2020/4/15 Celebrate Passover/Easter for a Whole Week?過越と復活祭は一週間の祝い?

Updated: Apr 22

Arise 5/Catch the Fire Weekly Update: April 15, 2020; Nisan 21, 5780

“So you shall observe the Feast of Unleavened Bread, for on this same day I will have brought your armies out of the land of Egypt” (Exod. 12:17).

“And declared to be the Son of God with power according to the Spirit of holiness, by the resurrection from the dead” (Rom. 1:4).

**IMPORTANT NOTE: Our website, arise5.com, has been hacked/has crashed and we have had to shut it down. When I asked our intercessors to pray, the immediate consensus was that it must be a prophetic sign to hasten the process of Arise 5 fusing with John Arnott’s Catch the Fire.

Many of you may have watched our April 4 service (https://www.facebook.com/ctfsano/videos/552839185365851/) when we launched Catch the Fire Japan. We were making other changes too, including new websites. But now the crash of the old is causing us to hasten the new. Watch for two new websites in the near future. One will be Ron Sawka Ministries, which should launch early next week. The other will be Catch the Fire Japan.

Until then, follow us on Facebook at:

  1. Ron Sawka (https://www.facebook.com/RonSawka/) (public page)

  2. Ron Sawka Wade (https://www.facebook.com/ron.sawka.1) (personal page nearly at max capacity)

  3. MPP (https://www.facebook.com/englishmpp/)

Celebrate Passover/Easter for a Whole Week?

Take a Look at Feast of Unleavened Bread

“Remind yourself and teach your children that we can’t let thoughts permeate and ferment in our brain unless they’re God-honoring thoughts.” –The Biblical Nutritionist (https://thebiblicalnutritionist.com/5-ways-to-celebrate-the-feast-of-unleavened-bread)

What an amazing week it has been! There is a definite momentum during this time of “enforced” sabbath rest along with communion every morning. Passover itself was amazing. I truly enjoyed demonstrating a Passover meal two mornings in a row on MPP.

I also have to admit to a miscalculation on my part. I was going to stop daily communion after Passover, but I was reminded that Passover is followed by a weeklong festival called the Feast of Unleavened Bread. So, we adjusted and “resumed” our celebrating, including taking communion every day. And the momentum seems to continue to build.

We know that during the seven days of the Feast of Unleavened Bread, they were to eat no leaven, nor to have any leaven in their dwellings. Of course we in the New Testament don’t have to worry about physical yeast. However, there are some incredible lessons the Lord wants to engrave on our hearts via this object lesson of “getting rid of leaven/yeast.” A few points are as follows:

  1. Pure faith in Jesus only—Leaven, or yeast, causes things to swell, ferment, or rise, which reminds us that the Lord doesn’t want any kind of human effort to be added to our faith. Nor can anything be added to the work Jesus did for us on the cross. Our role is to simply, humbly, and totally believe and accept His finished work.

  2. Tolerating such “leaven” will seriously weaken our faith—The Galatians allowed deception in and it flourished. They began adopting things from the law. Paul warned, “If you become circumcised, Christ will profit you nothing” (Gal. 5:2).

  3. Be quick to get rid of wrong attitudes, self-effort, and sin—Apostle Paul said, “Do you not know that a little leaven leavens the whole lump? Therefore purge out the old leaven” (1 Cor. 5:6–7).

  4. We already are cleansed or “unleavened”—Continuing in 5:7, we read, “You are truly unleavened. For indeed Christ, our Passover, was sacrificed for us.” Faith in Jesus has cleansed us. Amen. The devil works with our flesh and the world’s system to get us back into uncertainty, worry, and fear.

  5. This “leaven” problem is mainly a battle with attitudes and mindsets—It’s why Paul said, “Therefore let us keep the feast not with … the leaven of malice and wickedness, but with the unleavened bread of sincerity and truth” (5.8). In other words, the problem is our thinking. God has already done the work in our hearts. Don’t let wrong mindsets/thinking sabotage it.

  6. Deliverance is not complete without getting rid of the “yeast”—God’s people were set free on Passover, but the process was not complete until they crossed the Red Sea. Guess when they did that? On the final day of that very first Feast of Unleavened Bread. So, seriously, ask the Lord to help you with your thinking and mindsets. Remember, let no non-God-honoring thoughts permeate and ferment in your thinking!

In conclusion: “Remind yourself and teach your children that we can’t let thoughts permeate and ferment in our brains unless they’re God-honoring thoughts” (The Biblical Nutritionist). Get rid of those and we will be rid of worry, anxiety, and fear. Your life will be filled with love, joy, and peace. Ask the Holy Spirit to help you get rid of the leaven.

Thanks so much for praying,

Ron and Teddy

Morning Prophetic Prayer (MPP)

Celebrating Passover

MPP is held Monday–Friday from 6:00–6:45 a.m. (Japan Time).

You can join the live broadcast via Facebook or YouTube.

Facebook: https://www.facebook.com/ron.sawka.1

YouTube: https://goo.gl/K7WyCr

Nissan—The First Hebrew Month (March 26–April 24)

Moving Out of the Old and In to the New!

Thursday, March 26 marked the beginning of the first Hebrew month. No, it is not the beginning of the Hebrew year, because that started back in September on the first day of the seventh Hebrew month. Confusing? Okay, maybe a little. However, since it is the first month, you can also call it the beginning of a new year, and it definitely is the beginning of the redemption cycle. Passover, the Feast of Unleavened Bread, and the Feast of Firstfruits all happen during this month.

The full list of the blessings of Nissan may be found here. (https://www.facebook.com/notes/ron-sawka/blessings-for-the-hebrew-month-of-nissan-march-26-april-24/3035713779813514/)


アライズ5/Catch The Fireウィークリーアップデート

2020年4月17日 聖書暦5780年ニサンの月23日


「あなたがたは種を入れないパンの祭りを守りなさい。それは、ちょうどこの日に、わたしがあなたがたの集団をエジプトの地から連れ出すからである。あなたがたは永遠のおきてとして代々にわたって、この日を守りなさい。」出エジプト記12章17節


「聖い御霊によれば、死者の中からの復活により、大能によって公に神の御子として示された方、私たちの主イエス・キリストです。」ローマ人への手紙1章4節


重要事項:私たちのウェブサイト「arise5.com」はクラッシュし、使えなくなりました。とりなし者に祈るよう連絡したところ、Arise5とCatch The Fireが統合するプロセスを急がせる必要があるという預言的しるしであることに意見が一致しました。


多くの人はCatch The Fire Japanの立ち上げ礼拝のビデオを見たかと思います。(https://www.facebook.com/ctfsano/videos/552839185365851/) ウェブサイトを含む変化がこれから色々あります。しかし、古いウェブサイトがクラッシュしたので、新しいウェブサイトの立ち上げを急ぐことが必要になりました。これから二つの新しいウェブサイトが立ち上がります。一つはロナルド・サーカ・ミニストリーのウェブサイトで、あと一つはCatch the Fire Japan (ctfjapan.com)のウェブサイトです。


立ち上がるまで、フェースブックで活動の確認をお願いします。


  1. ロナルド・サーカ (Ron Sawka) (https://www.facebook.com/RonSawka/) (パブリックページ)

  2. ロナルド・サーカ・ウェード (Ron Sawka Wade) (https://www.facebook.com/ron.sawka.1) (個人ページ)

  3. MPP (https://www.facebook.com/englishmpp/)


過越と復活祭は一週間の祝い?

種なしパンの祭りに注目をしましょう。


「子ともに教え、自分に言い聞かせてください。神をほめたたえる考え以外の考えを頭の中で満たし、醗酵させないでください。」–聖書の栄養士(聖書のウェブサイト) (https://thebiblicalnutritionist.com/5-ways-to-celebrate-the-feast-of-unleavened-bread)


素晴らしい一週間でした!(コロナウィルスで)安息が強制となっている中、毎朝の聖餐を含め確かな勢いがあります。過越自体が素晴らしく、MPPで二日連続で過越の食事を実際に行えたことが良かったです。


正直に言いますと私の中で計算ミスがありました。過越の後に毎日の聖餐をやめる予定でしたが、過越に続いて一週間にわたり、種なしパンの祭りがあることを思い出しました。ですから、引き続き祝いの時を続け、毎日の聖餐も再開します。これで勢いが増大し続けるでしょう。

ご存じの通り、種なしパンの祭りの一週間の間、イスラエルの民はパン種を含むものを家に置くこと、食べることが禁じられていました。当然ですが、新約では私たちは物質的なパン種のことを気にする必要はありません。しかし、ここで「パン種を取り除く」ことについて、主が私たちの心に刻もうとしている素晴らしい教訓があると思います。下記に幾つかのポイントをまとめました。



1)イエスのみに対する純粋な信仰:パン種(イースト)は物質を醗酵し、膨らませる働きがあります。主は私たちの信仰に人の努力が追加されることを望んでいないことを表しています。また、イエスが十字架で捧げた代価にも何も追加することは出来ません。私たちの役割は遜って単純かつ完全にイエスが完了した働きを受け入れることです。


2)そのような「パン種」を許すと私たちの信仰をひどく弱めることになります。ガラテヤ人は偽りを許し、教会内で蔓延しました。彼らは律法を守ることを始めました。そこでパウロは下記の忠告をしました。「よく聞いてください。このパウロがあなたがたに言います。もし、あなたがたが割礼を受けるなら、キリストは、あなたがたにとって、何の益もないのです。」(ガラテヤ人への手紙5章2節)


3)素早く間違った態度、自助努力と罪を取り除く:使徒パウロが言いました。「あなたがたの高慢は、よくないことです。あなたがたは、ほんのわずかのパン種が、粉のかたまり全体をふくらませることを知らないのですか。新しい粉のかたまりのままでいるために、古いパン種を取り除きなさい。あなたがたはパン種のないものだからです。私たちの過越の小羊キリストが、すでにほふられたからです。」(第1コリント人への手紙5章6~7節)


4)私たちはすでに清められ、「パン種」が取り除かれました。第1コリント人への手紙の5章7節の後半にはこう書かれています。「あなたがたはパン種のないものだからです。私たちの過越の小羊キリストが、すでにほふられたからです。」イエスへの信仰は私たちを清めました。アーメン。悪魔の働きは私たちを肉の考えとこの世のシステムに戻し、疑念、不安と恐れを持たすことです。


5)「パン種」の問題の大半は、態度と考え方の戦いです。これはパウロが第1コリント人への手紙5章8節にこう書いた理由です。「ですから、私たちは、古いパン種を用いたり、悪意と不正のパン種を用いたりしないで、パン種の入らない、純粋で真実なパンで、祭りをしようではありませんか。」(第1コリント人への手紙5章8節)言い換えれば、私たちの考え方が問題です。神はすでに私たちの心に働きを完成しました。間違った態度や考え方で自己破壊しないでください。


6)「パン種」を除くことだけで完全な解放にはなりません。イスラエルの民は過越の時にエジプトから解放されたが、紅海を渡るまではその過程は完了しませんでした。イスラエルの民はいつ紅海を渡ったと思いますか?それは、最初の種なしパンの祭りの最終日でした。ですから、考えと考え方について真面目に主に助けを求めてください。神をほめたたえる考え以外の考えを頭の中で満たし、醗酵させないでください!


結論:「子ともに教え、自分に言い聞かせてください。神をほめたたえる考え以外の考えを頭の中で満たし、醗酵させないでください。」–聖書の栄養士 神をほめたたえない考え方を頭から取り除けば、心配、不安と恐れが無くなります。あなたの人生は愛、喜びと平安で満たされます。聖霊にパン種を取り除くための助けを求めてください。



お祈りを感謝します。


ロナルド&テディー・サーカ




MPP (Morning Prophetic Prayer=朝の預言的祈り会)

過越を祝う。


MPPは神のみことばからの短いメッセージとコアチームによる預言の言葉をシェアする時間です。MPPは通常は月曜日から金曜日の朝6時から6:45(日本時間)まで行っています。

MPPはフェイスブックかYouTubeより参加いただけます。


Facebook: https://www.facebook.com/ron.sawka.1

YouTube: https://goo.gl/K7WyCr


ニサンの月 ヘブル暦における最初の月 (March 26–April 24)

古いものから新しいものへと前進する!


3月26日(木曜日)は、へブル歴において最初の月です。しかし、へブル歴での新年ではありません。去年の9月、へブル歴の7月目が新年でした。ややこしいですね。ですが、最初の月なので新年として考えても良いでしょう。少なくとも贖いのサイクルの最初です。過ぎ越し、種なしパンの祭り、初穂は全てニサンの月で行われます。


28 views