝です。あなたの礼拝が新しいレベルへと引き上げられるように主に求めましょう。モーセは、主と会った後に顔が輝いていました。また、人々は子牛を礼拝したことも心に留めましょう。(出エジプト32:1)彼らは遅延に耐えられなかったのです。ですから、遅延についても神に感謝し、主を礼拝し続けましょう。主は最近、地にひれ伏す礼拝の形を回復させてくださいました。額を地につけて礼拝することです。(創世記18:2のアブラハムのように)私たちが主に礼拝をもって従うとき、主が私たちの生活のうちにある問題を主に従わせてくださいます。


4)今月は、自分の召しを受け入れる月です。あるいは、自分がどのような者かということについて悪い言葉を口にしてしまうか、どちらかです。どちらになるかということについては、私たちにその選択肢があります。自分がどのような者か、どのようなことを成し遂げるのかということについて、どのように言葉にして良いかわからないがゆえに、人々は否定的な態度に陥りがちです。自分自身を好きにならなければなりません。自分を好きでなければ、心のどこかに主のことを好きでない領域があるのです。自分がどのような者か、過去の預言を見直して、それらを宣言しましょう。それらは種となって、10月(仮庵)の時に大きな収穫をもたらします。


5)ヘブル文字「CHET」[ח]の月です。「あなたの目から光が輝き出でる」ことを意味します。悪魔はその光を消そうとします。また、「CHET」は数字8と関係します。―新しい始まりです。また、8は「命」を表す数字です。そして、同時に「罪」をも表します。この文字を通して、神は、私たちが正しいことを選び取ることができること、また、選び取らなければならないことを示しておられるのです。私たちが否定的な態度に陥らないためです。イザヤ42:6、黙示1:14を読みましょう。


6)「映像」の月です。自分自身を吟味しましょう。このまま同じように歩み続けたときに将来はどのようなものになるでしょうか?立ち止まって、必要な調整をしましょう。気をつけて主と共に歩むようにしなければ、どうなってしまうかということを見せてくださるよう主に求めましょう。


7)主に対して心をやわらかくして主からの取り扱いを受けられる状態でいるべき月です。今月は蟹座の月です。私たちの殻が取り除かれ、心が開かれていなければなりません。心を開こうとしないなら、頑なになり、次のレベルの成長に入って行くことができません。いかなる頑なさや殻も取り除いてくださるよう主に求めましょう。


8)自分の心をガードする月です。―自分が何を感じ、考えるかということ、また、目-何を目に入れるか-ということをガードしましょう。「見よ。私は、確かにきょう、あなたの前に祝福と呪いを置く。」(申命11:26). また、申命記30:15も読みましょう。「私は、確かにきょう、あなたの前にいのちと幸い、死とわざわいを置く。


9)右手の月です。契約による配列です。雅歌5:2–12を読みましょう。自分の契約を覚えましょう。―右手は、人間関係や契約と関連しています。主との親密さが新しいレベルへと引き上げられるように求めましょう。ペンテコステの時期を過ぎたばかりです。ペンテコステは新しい配列の時でした。主が与えてくださる新しい配列に注目し、ますます自分の使命のうちへと移行しましょう。



これは、2006年のチャック・ピアス師(グローリー・オブ・ザイオン)による一連の講義からまとめたものです。更に深い説明に興味のある方は、グローリー・オブ・ザイオンのサイトをご覧ください。―ロナルド・サーカ



------

1 「そのとき、暁のようにあなたの光がさしいで、あなたの傷はすみやかにいやされる。あなたの義はあなたの前に進み、主の栄光が、あなたのしんがりとなられる。」(イザヤ書 58:8).

2 「主は直ぐな人たちのために、光をやみの中に輝かす。主は情け深く、あわれみ深く、正しくあられる。」 (詩篇 112:4).

3 「思慮深い人々は大空の輝きのように輝き、多くの者を義とした者は、世々限りなく、星のようになる。」 (ダニエル書 12:3).

4 「ゼデキヤの第十一年、第四の月の九日に、町は破られた。」 (エレミヤ書 39:2).

5 「第三十年の第四の月の五日、私がケバル川のほとりで、捕囚の民とともにいたとき、天が開け、私は神々しい幻を見た。」 (エゼキエル書 1:1).

6 「ルベンよ。あなたはわが長子。わが力、わが力の初めの実。すぐれた威厳とすぐれた力のある者。だが、水のように奔放なので、もはや、あなたは他をしのぐことがない。あなたは父の床に上り、そのとき、あなたは汚したのだ。―彼は私の寝床に上った―」 (創世記 49:3–4).

7 「民はモーセが山から降りて来るのに手間取っているの見て、アロンのもとに集まり、彼に言った。「さあ、私たちに先立って行く神を、造ってください。私たちをエジプトの地から連れ上ったあのモーセという者が、どうなったのか、私たちにはわからないから。」」(出エジプト記 32:1).

8 「「わたし、主は、義をもってあなたを召し、あなたの手を握り、あなたを見守り、あなたを民の契約とし、国々の光とする。」 (イザヤ書 42:6).

9 「その頭と髪の毛は、白い羊毛のように、また雪のように白く、その目は、燃える炎のようであった。」 (ヨハネの黙示録 1:14).


搭模斯月的祝福

搭模斯月---猶太曆5780年第四個月

2020年6月23日7月21日


1. 看見並建立你公義光輝的月份。即使有負面的事情發生,我們可以靠著讚美和宣告更加

發光。見以賽亞書58:8、詩篇112:4和但以理書12:3。要注意耶路撒冷就是在這個月陷入巴

比倫手中(耶39:2),這是極為負面的事,但也在這個月以西結看見神的榮耀(結1:1);要相

信我們可以看見神的榮耀。要記得我們剛過完五旬節---是與我們所說的話語有關的時刻。

神要我們宣告祂的真理、祂的福音和祂的能力,當我們如此行,神會用更多神蹟、奇事和

百般的異能來證實他的道(來2:4)。也要記得5780年開始的整個十年就是要宣告,所以讓我

們藉著我們所說的話語來發光!


2. 選擇以便能發揮潛能的月份。這是流便支派的月份,他失去長子的產業。流便是擁有極

大潛能,卻因為沒有對付基本問題,而未能有出色表現的範例。神要處理我們的盲點和未

對付的問題,使我們可以向前躍進。在創世紀49:3形容流便是:在力量強壯時生的;卓越

和尊榮;但不穩定如水。


3. 透過我們的敬拜發光的月份(即使事情有所延遲也要敬拜)。神要我們在這個月真正的發

光,其中一個方法是透過敬拜,要祈求主帶領你的敬拜到達一個新的層次。