2020/5/27 The Greater the Trust, the Greater the Outpouring

Updated: Jun 3

May 27, 2020; Sivan 4, 5780


Counting the Omer: Day 48 (Two More Days to Pentecost)


“But you shall be baptized with the Holy Spirit not many days from now” (Acts 1:5).


“Therefore thus says the Lord [to Jeremiah]: If you return [and give up this mistaken tone of distrust and despair], then I will give you again a settled place of quiet and safety, and you will be My minister” (Jer. 15:19 AMPC).


The Greater the Trust, the Greater the Outpouring


Pentecost is this weekend. By now, most Christians know that the Lord has been focusing our attention this year not just on Passover, but on Pentecost as well. Some have said that perhaps this Pentecost will be the most important of our times and the ushering in of great end-time harvest!


The very first Pentecost was at Mt. Sinai where God gave them the law and entered into covenant with them. Yes, He had rescued them from slavery/bondage at Passover, but at Mt. Sinai at that first Pentecost, He became their God and they His people. Then comes the first Pentecost after Jesus was resurrected, as described in Acts 1–2. The power of the Holy Spirit was poured upon His people. The church was born as the people exploded with the power, joy, and the presence of the Lord.


In the early 1900s came the famous Azusa Street outpouring in Los Angeles. The baptism of the Holy Spirit for every believer was rediscovered. This movement spread quickly around the world and kept transforming—into the healing and deliverance revival in 1947, the charismatic renewal of the 1970s, and then the prophetic and apostolic restoration movements from the 1990s and extending until today.


In all of these, the message is more or less the same. Every single believer needs the transforming power and presence of the Holy Spirit. And we believe that the Lord wants us to have great anticipation for what He will pour out this particular Pentecost season.


The Measure of Outpouring We Receive Is Connected to Our Trust in Him


Above all, God wants us to trust in Him. He will go to great lengths to show us again and again that we can absolutely rely on Him. Thus in the forty-nine days between the first Passover and first Pentecost on Mt Sinai, He did miracle after miracle for the Israelites. Unfortunately, they never learned to trust. So even though the law was given to all, and they all entered into covenant, one might say that only Moses, Aaron, Joshua, and Caleb received anointing, revelation, and fullness.


It was different at the Pentecost in the book of Acts. All of the 120 in the upper room were filled to overflowing. It quickly spread out into the streets and the day ended with 3000 new believers. Why so different? Perhaps it was because they had learned to trust. Jesus spent forty days with them, reiterated the promise of the Holy Spirit (Acts 1:8), and then left them alone for ten days. They obeyed. They kept waiting on the Lord. But remember that they were in difficult circumstances. The Jewish leaders were against them and had paid off the soldiers to spread rumors that the resurrection was a fake.


But instead of worrying about the Pharisees or worrying about the future, they kept their eyes on the Lord. He did something very, very special and the Holy Spirit was poured out mightily on them.


Just today during MPP, the Lord spoke to us from the life of Jeremiah. He was so discouraged by circumstances and people opposing him. He began to doubt, and thus God spoke, saying: “Therefore thus says the Lord [to Jeremiah]: If you return [and give up this mistaken tone of distrust and despair], then I will give you again a settled place of quiet and safety, and you will be My minister” (Jer. 15:19).


So in these very few remaining days to Pentecost, keep asking the Lord to help you trust. Whenever you notice doubt of the goodness of God for you and every situation settling in, keep repenting and returning to Him. Trust Him. Let Him do a new thing!


Thanks so much for praying!


Ron and Teddy


ロン・サーカ・ミニストリーズ ウィークリーアップデート

2020年5月27日 聖書暦5780年シヴァンの月3日

www.rwsministries.com



オメルを数える:48日目 (ペンテコステまで2日)


「ヨハネは水でバプテスマを授けたが、もう間もなく、あなたがたは聖霊のバプテスマを受けるからです。」(使徒の働き1章5節)


「それゆえ、主はこう仰せられた。「もし、あなたが帰って来るなら、わたしはあなたを帰らせ、わたしの前に立たせよう。もし、あなたが、卑しいことではなく、尊いことを言うなら、あなたはわたしの口のようになる。」(エレミヤ書15章19節)


信頼が厚いほど、注がれるものが多いのか?


今週末はペンテコステです。主の過越だけではなく、ペンテコステにも焦点を当てていることは既に多くのクリスチャンはご存じでしょう。一部の人は今年のペンテコステこそ終わりの時代の収穫をもたらす一番大事なペンテコステだと言っています。


一番最初のペンテコステはシナイ山で行われ、神はイスラエルの民に律法を与え、契約を結びました。もちろん、神は過越の時に、イスラエルの民を奴隷生活から解放しましたが、シナイ山の最初のペンテコステで神はイスラエルの神となりました。次にイエスが蘇った後の最初のペンテコステは使徒の働き1~2章に説明されています。聖霊の力を民に注がれました。教会が誕生し、人々は力、喜びと主の臨在で満たされました。


1900年代初期、ロサンゼルスで良く知られたアズサ・ストリート・リバイバルがありました。人々に注がれる聖霊のバプテスマの再発見がありました。この働きは世界中に広まり、1940年代には癒しと解放のリバイバルに変化しました。1970年代にはカリスマ・リニューアルとなり、1990年代には預言的、使徒的働きの回復になりました。その影響は今でも続いています。


上記のイベントでは、メッセージは同じです。すべての信者は変革をもたらす聖霊の臨在と力が必要だということです。そして主は今年のペンテコステに聖霊が注がれることを期待して欲しいのです。



私たちが受ける聖霊の注ぎの測りは、神への信頼の厚さに直結します。


何よりも、主は私たちの信頼を望んでいます。神は信頼できる神であることを見せるためにどんな苦労も惜しむことはありません。だからこそ、最初の過越からシナイ山での最初のペンテコステまでの49日間に、イスラエルの民に対し多くの奇跡を起こしました。残念ながら、イスラエルの民は信頼することを学ぶことは無かったのです。イスラエルの民は律法を受け、神と契約を結んだにも関わらず、モーセ、アーロン、ヨシュア、カレブのみが油注ぎ、啓示と豊かさを受けました。


使徒の働きのペンテコステは異なりました。屋上の間にいた120人すべては、聖霊に満たされ、溢れでました。それは、すぐに町に広がり、結果的に一日の終わりには3000人の人が新しい信者になりました。何故こんなに違うのでしょうか?ひょっとしたら、彼らは信頼することを学んだからです。イエスは彼らと40日間を過ごし、聖霊の約束について再度教えました(使徒の働き1章8節)。それから、彼はイエスに従い、10日間留まり、主の約束を待ちました。しかし、状況が異なっていたことを思い出してください。イスラエルのリーダーは彼らに対抗し、兵士たちにイエスの復活が嘘であることを噂で広めるように命令しました。


しかし、彼らはパリサイ人や将来のことを心配することなく、主を見続けました。それで、神は特別なことをしました。彼らに聖霊を力強く注ぎました。


今朝のMPPで主はエレミヤの人生を通して私たちに語りました。エレミヤは状況や反発に対し、失望していました。神を疑おうとしたら神が語りました。「それゆえ、主はこう仰せられた。「もし、あなたが帰って来るなら、わたしはあなたを帰らせ、わたしの前に立たせよう。もし、あなたが、卑しいことではなく、尊いことを言うなら、あなたはわたしの口のようになる。」(エレミヤ書15章19節)


ペンテコステまであと数日ですが、引き続き神に信頼できるよう助けを求めてください。どんな状況でも神の良さに対する疑いを感じた時に悔い改め、神に戻ってください。彼を信頼し、新しいことを期待してください!

お祈りを感謝します。


ロン&テディー・サーカ


榮撒卡使徒事工週報

2020年5月27日; 5780年西彎月4日

www.rwsministries.com


數算俄梅珥:第48天(距離五旬節還有兩天)


「但不多幾日,你們要受聖靈的洗。」(徒1:5


「耶和華(對耶利米)如此說:“你若歸回(並且棄絕這不信和絕望的口氣),我就將你再帶來(賜給你平靜安全的安身之所),使你站在我面前(服事我)。”」(耶15:19


信靠越大,澆灌越大


這週末就是五旬節。現在大多數基督徒都知道,主在今年不僅要我們關注逾越節,同時也要關注五旬節。有人說,今年的五旬節也許是當今世代最重要的一次五旬節,將迎來極大的末世收割!


歷史上第一次五旬節發生在西乃山,神在那裡賜給百姓律法,與百姓立約。沒錯,神在逾越節拯救百姓脫離奴役和捆綁,但是在西乃山的五旬節,祂才成為他們的神,他們成為祂的百姓。之後,使徒行傳1-2章記載了耶穌復活後的第一個五旬節,聖靈的能力傾倒在門徒身上。神的百姓經歷了神的爆炸式的權能、喜樂和同在,教會由此建立。


在20世紀早期的洛杉磯,發生了一場載入史冊的阿蘇撒街大復興。人們再次瞭解到每一個信徒都可以受聖靈的洗。這場運動迅速在全世界擴散,並且不斷轉型——在1947年復興了醫治釋放,1970年代經歷了新一波靈恩運動,然後是從1990年代延續至今的使徒先知性的恢復運動。


上述所有事件基本上傳遞著同一個訊息——每一個信徒都需要聖靈的更新能力和同在。我們相信,主希望我們對祂將在這一次五旬節中傾倒的能力懷有更大的期待。


我們所能領受的聖靈澆灌,與我們對神的信心相關


首要的是,神要我們信靠祂。祂將在各種出乎意料的場合中,一次又一次地向我們顯明我們可以全然倚靠祂。因此,從逾越節到西乃山的五旬節的這49天裡面,祂為以色列人行了一個又一個神蹟。不幸的是,百姓從未學會信靠。所以,儘管律法是頒布給所有以色列人的,他們也進入了盟約,但是可以說只有摩西、亞倫、約書亞和迦勒領受了恩膏、啟示和完全的祝福。


使徒行傳的五旬節則大不一樣。馬可樓上120位門徒都被聖靈充滿,以至滿溢。這一波恩膏很快蔓延到街市上,當天就有3000人信主。為什麼有這麼大的轉變?也許原因在於他們學會了信靠。耶穌與他們同住了40天,重申賜聖靈的應許(徒1:8),然後離開他們10天。他們都遵守了,一直等候主。但別忘了,他們當時正在艱難的處境中,猶太領袖敵對他們,僱佣士兵在外假稱主的復活是個謊言。


然而,門徒非但不擔心法利賽人和自己的未來,而且將眼光專注在主。神就為他們行了奇妙的事,聖靈大大降臨在他們身上。


今天早上的先知性早禱會上,主藉著耶利米的生平對我們說話。他為自己的處境和人們的敵對感到十分沮喪,開始懷疑。因此神對他說話:「耶和華(對耶利米)如此說:“你若歸回(並且棄絕這不信和絕望的口氣),我就將你再帶來(賜給你平靜安全的安身之所),使你站在我面前(服事我)。”」(耶15:19


所以,在臨近五旬節的短短日子裡,請持續祈求神幫助你信靠祂。每當你注意到自己懷疑神對你以及你所面臨處境的良善旨意,就不斷認罪悔改,向祂歸回。來信靠祂,讓祂為你做新事!


謝謝大家的代禱!

Ron and Teddy Sawka榮撒卡和泰迪撒卡



29 views